忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/05/22 14:55 |
新たなる風の物語 第2部飛翔編ー30「決着」

NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり~飛翔編~」より 


 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版NEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。

最終戦


「くあああああああっ…!」
 ソニックの悲鳴が場内に響き渡る。
「もう逃げられないわよ。」
 ミミ吉原のチキンウイングアームロックが完璧な形できまってしまった。
「ソニ~~!!」
「負けないでソニック~~!!」
 ちびっ子ファンが声を枯らして声援を送る。
「せ…正義のひ、ヒロインは…ま、まけちゃいけないんだお。」
 ソニックはロープへと逃げようとするが、技が極まった場所が悪すぎた。リング中央ど真ん中…どうみてもこれは耐えられそうにない。
「ソニック、ギブアップ?」
 レインボー岩城レフェリーが尋ねるがソニックは首を左右に振って拒否の意思表示をした。
「これならどう?」
 ミミ吉原はちょっとだけ角度をきつくする。
「くああああああああっ…」
 ソニックは悲鳴を上げたがやはりギブアップはしない。
「正義の味方は…参ったとはいえないのさね…」とソニックに瞳は語っていた。
「…仕方ないわね…」
 吉原はさらに角度をきつくしようとした。
「ストップだ、ストップ!」
 岩城レフェリーはミミ吉原を押しとどめゴングを要請した。
 カン!カン!カン!
「ただいまの試合はレフェリーストップにより勝者、ミミ吉原!」
 場内からは「えええっ!」の声。勝った吉原も不満そうに岩城を睨んだ。
「たはは…ソニックは気を失っているよ。だから止めたんだ。」
 痛みに耐えていたソニックであったが、とうとう耐えられずに意識を飛ばしてしまったらしい。
「この子…根性あるわね。ただの色物かと思っていたけど…大したものだわ。」
 吉原はそう言い残すと控え室へと下がっていった。
「岩城の判断…的確でしたな。」
「そうですね。吉原に壊す気がなかったとしても、あれ以上は危険でしたからね。」
ソニックは最後まで耐えるということで、ファンへメッセージを送ることができたといえる。負けたとはいえ価値のある試合だった。
 

 セミWIND

「この技で完璧に決める!」
 ロイヤル北条はそう宣言すると、距離をとった。
「いけー!!」
「北条さん!!」
 ふらふらと起き上がる龍子の顔面にパーフェクトキック(完璧なフォームと威力のトラースキック)が叩き込まれた。
「完璧です。」
 ダンディさんは満足そうに頷いた。
「どうだ!」
 この北条の勝利で対戦成績は9勝9敗、五分の星に戻った。
「…これでタイになりました。あとは小鳥遊選手にすべてを託します。」
 北条はそうマイクで告げると控え室には戻らず、赤コーナーのセコンドへとついた。

  メインWIND

 パンサー理沙子とガルム小鳥遊…両軍のベテランレスラーが勝ち越しを賭けて最終戦のメインのリングへと上がった。
「さあ…楽しい晩餐会のはじまりだ。」
「…楽しみね。ただ…食べられるのはあなたのほうだけどね!!」
 ゴングが鳴る前に仕掛けたのは理沙子であった。


「砕け散れえええ!!」
「ぐうううううっ…」
 小鳥遊のトップロープからのフットスタンプを受け、さすがの女帝もダメージでのたうちまわる。
「どうしたあああ!こんなもんか!新女の女帝はこの程度かよっ!」
 小鳥遊はフォールにいかず、ダウンした理沙子に檄を飛ばし、立ちあがってくるように促す。
「もちろんこの程度…」
 ふらふらと立ちあがる理沙子目掛けて小鳥遊が突っ込んでいく。
「砕け散れえええっ!!」
 必殺のガルムズディナー…このタイミングで決まればフィニッシュだろう。
「舐めないで!!」
 理沙子は体勢を低くして逆にタックルで突っ込む。
「あれは六角の得意とするスピアーですな。」
「なっ!」
 低い体勢で突っ込んだ理沙子は小鳥遊の足を強引に巻き取り、そのままキャプチュードで投げ飛ばした。
「フォール!」
 先日のタッグでの敗戦シーンが浮かんだせいか、場内からは悲痛な小鳥遊コールが巻き起こった。
「ぬおおおおおおおおおっ!」
 小鳥遊はカウント2.8でクリア。
「なっ…」
 今度は理沙子が驚く番だった。
「終わりだあああああっ!!」
 小鳥遊の変形喉輪落とし…ガルムズボンバーが炸裂!!そのまま3カウントが入った。
「勝者、ガルム小鳥遊!!」
 小鳥遊の勝利を…そしてNEW WINDの勝ち越しを決めるゴングが鳴り響いた。
「楽しかったぜえ、理沙子。またやろうや!」
 小鳥遊はニヤリと笑いながら右手を差し出した。
「フン…次はやらせないわよ。」
 理沙子はそれに応じ、再戦を約束した。

 NEW WINDと新日本女子プロレスの対抗戦は,10勝9敗でNEW WINDの勝利という結果に終わった。
 こうして対抗戦は終わったが、これは次なる高みを目指す最初の一歩にすぎないのである。


PR

2009/04/10 18:00 | Comments(0) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<400文字のサイドストーリー 月明かりの少女その5?「合格」  | HOME | 新たなる風の物語 第2部飛翔編ー29「理沙子と小鳥遊」>>
忍者ブログ[PR]