忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/17 22:29 |
新たなる風の物語 第2部飛翔編ー55「止めることができるか?」
NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり~飛翔編~」より 

 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版NEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。
 第7戦 WWCA選手権試合

「越後! 越後! 越後!」
 立ち上がろうとする越後へと大声援が送られる。
「はあ……はあ……はあ……」
 すでに息は大きく乱れ、肩で大きく息をしている。その上に、鼻と唇からは血が滴り落ちており、さらにはだらりと下がった右腕が越後の状態を示していた。
 だが、その瞳の輝きは衰えておらず、むしろ虎視眈眈と逆転を狙って、ギラリと輝いていた……

「ナカナカ……シブトイ……」
 カオスが苦笑いを浮かべたのが微かにわかった。
 それはそうだろう。試合時間はすでに50分近くなっている。場内にいるだれもが、こんな長期戦になるとは思っていなかっただろうし、カオス自身もまさか越後相手にここまで苦戦するとは思わなかっただろう。
「コレでオワリだ!!」
 カオスが右腕を差し上げ、フィニッシュをアピールする。
「……ああああああっ!」
 場内からはこの後の展開を予測して、ため息が漏れた。
「シネッ!」
 カオスは助走をつけてダークスターハンマー! これが入れば越後は落ちる。
「……レーザーブレード!!」
 なんと越後はそのダークスターハンマーをすかして、逆に正義パワーのこもった右腕をカオスにぶち込んだ。
「ぐっ……バカナ……」
 カオスはもう一度越後の息の根をとめんと、ダークスターハンマー!
「……レーザーブレード!」
 またもやレーザーブレード切り返す越後。
「越後! 越後!」
 ファンの声援が越後を後押しする。
「ヌンッ!」
 だがカオスは倒れずに越後の体をガッチリと掴み、強烈なパワーボムでスカイブルーのマットに叩きつけた。
「がはっ……」
 苦しみながらもカウント2.5でクリアする。続くベアハッグに苦しめられるがこれはロープへと逃げ、難を逃れる。
 なんとか一撃を入れてフォールに持って行ったが、これはカウント2.8で返されてしまった。
「くそっ! 天空ゥ…ぎゃああっ!」
 天空剣を繰り出すもそれをキャッチされ、強烈すぎるアンクルホールド。越後の顔に脂汗がにじむ。
「え・ち・ご! え・ち・ご!」
 越後コールの後押しを受けなんとかロープへとたどり着く。
「くそっ……」
 上半身をようやく起こした越後の胸元を、助走をつけたカオスの強烈すぎるダークネス・シュナイダー(サッカーボールキック)が打ち砕き、越後の粘りもつきた。

 56分38秒 ダークネス・シュナイダー→KO


 ★第8戦★

「これでわかったでしょう」
 災厄降臨が決まり、十六夜が圧倒的な強さを見せつけ、桜崎の持つTWP王座奪取に成功した。
「はい……」
 桜崎はがっくりと膝をついたままだ。
「もしも貴女がまだ力を求め、より強くなろうとするのなら、また私の元へと参りなさい」
 十六夜はそれだけ言うとベルトを肩に担いで引き上げていく。
「美響お嬢様、ちょっと待ってください」
 十六夜は歩みを止め、ゆっくりと振りかえった。
「私は、美響お嬢様について参ります。これからもよろしくお願い致します。ご奉仕させていただきますわ」
「……貴女も物好きね、いいでしょう。貴女の心に潜む闇……災厄の力を私が引き出してあげるわ」
「はい」
 やはりこちらも元の鞘に収まったか。

 28分34秒 災厄降臨→片エビ固め 十六夜美響が新王者に


 そしてメインイベントでは、南が盤石の試合運びでカオスを粉砕し、見事に防衛に成功している。やはり越後相手に苦戦するようでは、南の牙城は崩せないか。
 これでIWWF王者モーガン、WWCA王者カオスという海外2強の挑戦を退けたことで、もはや南には敵がいなくなったといっても過言ではない。 カオス・モーガンを撃破したということはそれ以上の選手は海外にいない。 そして、団体内はもとより他団体にもそんな選手は存在しないであろう。 だれが南を止めることができるのだろうか。

 
PR

2009/11/22 18:00 | Comments(0) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<祝! 紅白出場決定! | HOME | 新たなる風の物語 第2部飛翔編ー54「師弟対決」>>
忍者ブログ[PR]