忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 07:53 |
その2 北海の竜
 さて竜我雷を新たな大名として半年。
 ようやく総兵力が30000を越え、動きがとれる状況になってきた。


 しかし・・・欠点がいくつかある。

1・民忠が危険(60前後)
2・馬・鉄砲が不足(というか皆無に近い)
3・役職がなく、動員兵力が少ない

 まず無理やり兵力を集めているため、どうしても民忠が低い。
一揆の可能性も含めると、本城には4000~5000は残しておかないと厳しい。 港を守る兵も5000は残しておかないと、裏を取られる可能性もあるし、結局動員できるのは約20000.

 関船がある事だけが救いだけど・・・

 攻略目標は津軽家の十三港。
守る兵力はわずかに7000. 本城に20000近い兵力がいるので、援軍にこられると厄介だけど・・・

 まずは竜我雷+大覚屋師真+林則嘉の最強チームで出撃。
それに孟閣+項武+大覚屋英真のチームを追従させる。

 兵力はともかく、質では負けないはず。

が、苦戦。

 足軽技術が低いので士気の低下が激しい。
士気低下半減の技術は持っていないと・・・つらい。

 それにいままで織田でやっていたから鉄砲になれすぎて、足軽・弓なんてほとんどわからない状態。
 結構弱いね・・・


 もっと楽勝だと思っていたけど結構減らされてしまった。 
 まあ落とすことには成功したけど・・・
この調子だと先が思いやられるよ・・・

 本州への足がかりを得た竜我軍。 港の修復及び、兵力の輸送をおえると、津軽家の本城を手中に収めるべく出撃。

 十三港に5000を残しての全力足軽出撃。
ああ、苦しい・・・

 士気はぼろぼろになるし、時間はかかるしだし・・・

なんとか落とすころには竜我軍は消耗しきっていた。

 城に軍馬があったので騎馬隊が結成可能かな。
これで少しまともだといいけど・・・


blogランキング
PR

2006/02/23 10:49 | Comments(0) | TrackBack(0) | 革新プレイ日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<その3 軍師の力 | HOME | 革新リプレイ 仮想編 北国からの戦国群雄伝>>
忍者ブログ[PR]