忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 06:43 |
【女王の魂】
~NEW WIND社長風間新 手記より~

※なお、レッスルクライマックス T-WINDS”エンジェルマニア”NEW WIND提供分(メインイベント)より一部抜粋したものです。

「皆様、大変長らくお待たせ致しました。只今より、本日のメインイベント『NEW WIND提供試合』――MAX WIND女王戦60分一本勝負を行います!」
 超満員に膨れ上がった新日本ドームに、リングアナの声が響く。


 各プロレス団体が一堂に会して行う夢のプロレス興行『エンジェルマニア2009』のメインを任されたのは、我々NEW WINDであった。
 この大会は、参加各団体が一押しの試合を提供するスタイルで行われる。それはメインイベントであっても例外ではなく、担当団体が所属選手同士の試合を提供することになる。 
興行の印象を決めるメインイベントを任されるわけだから、中途半端なカードを提供するわけにはいかない。一番自信のあるカードを提供するのが、メインを任された団体の長としての務めであろう。
 そこで私は、NEW WINDの頂点を賭けたタイトル戦、『MAX WIND女王戦』を提供する事を決めた。

~~~~


「青コーナーより……挑戦者、『完璧なる関節のヴィーナス』南利美選手の入場です!」
 スローバージョンでテーマ曲が流れる中、会場の照明が暗く落とされ、新日本ドームの白い天井にサザンクロス(南十字星)が浮かびあがった。  
そして、バンッ! という大きな音と同時に、ゲートの左右から火柱が噴き上がる。 
「うおおおおおっ~!」
 歓声と同時に南がステージに姿を現す。
「南~!」
「勝ってくれよ~!」
 南は、いつもはあまり派手な入場を好まず、ノーガウンでの入場が多いのだが、今日は一味違う。
NEW WINDのイメージカラーであるスカイブルーをベースカラーとし、襟に紫色のラインが入った袖なしガウンを着用している。言うまでもないが、紫は南のパーソナルカラーだ。
「……肘にサポーターをつけるなんて珍しいですな」
 私の隣に座っているNEW WIND現場監督兼総合コーチのダンディさん(ダンディ須永)が、モニターを見ながら呟いた。
「――私の記憶では、初めてだと思います」
南の右肘に黒いエルボーサポーターが巻かれており、そのサポーターには、緑色の十字架がワンポイントで描かれている。
「まさか肘を痛めたとか?」
「ふむ……打倒市ヶ谷を目指し、さらなる特訓をしていたようですが、怪我の報告は受けていません」
 南の負傷を心配したが、南は肘を特に気にする様子はなかった。
南はリングインするとロープに背中を預け、グイグイとロープの感触を確かめる。
「赤コーナーより、MAX WIND女王『高貴なる美の女帝』ビューティ市ヶ谷選手の入場です!」
 ゴージャスかつ、スケールの大きなイントロが流れ、場内の照明が眩しく輝き出す。
「おおっ!」
 宝石を散りばめた派手なガウンに身を包み、市ヶ谷がステージに姿を見せると、観客から一斉に声援が飛んだ。
「市ヶ谷~!」
「市ヶ谷様~!」
「麗華さま~!」
 市ヶ谷は両腕を大きく広げ、その歓声を一身に受けると、満足そうに頷いてから、ゆっくりと花道を歩き出した。
「市ヶ谷様!」
「市ヶ谷~!」
 うーん、歓声が凄いな。普段の高飛車な発言を嫌う人間でも、この派手な入場シーンには目を奪われ自然と声援を送ってしまう。彼女はやはり特別な存在だな。
「麗華さま」
セコンドの榎本が小さい体でロープを押し上げる。
「ふふっ……そこは使いませんわよ」
 市ヶ谷はそう言うが早いか、コーナーポストへとよじ登り、トップロープ上でもう一度両手を広げた。
「市ヶ谷~っ!」
 再び大歓声が沸き上がる。
「さあ、いきますわよ!」
 リングに華麗に舞い降りた市ヶ谷はリング中央へ進み出て、零距離で南と睨みあった。 

PR

2013/05/11 00:10 | Comments(0) | レッスルクライマックス

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<【女王の魂】について | HOME | プロ野球ドリームナイン 2013>>
忍者ブログ[PR]