忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/24 22:46 |
4番サードにライバル登場
  うちのやきゅつくチームはNEW WINDというチーム。
 GMがこだわりを持つのは『4番サード』最近はほとんど見られなくなったが、これこそがスーパースターの王道だと思っている。

 現在のチームの4番サードは原。
実際にはチャンスに強かったにも関わらず、ゲーム内では無走者で強いことになっている。
 ちゃんと成績を見てもらいたいものだ。

 それはともかく、小笠原を他球団へ追いやり、落合をセカンドに回し、強打者の王を5番に配し、4番へと座った原はGMの期待に応え主砲として文句のない成績を残していた。

 11年目基本オーダー
 
1番中 堅・青木
2番遊 撃・厚井(松井稼)
3番右 翼・ツヅキ(イチロー)
4番サード・原
5番一 塁・王
6番二 塁・落合
7番左 翼・厚井(松井秀)
8番捕 手・中嶋 ※ベテラン捕手Nとの併用

 しかし、11年目11月 原に衝撃が走る。
前年に同じ三塁手の村田を獲得していたにも関わらず、GMはさらに今年のドラフト1位に三塁手を指名した。

 その男の名前は長嶋。大学野球のスーパースターである。

 3番王・4番長嶋というオーダーが現実味を帯びるが、春のキャンプでGMはまさかの決断をくだした。

 まず原の先輩三塁手兼外野手で最近は控えに回ることが多かった掛布を二塁にコンバート。衰えの見える二塁手落合を放出し、控え二塁手だった井端と競争させることで掛布と井端の双方に火をつけた。

 そして…鳴り物入りで入団した長嶋には仰天の捕手転向を命じたのだ。
「いわゆるひとつのビックなサプライズな驚きですね。」
 長嶋は眼をパチクリさせたが、嬉々として捕手の練習に取り組んだ。
11年度限りで引退した正捕手Nの代わりが決まっていない中、長嶋と中嶋・野口を競わせて競争意識をあおる形だ。
 原はいったんは安泰となったわけだが、強打者が三塁手に多い以上、常にそのポジションは狙われ続けているのであった。

「4番サード原…背番号8」
 このポジション…聖域を原は守りきれるであろうか。


12年目基本オーダー

1番中 堅・青木
2番遊 撃・厚井
3番一 塁・王
4番サード・原
5番捕 手・長嶋
6番右 翼・ツヅキ
7番左 翼・厚井
8番二 塁・掛布(もしくは井端)


控え野手
捕 手 中嶋・野口
二 塁 井端(または掛布)
三 塁 村田
外野手 緒方(G)、張本

PR

2009/05/28 18:00 | Comments(0) | ゲーム関連

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<オンラインの方は解約します。 | HOME | 4番サード>>
忍者ブログ[PR]