忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 05:42 |
新たなる風の物語 第26話「覚醒!?」

NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり」より 

 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版のNEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。



◇1年目12月

 「ホントなの?やった、嬉しいの!」
 ソニックのファンクラブ”音速ひろいん”が結成された。正直デビュー前から人気のあったソニックだけに結成が遅かった気もする。



 第2戦 メインイベント シングルマッチ60分1本勝負

 ロイヤル北条 VS コリィ・スナイパー

 
 コリィの猛攻の前に北条は追い込まれていた。
「くっ…」
 コリィには今まで勝ったことはなく、今日もまったく勝機を見いだせない。
「何やってんだ!攻めろ!攻めろ!」
「迷うなっ!北条!」
「悔しくないのか北条!やり返せっ!」
 ファンが厳しい声を飛ばす。
「そろそろ終わりにしようか。」
 コリィが必殺SSDのアピールをすると、ファンから「いけえええええっ!コリィ!」の声が沸き起こった。
「決めるわよ!」
 コリィは北条の懐に飛び込み、ブレーンバスターの体勢に入る。
「たああああああっ!」
 小柄な体格からは想像つかないパワーで北条の体を一気に頂点まで持ち上げるコリィ。
「いやあああああっ!」
 クラッチを切り替えて、前に落とそうとするコリィ。
「うおおおおおおおおおっ!!」
 しかし北条はここにチャンスを見出していた。
「えっ?」
 北条は空中で体をひねるとコリィの首を掴んでそのまま後頭部からマットに叩きつけた。
リバース式のエースクラッシャー…ロイヤルカットが見事に決まったのだ。
「たててええええええええええええええええええええええええっ!!!」 
 絶叫する北条に、場内は大きくどよめいた。
 完璧さを求め常にクールさを売りとしている北条が、ここまで叫んだことは今まで記憶にない。
「OWH……」
 後頭部を抑えふらふらと立ちあがるコリィ。不意をつかれたため、相当聞いているようだ。
 パン!パン!パン!
 北条が両手を叩いて拍手を要求する。
「いけ北条!」
「沙希さまっ!」
 観客もその拍手に応え場内が大きく揺れる。
「いくぞおおおおおおおおおっ!」
 北条は叫びながら一気に間合いをつめるとパーフェクトキック!!
「!」
 顎先を打ち抜かれたコリィが大きくぐらついたがダウンしない。
「うおおおおおおおおおおおおっ!!」
 北条はもう一度パーフェクトキック!!
 完璧なフォームと威力を誇るトラースキックがコリィをとらえ、コリィは前のめりに崩れおちた。
「フォール!!!」
 北条は最後の力を振り絞り、コリィをひっくり返すとカバーした。
 バンッ!
 「ワンッ!」
 バンッ!!
 「トゥ!!」
 トニー館レフェリーは確信に満ちた表情で首を左右に振ると右手を振りおろした。
「スリー~~~~~!!!!」
 スリーカウントが入り、一斉に観客が立ちあがった。
「17分25秒、17分25秒!パーフェクトキックからの体固めにより、勝者ロイヤル北条!!!」
 このコールに場内から大きな拍手と歓声が巻き起こる。
「ほ・う・じょう!ほ・う・じょう!!」
 歓声に応え、右腕を突き上げる北条。
「さきさま~~~すてき~~~」
「クールな沙希さまも素敵だけど~~今日の沙希さまはもっと素敵~~~」
「沙希さま~~~~~~」
 女性ファンの瞳はハートマークになっている…ような気がした。


北条に負けたのが効いたのか、その後のコリィは精彩を欠く。
 試合には勝ってはいるのだが内容はいまいちで、さらに格下の十六夜相手にまさかのフォール負けまで喫してしまった。
「ふふ…災厄があなたに降りかかったようね。」
 十六夜は不敵に笑った。
「言い訳はできないわね…」
 コリィはぎゅっと唇を噛みしめるしかなかった。
「フォールを奪うとは思わなかったな。」
 十六夜のパートナーを務めた小鳥遊は予想外の結果に唖然とするしかなかった。


 ○十六夜&小鳥遊(17:48 裏投げ→体固め)バニー&コリィ×


第27話へ
PR

2008/12/11 18:00 | Comments(0) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新たなる風の物語 第27話「女子プロレス大賞」 | HOME | 新たなる風の物語 第25話「師弟の挑戦」>>
忍者ブログ[PR]