忍者ブログ
NEW WIND選手語り その1「マイティ祐希子」 
 今後の創作における何かにつながると思いますので、レッスルエンジェルスの登場人物に対する、NEW WIND視点(風間社長の視点という意味ではなく、私Nの視点)で選手について書いていこうかと思います。
 別に斬るというわけではないので、のんびりとお付き合い頂ければと思います。

 まず第1回目は、やはり元祖主人公マイティ祐希子からかな。
 マイティ祐希子は、レッスルの主人公ポジションのキャラクターですが、NEW WINDではあまり活躍の場を得ていません。私の中で”主人公格”という意識があるので、逆に安易にメインのポジションを与えたくないんですよね。
 実際、資質重視のサバイバー1版NEW WIND編、サバイバー2版NEW WIND編ともに獲得しているのですが、私の書く話の中ではライバル役に徹してもらっています。高い資質を誇るがゆえに、敵役として書くには最適な存在なんですよね。

 個人的にはサバイバー1での”努力でトップをとった”9期生スターライト相羽を、持ち前の資質の高さであっという間に抜き去るマイティ祐希子。その後輩を止めるべく奮闘する相羽……という構図が気に入っています。
 純粋なストーリーでやればありえない設定ですが、これも転生システムのあるサバイバーでのリプレイだから出来る設定でした。

 サバイバー1リプレイの後日談である”もう一度あの日のように~再会~”では、絶対女王として、”後輩”のビューティ市ヶ谷の挑戦を受けるという形で書かせてもらっています。私が書く上ではそういう役回りがベストポジション。
 まあ、祐希子が主人公というお話はたくさんあると思いますので、そういう話を期待する方は旧作をプレイするか、祐希子推しのサイトさんを巡ることを推奨します(笑)

 必殺技はやはりムーンサルトプレス。高さ・飛距離・フォームの美しさは他の追随を許さないというイメージですね。そして乱発するのではなく、一撃で仕留めるというスタイルでしょうか。
 
 私が書く場合は基本的に敵役か、大食いの面を強調している事が多いですね。市ヶ谷とセットで出演する事が多いですから、二人の掛け合いも多いかな……というか、それ以外の絡みがほとんどないような。やはり強さの象徴として書くことが多いせいですかね。考えてみるとあまり他のキャラクターと絡んでいない印象ですね。南と仲良しの印象があるのは、きっと哲さんのところの影響でしょう。
 なにしろ、うちでは復帰してくる南へ嫌悪感を示す現役王者という絡みでしたから、仲良しという感じではないですから。

 本来はボンバー来島という正パートナーがいるはずですが、NEW WINDではタッグパートナー不在。同期や先輩よりも後輩と組む感じかな。サバイバー2リプレイでもタッグとしての印象はないですね。

 正統主人公として創作するという楽しみもありそうですが、やはり敵役としてこれからも登場する事が多いような気がしています。


 では久しぶりに川柳でも。

”おかしいな 私はエースの はずなのに” 

 と祐希子にぼやかれそうですけども(苦笑)


 では久しぶりに一枚懐かしのイラストをでも掲載して終わりにしたいと思います。


 
 
 ※レッスル川柳掲載許諾番号89571※

 これは第50回レッスル川柳で3度目の金賞(イラスト化)をして頂いたときのイラストです。

 私はジョーカーとして川柳をよんだわけで、エースは誰かという設定はお伝えしていませんでした。
 私の中でのイメージは、もちろん祐希子でしたけど。
 イラストを見てエース=祐希子というのはスタッフ・ファンの共通認識なんだと感じたものです。


 
PR

2010/10/27 13:41 | Comments(0) | 選手語り

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ご協力ありがとうございました。 | HOME | 8か月。>>
忍者ブログ[PR]