忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/27 07:20 |
加藤園子・・・再び後楽園のリングへ (OZ 8.16後楽園大会観戦レポ)
 加藤園子 GAEA JAPANの一期生として1995年4月15日 GAEA JAPAN 旗揚げ戦 VS里村明衣子戦でデビュー。

 GAEA 一期生の中では早くから頭角を現す。
私が初めて買った週刊プロレスで一番印象に残った選手です。
 
 当時猛毒隊(シャーク土屋ら)を相手に『やりかえし隊』というのを結成したあたりでした。
 私が初めてサインをもらった選手でもあります。

 初代AAAWジュニアタッグ王者であり(パートナーは里村明衣子)、各種トーナメントで優勝するなど若手時代の実績はナンバー1だった。
 
 しかし度重なるヒザの怪我による欠場などもあり、次第にライバル里村に置いて行かれることになる。
 クラッシュ2000誕生後はライオネス飛鳥に師事し、逆回し蹴りを伝授されるが、2001年2月の大会を最後に、長期欠場。

 2005年4月のGAEA解散時までに復帰することは出来なかった。

 2006年10月 異例のワンマッチ興行にて奇跡のリング復帰を遂げる。
 
 2007年5月 タッグマッチで同期永島からフォールを奪い、復帰後初勝利をあげる。
 2007年6月 シングルで永島からフォールを奪う。
 ここで、セコンドのシュガー佐藤を挑発。
 
 続く7月大会にて、8.16後楽園のシュガー佐藤&永島VS里村&加藤の対戦カードが決定する。

 もう観れないと思ったGAEA一期生によるタッグ対決。

 私にとって、今日のメインイベントはこれだった。
加藤園子が後楽園に帰って来る。これを見逃すわけにはいかない。
 
 

 
☆セミファイナル☆

 6年もの間怪我で欠場していて、昨年奇跡の復帰を遂げた加藤園子選手。
 初代AAAWジュニアタッグを戴冠した里村選手とのタッグを再結成し、その時の対戦相手でもあったシュガー佐藤&永島のタッグとの対戦。
 シュガー選手はGAEA解散直後に、寿引退。
 今回が一夜限りの復帰になります。
雑誌のインタビューでは体重へ現役時代よりかなり落ちており、筋力も半分しかなかったそうです。
 どこまで、コンディションを戻してくるだろう・・・ 

 私のお目当ては当然この試合。
GAEAを観続けてきた私にとって、思い入れの深い試合です。
 復帰後の園子選手を見るのは私にとって初めてとなります。
ずっと復帰を待っていたのに、ずいぶん出遅れたものですねえ。
 
 復帰後はテーマ曲を『傷だらけのhero』(TUBE)に変更していた園子ですが、今回はGAEA時代のテーマ『RUSH&BEAT』に戻してきました。
 いや~やっぱ園子にはこれですよ。この試合に賭ける気持ちが伝わってきますね。
 イントロが流れた瞬間、MAXボルテージになりました。いや~泣きそうになりましたね。

 まあそれを抑えて、数年ぶりに「園子~!」と叫ぶ私がいたのは秘密です(笑)


 続いて里村選手の入場。
お馴染みの『ROCK YOUR LIFE AWAY』が流れ入場。
 やっぱりテーマ曲は変えないで使い続けるべきですね。イントロだけで燃えますよ。
 里村を最後に観たのはGAEAの最後のビッグマッチでしたが、その時より風格が漂っていましたね。

 相手のシュガー&永島は相撲太鼓からシュガーのテーマへと繋げるバージョンで入場。 なおここはOZのリングなので、シュガーの復帰には大歓声が。
私はレスラーの復帰には反対派なので、ちょっぴり複雑です。
 怪我がなければいいのですが。

 シュガーに担がれて入場してきた永島選手の顔がとても嬉しそう&楽しそうでした。
 
 園子の「永島はシュガーと組んでいた時が一番輝いていた。」というようなニュアンスの発言がありましたが、正しい気がします。

 リング上に4選手が揃うと、あの頃が思い出されます。
でも、この4人はGAEAの4人ではなく、それぞれの新しい道を歩んでいる4人なのです。

 私はGAEAファンというより一期生ファンですから、あの頃とダブらせながら観ていましたが・・・

 各選手の動きについて。

☆加藤園子選手
 復帰後の動きは決してよくはなかったようですが、コンディションは上がっているようですね。
 クーロンズゲート、ドラゴンスープレックス、逆回し蹴り、ダイビングギロチンドロップといったおなじみの技を見るたびに涙が出そうになりました。
 まだまだ全盛期の動きには及びませんが。
全盛期の園子を知っているだけに、「まだこんなもんじゃないよ。」とエールを送っておきます。
 
 できるなら、カミカゼが観たかった。

☆シュガー佐藤選手

 一夜限りの復活ということで、約2年ぶりのリングです。
いや、ブランクを感じさせない動きでしたね。結構厳しい攻めをもらっていましたが、旦那さんはどんな気持ちで観ていたのでしょうか(笑)
 シュガーの場合は怪我で引退したわけではなく、寿引退でしたから。
一夜限りの復帰とはいえ、きちんとトレーニングしてきたのでしょうね。
 永島選手との連携もバッチリでした。

☆永島選手
 うーん、永島ってこんなもんだったかな?
もっと動けたと思うのですがね。正直GAEAのときの方がパフォーマンスは上だと思いました。
 シュガーに食われてしまっていたので、現役選手としてはどうかなと思います。
 奮起を期待。

