忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/01 03:34 |
創作競演および合作SSについて
 本日より、『30のお題』を開始いたしました。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 よくある形式のお題方式ですが、意外とセレクトしようと思うと難しいものです。

 ですが、お題方式なら、川柳SSよりも自由度が高いので、気軽に楽しめると思います。
 句の作者さんに気を使う必要もないわけですしね。

 同音異義語を混ぜているので、そういう意味でも楽しめると思います。

 また、謎のお題が3つほど入っていますが、楽曲のタイトルだったりします(笑)
 特に『壊れかけのradio』はかなり難解なお題だと思いますが、やりがいはあるでしょう。
 ヒントとしては、壊れていない・・・というのが最大のポイントです。
 それを壊すのか、直すのか・・・それとも罠に使うのか。
このお題をどうこなすか、楽しみにしています。

  
 続いて、ツリー形式(仮称)合作SSについて。

 試作型として提供はしましたが、このツリー式(仮称)は、他の方の書いたSSに対し、別の切り口から話を構築するというやり方です。

 例えば、ソニックと祐希子の大食いバトルの記事があったとして、ある人が祐希子視点で書いたとした場合、その話の続編もしくはサイドストーリーとしてソニック視点や、バトルに巻き込まれた南視点で書く。
 
 完全な合作とはいえないかもしれませんけど、複数の書き手が一つの世界を構築することができると思います。

 私が書いた物でいえば、相羽に差をつけられた武藤恵(ジーニアス武藤)の視点で書くというのが思いつきます。
 また、よそ様のリプレイを、霧子さん視点で書くということも可能だと思います。

 私はharutoさんのところの『ボンバー来島VS藤島瞳』戦終わって、藤島側から書いてみました。
 この話には分岐を混ぜておいたので、『榎本綾のバックドロップ(仮)』という話や、『藤島瞳の限界突破』という話を書けるようになってます。
 
 このように、作者さんの話を受け継ぎつつ、新しい話を構築できる、ツリー型(仮称)も面白いのではないかと思います。
 
  
 私は、これを一つの形として提案しますし、他の参加企画があれば私も参加してみようと思っています。

 
 

PR

2007/09/18 22:00 | Comments(0) | レッスル関連

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<”柔らかな 笑顔で絞めます 頚動脈” | HOME | 90000HITありがとうございます。>>
忍者ブログ[PR]