忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 00:29 |
ハッスル30観戦レポート
PONちゃんと二人で、代々木第二体育館で行なわれたハッスル30を観戦してきました。

 今回は風間新口調でレポというか感想を書いてみます。
第1ハッスル 
 東京愚連隊 VS KUSHIDA&\(^o^)/チエ

 ヒール軍の東京愚連隊と、ベビーのハッスル軍との対戦となる。
 東京愚連隊は、NOSAWA論外と竹村・MASADAの3人で登場してきたが、結局NOSAWAと竹村がが出場する。
もっとも、お約束のセコンド介入をするので、実質3VS2のハンデ戦だろう。
 さらに正確にいえば、チエでは相手になる相手ではないので、3VS1に近いかな。

 全体的な印象としては。他の二人はともかく、NOSAWAが上手い。
別にヒール軍を応援するわけではないし、セコンドの介入は嫌いなのだが、NOSAWAは、試合の組み立て方が上手いし、表現が上手だ。
 与えられたヒールというポジションを楽しんでいると思う。

 ハッスル軍の方は、今まで見たKUSHIDAの中で一番よかったかなと。
遺恨があるせいか、いつもよりも、エルボーにしてもドロップキックにしても気持ちが乗っていて、重さを感じた。
 これが持続するようになればもっといいのではないかな。

 第2ハッスル 
 大谷&モンスター℃ VS TAJIRI&崔

 やれやれ、もう少し真面目にやってもらいたいものだ。
まあそれが売りといえば売りなのだろうが、最初の5分は『C』と『T』の掛け声合戦で終了。
 なんでもかんでもCに繋げる℃に閉口するしかないな。楽しい試合なのだけど、少々クドすぎるというのが正直な感想だ。
 内容的には見るべきところは少ないが、よく見ていればTAJIRIの上手さがわかる。


 第3ハッスル
 鈴木みのる VS RG

 本日のベストバウト。
鈴木は右足にサポーターをして足を引きずっている。
 うーん、どうみたって三味線だな。RGは、見事に引っかかって、本当は痛くない鈴木みのるの右ひざを集中砲火する。
ドラゴンスクリュー、足4の字、ストンピング、ローキックなど足を攻める攻める。
 鈴木みのるも、見事な痛がりっぷりを見せる。うーん、この辺りの表現の上手さはさすがだな。 
ある程度攻めさせてから、痛くないことをばらして一気に攻め込む鈴木みのる。うーん、性格悪いな(苦笑)
 
 鈴木みのるのアキレス腱固めで、RGはタップするが、レフェリーはそれをスルー。
鈴木みのるはある程度痛めつけると、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に。
 RGは即座にタップし、レフェリーもゴングを要請したが、世界一性格の悪い男鈴木みのるは、RGを解放せずに、ゴッチ式パイルを決めた!

 合掌!


 第4ハッスル 
ジャイアントシルバ&アンジョー VS ボノちゃん&よしえちゃん

 オープニングムービーで笑わせてくれたよ、ボノちゃん。なお、よしえちゃんの正体はやはり吉江豊。

 試合はど迫力のぶつかり合いとなった。
アンジョーの受けの見事さが際立ったが、ボノちゃんの成長ぶりにも驚かされる。見るたびにプロレスが上手になっているのだから大したもの。
 きっと生後数ヶ月だから、学習および吸収が早いのだろうな。


 セミハッスル

 鬼蜘蛛 VS HG

 正直これは失敗だな。
はっきり言うが、普段前座ばかり…それもタッグマッチがメインの鬼蜘蛛には、セミでシングルをやれるだけの実力はない。
 HGが頑張って試合を作ろうとしていたが、鬼蜘蛛は元々喋るキャラでもないし、実力も足らないのでこれでは無理がある。
HGがいくら才能があるといっても、まだ今年が3年目の選手。実力不足の相手を上のステージに上げて試合を作る域まではたっしていない。
 
 なんだか消化不良の内容で終了。
HGのポテンシャルの高さ、試合作りのうまさの片鱗はみえたが、正直しょっぱい試合になってしまった。
 もう鬼蜘蛛にシングルをやらせるな!やるなら第2試合までにして欲しいものだ。

 メインハッスル
 ボブ・サップ&川田 VS 坂田&天龍


 サップはプロレスが下手だな。いつまで経っても力任せな技が多すぎ。あれだけの体格を生かしきれていない。
 とくに組み立てが下手。チョップ合戦のあとを受けて、ハンマーブローはないだろう。プロレスをわかっていない。
もう少し勉強してもらいたいものだ。今後ビックマッチのメインで使うのは少々勇気がいるだろうね。
 川田・天龍の上手さはいうまでもないだけに、少々サップの荒さが目立ってしまう。
坂田は復帰戦のわりにいい動きだと思ったのだが、最後は腰を集中的に攻められて動きがとまってしまった。
 ラストのサップのアルゼンチンバックブリーカーで坂田の負け。
しかもゴングが鳴っても締め上げるという念の入れよう。

 うーん、大丈夫かな…



 チケット代5000円の元はとれたと思うけど、セミ・メインはも少し頑張って欲しいな。

 
PR

2008/04/14 15:00 | Comments(0) | プロレス観戦記

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<受付終了です。 | HOME | 現在ハッスル30観戦中>>
忍者ブログ[PR]