忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 02:21 |
DS版DQ5 攻略メモ 2
 第2回です。
 少年時代のラインハットから、青年時代のサラボナ到着までをダイジェストで。

ざっくり流しますが、少年時代は結局レベル14で終了です。
主人公はこの段階での最強装備を装着。ほとんどダメージを受けないでダンジョンを歩き回っていました。
 パパスと合流した後、先へ進むのが王道ではありますが、経験値稼ぎと会話を楽しむために後戻りしてみました。
誘拐犯たちに話しかけた後にパパスと会話するのが目的です。それにパパスは親バカなので、主人公がちょっとでもダメージを受ければホイミしてくれますからね。
 経験値稼ぎをするにはちょうどいいのですが…まあ主人公がかなり強かったのでそこまではしませんでした。

 しかし、何度見てもパパスの最期のシーンは哀しいですねえ。


 さて、青年期にはいるわけですが、ここからが本番!
そう仲魔もとい仲間モンスターがついにつかえるわけですよ。
 馬車を確保しルンルン気分で敵を倒しまくります。
ヘンリーには主人公のお古を装備させ、二人でバッタバッタと敵をなぎ倒す。なぎ倒す。

 最初に仲間になったのは…

 ブラウニーのブラウン。
鍛えれば戦士として十分強くなるはずですが…特技覚えないのがなんかなあと。
 一応この段階ではスタメンに組み込みましたが、多分即2軍行きでしょう。

 続いてスライムのスラリンが仲間に。
かつては99まであげたこともありますが、どちらにせよ主力にはなれないのでベンチスタート。
 基本的にギリギリまではベンチに置くつもりです。

 続いておばけきのこのマッシュが仲間入り。
LV15までしかあがりませんが、この段階では結構いい戦力なんですよね。
 ムチ系の武器も装備できるので主力確定です。

 主人公・ヘンリー・マッシュ・ブラウンがスタメンになりましたが、すぐにエビルアップルのアプールが仲間入り。
そんなに強くはならないけど、仲間に入った段階で結構強いのでスタメン入りです。

 予定通りブラウンがベンチ送り。

 このままサンタローズの洞窟へ。
仲間のレベルを上げながら、まったく危なげなくクリア。

 アルカパの宿屋でイベントを起こし、ラインハットへと向かいます。
ラインハット入りしたルーザー一行は、毎度お馴染み(過去10回近いプレイで全てこの行動をとっている)となった、スライムナイト狩りを始めます。
 いやーピエールは必要でしょう。
回復もできるし、剣も使えるし、主人公のお下がり装備で十分だし…ほぼ終盤までは不動のメンバーになるでしょうね。
 ただ、この段階ではアプールとマッシュが強いのでベンチスタートですが(苦笑)
レベルさえあげれば、今後主力となることは間違いなしです。

 神の塔はまったく迷うことなく突破したルーザー一行でしたが…ニセ皇太后にまさかの大苦戦。
理由は、”マホト-ン”です。 ルーザーとピエールという回復役が完全に呪文を封じ込まれ、まさかまさかの大ピンチに(苦笑)
 かなりギリギリでしたが何とか突破しました。いやー危なかったですねえ。

教訓:回復が使えないメンバーには薬草を最低限もたせておきましょう。
 

 勇躍ポートセルミにわたったルーザー一行はここでも武器を買わずにスルー。
基本的にはサラボナまで装備品を買う予定はなし。拾える武器でなんとかします。

 さて、まほうつかいのマーリン、エンプーサのキャシーが仲間入り。
 エンプーサは意外と装備できるアイテムがいいので、ひとまずおばけきのこのマッシュの後継として育てておこうと思います。
(マッシュは魔物のすみかクリア段階で早くもレベル12を超えたので限界が近いです。)
 マーリンは一応サブメンバーに入れておきますかね。
息子・娘が加わる前ならかなり強い呪文使いになるはずなので…

 魔物のすみかでプックルが復帰した為、ついに人数オーバーになりました(苦笑)
というわけで、ブラウンがモンスターじいさんのところに送り込まれます。


 
 サラボナ到着時点のメンバー

スタメン 主人公ルーザーLV19・ピエール・プックル・アプール
控 え  キャシー・スラリン・マーリン・マッシュ


PR

2008/07/23 18:00 | Comments(0) | ドラゴンクエスト

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<”FSP世界ヘビー級選手権” 一番星プロレス VS NEW WIND その5 | HOME | ”FSP世界ヘビー級選手権” 一番星プロレス VS NEW WIND その4>>
忍者ブログ[PR]