忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/21 20:59 |
新たなる風の物語 第2部飛翔編ー3「南の暴風、豹の女王を襲撃す。」

NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり~飛翔編~」より 


 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版NEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。

◇4年目7月

 MAX WIND女王となった小鳥遊は保持していたTWWA王座を即座に返上した。
「MAX WINDを巻いている以上他の団体のベルトには用はない。」というメッセージだったのだが、団体の至宝を軽々しく扱われたTWWA陣営は面白くないだろう。
 特に前王者だったメガライトは怒り心頭で、7月シリーズはうちの選手を次々にKOして暴れまわっていた。
「なめるな!NEW WIND!!」
 だがMAX WINDを巻いたばかりの小鳥遊はメガライトの好き勝手にはさせない。
「お前こそ、MAX WIND女王を舐めているんじゃねえのか?」
 小鳥遊はメガライトの攻撃をきっちりと受け切ってから、メガライトを戦闘不能に追い込み、パートナーから3カウントを奪い取った。
「のやろ~~!」
試合終了後も両者は激しくぶつかりあって観客を大いに沸かせていた。

 メガライトと小鳥遊の激しいぶつかり合いだけが目立つスカイブルーのリングには、本来そこにいるべき人物が一人欠けていた。それは…南利美である。
 ケガで欠場したわけではなく、彼女は自分をより成長させるために、自分自身の判断で新女へと単独で殴り込んでいたのである。市ヶ谷のような“参戦”ではなく、これは“完全なる殴り込み”だった。
 南は、新女のエースであるパンサー理沙子を試合終了後に襲撃、理沙子を関節技で痛めつけ、カットしに入ってきた若手を次々に投げ飛ばし、蹴り飛ばし…新女ファンの大ブーイングを浴びた。
 インタビュー中で出遅れたミミ吉原が強烈なキックを解禁し、南をようやく止めたとき…リングの周りには新女選手のほとんどが倒れていた。
「あなたの暴挙は許せないわ!南利美!あなたは私が潰してみせます!」
「フッ…あなたごときで相手になると思っているの?」
 新女フロントは我々に抗議をする一方で、すかさず開幕戦でミミ吉原と南の試合を組んできた。さすがに商売の匂いには敏感だな。

 吉原は打撃を解禁し、南を迎え打ったが…その打撃は南にまったく通じなかった。
「悪いわね。新女では通用してもそんなへなちょこキックは、ハイレベルのスカイブルーのリングで揉まれた私には通用しないわ。」
 逆に重い打撃で片膝をつかせると、南は閃光鳳凰弾で吉原をKOしてみせた。
「私の標的はパンサー理沙子!あなたよ。仮にも新女のエースならば、私の前に立ってみなさい。こんなザコで私を止められると思ったら大間違いよ。」
「BUUUUUUU!!」
 新女ファンのブーイングを南はまったく意に介さない。
「いいでしょう。南利美…次の大会で私が相手をしてあげましょう。」
 理沙子のマイクに新女ファンは大きな拍手を送った。

 しかし…次の大会で新女ファンがみた光景は…

「17分21秒…シュミット式バックブリーカーからの体固めで勝者南利美。」
 必殺技でもなんでもない、単なるつなぎ技のシュミット式バックブリーカーでミス女子プロレス…女王パンサー理沙子が敗北するという信じがたい光景だった。
「どう?これでわかったかしら?あなたたちの信じていたパンサー理沙子の本当の実力がこの程度だということが。」
 南のマイクに反撃する力もなく、新女ファンはシーンとなっていた。
「で、パンサー理沙子さん。あなたはどう?これで終わりなのかしら?」
「…まだよ。」
「そう。ならもう一回やって力の違いを教えてあげるわ。」
 異例のスピードで再戦が組まれたのだが…

「19分18秒、シャニングフェニックスからの片エビ固めで勝者南利美!」
 パンサー理沙子は再び南の軍門に下った。
「くっ…」
「どうしてもというならもう一度やってあげてもいいわよ?」
「も、もう一度…」
 しかし、この3度目の対決でも理沙子は南に敗れてしまう。しかも、ネオ・サザンクロスロックでもギブアップ負けというこれ以上ない負け方であった。
 この3連敗でパンサー理沙子の時代は終わりを告げたといわれている。
事実、以後の理沙子は精彩を欠き、新女の勢力図は大きく変わり始めることになった。
 


PR

2009/02/17 18:00 | Comments(2) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

おお、何だか知らないが南さん大暴れ(笑)
まあ、4年目7月って事は理沙子さんの能力は落ちてると思いますけどね
しかし、新女の女王に3連勝した事は、南さんとNEW WINDの名前を
プロレスファンに大いに知らしめたに違いないですね
うんうん、今後の南さんの活躍が益々楽しみです!!
posted by 豆腐屋の哲URLat 2009/02/17 18:50 [ コメントを修正する ]
 >哲さん

 CPUが勝手に3連戦なんて組むので処理に困りました。
本当は新女のベルトを奪いにいったのですが、シングルは組んでも王座戦は組んでくれませんでした。
 まあ3連敗したことで新女の価値は暴落した感じでしたけどね。
posted by Nat 2009/02/19 00:47 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新たなる風の物語 第2部飛翔編ー4「第3回スカイブルーカップ」 | HOME | 新たなる風の物語 第2部飛翔編ー2「女王誕生」>>
忍者ブログ[PR]