忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 05:39 |
新たなる風の物語 第64話「2周年記念興行はじまる。」

NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり」より 

 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版のNEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。

「社長、一番ショックなのは南自身だと思いますぞ。自分が成長しているという確かな手ごたえは自分で感じていたでしょうし。」
 確かにその通りだ。
「そうですよね…」
「そうですぞ。社長…団体を引っ張っていくお立場である社長がそのように気落ちされているようでは困ります。なにしろ我々の仕事は南が帰ってくるまでの間、この団体を…南の戻ってくる場所を守り続けることなのですから。それには社長のお力が必要なのですから。」
 ダンディさんの言う通りだ。私が気落ちしている場合ではない。南の戻ってくる場所を守らなければ。
「そうですよね。南が帰ってくる場所を守らないといけませんよね。」
 幸いなことに南は引退するほどの怪我ではなく、プロレスへの復帰は十分可能だそうだ。

 さて、気分を変えて旗揚げ2周年記念興行のカードを発表しておこうか。 
第1WIND タッグマッチ30分1本勝負
 メイデン桜崎&キャシー・ウォン組 VS エミリー・ネルソン&アニービーチ組

第2WIND シングルマッチ30分1本勝負
ロイヤル北条 VS ビューティ市ヶ谷
 
第3WIND シングルマッチ30分1本勝負
マイティ祐希子 VS リリィ・スナイパー

第4WIND シングルマッチ30分1本勝負
 十六夜美響 VS オーガ朝比奈

セミWIND WWCA認定Jr選手権試合60分1本勝負
(王 者)コリィ・スナイパー VS ソニック・キャット(挑戦者)

メインWIND TWWA認定世界選手権試合60分1本勝負
(王者)ジェナ・メガライト VS ガルム小鳥遊(挑戦者)

 どのカードも厳選した自信のカードだ。
これなら福岡国際センター8千人も埋めることができるだろう。

 5月シリーズ 緑の風 シリーズ最終戦
NEW WIND旗揚げ2周年記念興行

 前売り券はすべて完売、当日券もあっと言う間に売り切れてしまい急遽追加した風間シートはなんと400枚という大盛況。
「ここまで集まるとは…」
「これは会場を間違えたかもしれませんな。」
 ダンディさんは苦笑する。 
「しかし、観客が集まっただけでは興行は成功とは言えません。あとは選手たちが試合で満足させないと。」
「ただ満足させるだけでは駄目ですぞ。次も見ないと!と思っていただけるような試合を見せないといけないのです。」
 8千人の観客を満足させることができるのか。今後のNEW WINDの命運を握る大会になりそうだ。
 
 第1WINDでは格上の外国人選手ばかりの中、ただ一人の所属選手としてオープニングを任された桜崎が奮闘し、大いに歓声を集めることができた。
 最後はパートナーが場外に落とされ分断されている間にエミリーにSTFを決められ粘ったもののギブアップ負け。
 負けはしたものの8千人の観客にメイデン桜崎の名前を刻みこんだ。
「これだけ大勢のご主人様・お嬢様に応援していただいたのに…」
 桜崎は唇をぐっと噛み締める。
「いやよくやったよ。客席を温めるって役目見事に果たしてくれたよ。サンキューな。」
 小鳥遊に褒められ頬を染める桜崎
「あ、ありがとうございます。薫お嬢様。」
「…どうも未だになれないなその呼び方は。なんだかむずがゆくっていけねえよ。でもよ、あの試合からはいいエネルギーをもらったぜ。」
「はい。メイン頑張ってください。」
「おう。任せておけ。」
 小鳥遊はリング内外問わず頼りになるな。うちの選手たちがみんな小鳥遊を慕っている理由がわかる気がするよ。


第65話へ
PR

2009/01/19 18:00 | Comments(0) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新たなる風の物語 第65話「同期の明暗」 | HOME | 新たなる風の物語 第63話「引退!?」>>
忍者ブログ[PR]