☆里村選手

 さすがですね。
センダイガールズを旗揚げした事で、存在感が増しています。
 エースの魂を持ち、団体の柱としての風格すら感じました。
私がNEW WINDで表現したかった『エース』はこういう選手です。
 シュガー選手のタックルを受けて後退しなかったところに、里村選手の現在の立ち位置が見えました。
 「一夜復帰のレスラー相手に負けられない。」この想いが見えましたね。
 現役トップクラスの選手ですし、そうでなくてはいけないと思います。


☆タッグチームとして
 やはりシュガー&永島のほうが、キャリアが長いだけに、コンビネーションいいですね。
 加藤&里村も懐かしの連携を繰り出してはいましたが、タッチワークに差がありましたね。
 最後に組んだのは6年以上前ですし、タッグを組んでいた期間もシュガ千佳に比べれば短いですし、仕方のない部分でしたね。
    
☆試合結果について

 しかし、園子もシュガーに負けてはいけないだろう。
シュガーが勝った瞬間の歓声が凄かったですね。 
 園子ファンの私としてはガッカリでした。
OZのリングだから、仕方ないのかもしれませんけど・・・

『今日の戦いが来ました!
自分にとって特別な想い…負けるわけにはいかない!もう二度とあり得ないと思ってたカードだから!
みんな、最高の応援をよろしくお願いします!!』と公式サイトに載っていましたが、負けてどうするの・・・
 でも加藤園子はこんなものじゃない!
今後の飛躍を期待しています。

☆メイン アジャVS奥田

 奥田健闘しましたね。
確かに奥田の決意は感じましたが、まだキャリア一年です。
 どう攻めるか考えて、攻撃を躊躇する場面があったのが残念です。
アジャの裏拳をブロックした場面、アジャの巨体をジャーマンで投げきった場面、ダイビング延髄ニー(ディスティニーハンマー)でカウント2.9まで行くなど、見せ場十分でしたが・・・
 最後はアジャのコブラツイスト・・・もしくはストレッチプラムでギブアップ負けでした。
 (私の位置からはコーナーが邪魔で技が見えませんでした・・・)

 ※結果を確認したところストレッチプラムでした。

ストレッチプラムは、故プラム選手が使っていた技でしたから、アジャは追悼の意味を込めて使ったのでしょう。
 ちなみにアジャコングは女子プロレス界屈指の器用さを持っている選手ですので、実は色々な技を使う事ができます。

 例)ラ=マヒストラル、シャイニングウイザードなど。

 それにしても、奥田の声って確かに広田の声に似ていますねえ。
今後に期待したいと思っています。
 初めて味わうAWAYでの試合、奥田がこの財産をどう活かすかですね。

 興行としてはよかったですが、継続してOZを観る気にはなれませんでしたね。

 なぜかというと、OZが好きじゃないからですね。
GAEA正規軍側ファンでしたし、セコンドの介入は嫌いですので。

 今後はカード次第ですが、園子の応援には行きたいですね。

 頑張れ加藤園子! 


  




PR

2007/08/19 23:58 | Comments(2) | プロレス観戦記

コメント

おいらもGAEAの一期生にはかなり思い入れがあります。
彼女たちがデビュー戦で見せた試合は、今見ても素晴らしいものでした。
今の1~3年目位のレスラー達に見せてあげたいくらいに。

尾崎が暗躍するようになってからは(尾崎があまり好きになれないのもあって)あまり見る機会は無くなりましたが、女子プロレスの一歴史をGAEAが作ったのは言うまでもありません。

解散を前後して女子プロレス全体の人気が下降し、もはや、メディアで見る機会も減ってしまったのがファンとしては寂しい限りです。
posted by アワモURLat 2007/08/20 21:39 [ コメントを修正する ]
お返事です。
 女子プロレスラーの数は結構いますが、私もほとんど知らないですね。
今世間的に知られている女子プロレスラーはアジャ、ジャガー、神取くらいなものですから・・・
 危機的状況は続いていると思います。
里村のセンダイガールズがどこまで押し上げることができるかを期待してはいますけど。
 GAEAは一つの時代を作りましたが、この先を支えていく人材の育成には失敗しました。
 結局広田までで、それ以降の新人が育たなかったのは大きいですね。
2007/08/21 00:13
ん〜、女子ってのは復帰すると潰す試合をしてしまうので心配です。
加藤園子選手もきっちりとした強い女子レスラーの一人でしたので、欠場は辛かったでしょうね。

あの高山をして未だに全盛期レベルに動きが戻らないのを考えると、相当苦労するとは思いますが、里村とタイトル戦が出来るくらいまで戻って欲しいですねぇ。

あと、個人的には、
ヒールとは「デストロイヤー」のように怖がられても慕われる方を言う訳であって、人から嫌われるのはレスラー以前に人間としてどうかと思う自分がいます(笑)
個人的なヒール論ですけどね(笑)
posted by seizannURLat 2007/08/20 22:30 [ コメントを修正する ]
Re:無題
 シュガーはあくまで一夜だけにしてもらいたいのです。
このままズルズルと参戦するのはやめてほしいと思っています。
 園子は怪我で欠場をしていた期間が長いので当分かかると思いますが、里村に振り向いてもらえる園子になってほしいと思っています。
 でも無理はしないでほしいです。

 最近は嫌われるヒールが増えた気がしますねえ。
ヒールは必要なのですが、やっぱりやり方だと思います。
 
 私・・・蝶野選手ファンですし(笑) 

2007/08/21 00:19

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<映画 キャプテン を観てきました。 | HOME | アジア一次リーグ8戦全勝。>>
忍者ブログ[PR]