忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 05:36 |
新たなる風の物語 第47話「初シングル」

NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり」より 

 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版のNEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。

「うらあああああああっ!」
 小鳥遊の強烈なチョップが北条の胸板を打ち抜いた。
「ぐっ…」
 これは北条の予想の範囲内だったか、チョップの重さに顔をしかめたもののすぐに張り手を繰り出し反撃する。
「おっと。」
 小鳥遊は張り手をスウェーバックでかわすと、反動を利用してヘッドバット!
「あぐっ…」
「逃がさねえぜ。」
 小鳥遊はスリーパーを極め、北条の自由を奪ったところで、”カアン!”とここでようやく初シングルの始まりを告げるゴングが鳴らされた。
「くっ…ぐっ…」
 北条はもがきながらも巧みにロックを緩めスリーパーから脱出。
「いくぞっ!」
 重い小鳥遊をボディスラムで軽々と持ち上げ、マットへと叩きつける。
「ちっ…やってくれんぜ!」
 起き上がった小鳥遊は北条の打撃をすかすと、もう一度ヘッドバット!
「ぐっ…」
 たまらずダウンした北条に逆エビ固めを極める。
「おらおら、どうしたあ?」
「くっ…」
 北条はなんとかロープへと辿りつく。

「チッ…エスケープかよ。」
 小鳥遊はブレイク際に北条の脳点にチョップを振りおろす。
「BUUUU!」
 軽くブーイングが飛ぶがこの程度のブーイングなど意に介さない。
「このおっ!」
 北条はボディスラムで反撃にでるが小鳥遊はすくっと立ちあがりまたもヘッドバット!
「うおおおおおっ!」
「ガッ…」
 北条もダウンせずにこらえ、エルボーで反撃。
「だしゃああああっ!」
 3発目のエルボーを交わした小鳥遊はすぐにコブラツイストを極めて北条のスタミナを奪いにかかる。
「くっ…やってくれますね!」
 腰投げで返した北条は、小鳥遊の立ち上がりに合わせ、タックル!
「ふんっ!」
 しかし小鳥遊はこれをがっちりと受け止めると腕力で高々と持ち上げ急角度で落とす”剛力バックドロップ”で北条を叩きつけ、足で踏みつける。
「はああっ!」
 北条は気合でフォールを返す。カウントは2.5というところか。
「この試合…パーフェクトに決める!」
 北条が気合を込めたパーフェクトキックを放ったが小鳥遊はダウンしない。
「たかなしいっっ!!」
 北条がもう一度キックに行くが、小鳥遊はそれをキャッチして後方へと投げ飛ばす。
「だっしゃあああああっ!」
 強烈なサッカーボールキックが北条の背中にめり込む。
「もう一丁!」
 小鳥遊は叫びロープへと走る。
「はあああああああああああっ!!」
 ここでカウンターのパーフェクトキック!!
「ぐはっ…」
 さすがにたたらを踏む小鳥遊。
「もらったっ!」
 北条は追撃を狙うが小鳥遊のナックルがカウンターで北条の顎をとらえ、北条はそのまま倒れこんだ。
「カバーだ。」
 小鳥遊は全体重をかけて抑え込む。
「OK、フォール!」
 バンッ!「ワンッ!」
 バンッ!!「トゥ!!」
 トニー館レフェリーは首を左右に振ってから右手を振りおろした。
「スリー!!」

「ただいまの試合は11分21秒 ブラインド・カウンター・パンチからの体固めによりまして、勝者ガルム小鳥遊!」
 パンチ自体は反則だがレフェリーのブラインド(死角)をついており、小鳥遊の巧さがよくわかる。

 勝った小鳥遊は無言で敗者を見下ろす。
「うーん、小鳥遊の圧勝でしたな。」
「ええ。あれだけ攻め込まれていながらも、小鳥遊は余裕がありましたね。」
「小鳥遊さんは頑丈だもん。北条サンのキックもすごい威力なんだけど、小鳥遊さんがうまくダメージを吸収していたね。」
 言葉こそ違えども、小鳥遊の圧勝という部分では3人とも共通していた。
「北条!次の地獄で待ってんぜ。」
 小鳥遊はその一言だけをいうと花道を引き揚げていく。
北条はマイクを掴み何かを言おうとしたが、頭を振ると何も言わずマイクを手放した。
 その瞳は引き上げていく小鳥遊の背中をじっと捕えていた。

「“いつか必ず超えてみせる。”というところですかな。」
「でしょうね。二人とも安いマイクは使わずにお互いの気持ちを表現していますね。」
「くう~っ…いいですなあ。今度は絶対裁けるように練習しないと。」
 旗揚げ一年で初対決した小鳥遊と北条。結果は小鳥遊の圧勝に終わった。
多分スポットで見にきたお客さんには物足りない内容だったかもしれない。だが、線でNEW WINDを見てくれている人には二人の初シングルの価値がわかるだろう。
 これははじまりにすぎない。次の二人の対決がいつになるかはわからないが、その時はより成長した二人がもっともっと凄い試合を見せてくれるだろう。私はそれを期待している。 


第48話へ
PR

2009/01/02 18:00 | Comments(0) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新たなる風の物語 第48話「打診」 | HOME | 新たなる風の物語 第46話「特別シート」>>
忍者ブログ[PR]