忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/24 12:27 |
新たなる風の物語 第2部飛翔編ー14「進出!」

NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり~飛翔編~」より 


 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版NEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。

◇5年目5月

 NEW WINDはついに九州ドームへ進出する。

 昨年の3周年記念興行で改めて宣言した夢がわずか1年で現実になるとは…これもすべて選手たちの日々の努力と、それを応援してくれるファンのおかげだと思う。ありがとう。

 今月のNEW WINDは、この九州ドームでの1興行にすべてを賭ける。
 4月は選手たちのオーバーホール期間として興行を打っておらず、NEW WINDは4・5月の2か月の間でこの興行しか行わない。全ては…九州ドームのために!
 ではその九州ドーム大会“MAX WIND IN 九州ドーム”全対戦カードを発表しておこう。
 
第1WIND NEW WINDネオ・ソウル・バトル15分1本勝負
  ディアナ・ライアル VS ジャーマン永原

第2WIND シングルマッチ20分1本勝負
 零  VS ダイナマイト・リナ

第3WIND シングルマッチ20分1本勝負
 メイデン桜崎  VS 越後しのぶ

第4WIND シングルマッチ30分1本勝負
 ソニックキャット VS コリィ・スナイパー

第5WIND シングルマッチ30分1本勝負
 オーガ朝比奈 VS リリィ・スナイパー

第6WIND シングルマッチ30分1本勝負
 ビューティ市ヶ谷 VS マイティ祐希子

セミWIND シングルマッチ45分1本勝負
 十六夜美響 VS ロイヤル北条

メインWIND MAX WIND女王戦
(女王)ガルム小鳥遊 VS 南利美(挑戦者)

 以上の8試合すべてシングルマッチで開催する。見てもらえばわかると思うが、今回のメンバーにはカオス、メガライト、コーディといった海外王者クラスは含まれていない。
 今回はNEW WIND所属選手と旗揚げ戦から参加しているスナイパー姉妹、旗揚げ直後に活躍していたダイナマイト・リンの妹のリナという布陣…ほぼ純血メンバーでの大一番に臨むということだ。



「おお…」
「…言葉になりませんな。」
 私とダンディさんはギッチリと埋まった九州ドームを眺めていた。
 すべてのチケットが売り切れ、追加席や立ち見を含め消防法ぎりぎりの人数を詰め込んだ結果…57750人超満員札止め。これは言うまでもなくNEW WIND史上最高の集客である。
「これは恥ずかしくない試合にしないといけませんな。」

☆第1WIND  ディアナ・ライアル VS ジャーマン永原

 大事なドームのオープニングマッチをデビュー戦の二人に任せるという無謀な挑戦をしてみた。大事にいくのであれば経験のある者を第1WINDにおき、新人は第2WINDでタッグデビューさせるべきだろう。
 しかし私はそうはしなかった。なぜならば、二人が大きく成長するチャンスであるし、ありのままをさらけ出すのも勉強になると思ったからだ。

「これが私のプロレスデビュー…デス。今度こそ本物のプロレスラーになりマス!」
 ディアナはブラジルで体が出来ていない時期にプロレスのリングに上がっていたことがあるが、技術はともかく体力的にはとてもプロレスラーとはいえなかった。
 今は体も大きくなったし体力だって十分プロレスラーとして通用するレベルにまで成長してきている。
「やっと私のジャーマンが見せられるんだね!ジャーマン♪ジャーマン♪」
 まったく永原はお気楽だよな。こいつの頭にはジャーマンしかないのか。きっと先祖はドイツ生まれに違いない。
 
 これがデビュー戦となる二人はガッチガチに緊張していたが、入場の時花道で永原が躓いて思いっきり顔面を痛打したことで二人の固さがとれた。まさにケガの光明であろうか。
 ディアナも永原も持てる全ての力を出し切って、デビュー戦とは思えない動きを披露した。
 最後はドイツ式エルボー(かちあげ式のエルボースマッシュ、いわゆるヨーロピアンエルボー)で動きをとめてから、“ジャーマン永原”のこだわりの技ジャーマンスープレックスでフォール勝ちを収めた。

 なお永原は、”永原ちづる”が本名だが、異常なほどジャーマンに執着するので、「それなら」と“ジャーマン永原”をリングネームとした。
 なにしろサインの練習をさせたら“ジャーマン”と書いたほどだからな…ジャーマンを愛するがゆえの行動なのか、はたまた単なる馬鹿の一つ覚えか。

「やったね!これからもジャーマンをお願いします!」
 それにしても以前見せたレベル2ジャーマンに比べれば随分と美しい人間橋になったものだ。 永原…デビュー勝利おめでとう。これからも技を磨いていってほしい。
「残念、負けてしまいマシタ。」
ディアナ…デビューおめでとう。残念な結果だったがこれから先いくらでもリベンジできるからな。


第2部飛翔編-15へ
PR

2009/03/07 18:00 | Comments(0) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新たなる風の物語 第2部飛翔編ー15「それぞれの想いをこめて」 | HOME | 月明かりの少女 その2「クール&エレガント」>>
忍者ブログ[PR]