忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/29 20:17 |
鍛えなおさねばなりませんな。
「むう……これは鍛えなおさねばなりませんな」
 マットを叩いて悔しがる愛弟子以上に悔しい思いをしているのは、ダンディ須永自身であった。
 

 一次リーグを突破して軍団初の2次リーグ進出を決めた金森は、初戦を楽勝し第2戦・第3と実力が拮抗している相手との対戦となった。

 まず第2戦……その細身の体からは想像のつかないパワーの持ち主である白石との対戦。
 パワーでは白石には勝てないが、金森は防御テクニックがある。上手くしのぎながら反撃し、お互いに一歩も引かない好試合になる予感があった。
 だが……
「……えいっ!」
 技を繰り出す事に一生懸命になりすぎてしまった金森に対し、白石は独特の間から突然の丸めこみ!
「えっ?」
 突如天地がひっくり返った金森が目をパチクリする感に3カウントが入ってしまった。
「そ、そんなっ!」
 これもまたプロレス。完全燃焼して勝利をつかむプロレスもあれば、虚をついての丸めこみもまたプロレスならではだ。
「負けた気がしないのに……」
 だが負けは負け。この瞬間2次リーグ突破の目はなくなった。

「気を取り直していくしかないですな」
「はいっ!」
 気持ちを切り替えて第3戦に臨んだ金森であったが、またも丸めこみ技で敗北を喫してしまう。
「くそ~~~っ!」
 丸め込み技の名手であったダンディ須永の元で修業を積んでいながら、まさかの丸め込み技での連敗。
「むう……これは鍛えなおさねばなりませんな」
 マットを叩いて悔しがる愛弟子以上に悔しい思いをしているのは、ダンディ須永自身であった。ダンディ須永は現役時代”丸め込み技の名手”であり、数々の丸め込み技を得意としている。当然その防御方法も熟知しているのだが、金森にはまだその極意を伝授しきれていなかったのである。
「即戦力になれるようにと、後回しにしたのが響きましたな」
 今後の金森の成長には、飛び技や丸め込み技への対策は必ず必要になる。ダンディ須永は、リーグ戦終了後に金森への特訓を行う事を決めた。

 なお金森の2次リーグは、らぶりぃぱーてぃとの一戦を残すのみとなっている。
    
 
PR

2010/02/27 01:06 | Comments(0) | レッスルエンジェルス愛

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<「教えて、むとめさん」 | HOME | 便利な言葉>>
忍者ブログ[PR]