忍者ブログ
悪い子は許さないもん! 3~青空に虹が輝く外伝~
 このお話はサバイバー1版NEW WIND編のアフターストーリー ”青空に虹が輝く”の外伝になります。
 時間軸としては21年目頃のNEW WINDが舞台です。

「くそっ!このやろう!」
 朝比奈は両手を組んで榎本へと振り下ろす。
「きゃうん!」
 榎本は朝比奈の強烈なハンマーをまともにもらってしまい、うつ伏せにマットへと倒れこんだ。
「こんのちびっ子!覚悟しなっ!」
 朝比奈は榎本のヒラヒラしたコスチュームを鷲掴みにすると、腕力で一気に持ち上げた。
「くらえっ!」
 持ち上げてからクラッチを切り替えた朝比奈は、そのまま必殺のスクラップバスター!
「きゃああああっ!」
 榎本の小さな体がバラバラになるようなパワー溢れるスクラップバスターが炸裂し、朝比奈は勝利を確信して右足を抱え込んでフォールする。
「フォールだよ。」
 ミスターDENSOUが軽やかにカウントをとる。
 バン! 「ワン!」
 バンッ!「トゥ!!」
 勝利を確信する朝比奈。観客席から「返せ!」の声があがるが、榎本は微動だにしない。ミスターDENSOUの右腕が勢いよく振り下ろされる。

「ス…おおおおおおっ!」
 榎本がかろうじて右肩を上げた。
「うそだろっ?」
 手ごたえがあったのだろう。朝比奈は信じられないという顔をする。
「朝比奈、もう一発いけっ!」
 セコンドのRAIRAの声に朝比奈はハッとなる。
「もう一発いくぞっ!」
 朝比奈は両拳を握りしめて吼えた。
「いけ!朝比奈!!」
「榎本~~~っ!」
 場内の声援はいつのまにか半々になっている。
「悪い子は…許さないもん!」
 榎本は荒い息をしながら、ロープを掴んで立ち上がってきた。
「覚悟しろっ、ちびっ子!」
 朝比奈は強烈な張り手を叩きこみ、榎本の反撃心を奪い取ると、もう一度高々と抱えあげた。
「これでフィニッシュだああっ!フィニッシュバスター!!」
 朝比奈は回転しながら、先ほどの一撃よりも強烈な一撃でリングへと叩きつけた。
「あきゃっ!!」
 榎本は悲鳴をあげる。
「レフェリー、フォールだ。」
「はいよっ!それワン!…ツー!」
 榎本はここで肩をあげた。
「なっ、バカなっ!」
 朝比奈は愕然となる。スクラップバスターに続いて放った、必殺のフィニッシュバスターがよもや榎本に返されるとは思っていなかった。
「わ…るい…子……ゆるさ…な……い」
 榎本は普段の榎本からは想像もできない気迫で立ち上がる。
「くそおおおおっ!」
 追い込んでいるはずの朝比奈の方が追い詰められた気分になっていた。闇雲にスピアーで突っ込む朝比奈。榎本は素早くそれを回避し、朝比奈の後方に立つ。
「くそっ!どこいきやがった!」
 朝比奈が片ヒザをついて立ち上がろうとした瞬間、榎本が後ろからピョンと朝比奈の肩に飛び乗った。ぱっと見お兄ちゃんに肩車してもらっている小学生の妹という図になったが、もちろん榎本のほうが年上である。

「どきやがれっ!」
 朝比奈は立ち上がって振りほどこうとするが榎本はお構いなしにエルボースタンプを連打する。
「ゆるさない!ゆるさない!」
 ドコッ!ドコッ!ドコッ!
小柄な榎本のエルボーとはいえ、無防備な状態で連打されては朝比奈もたまらない。
「ぐっ…くそっ…ぐはっ…」
 ドコッ!ドコッ!ガッ!
嵐のようなエルボースタンプの連打!連打!連打!
 気づけば朝比奈は額から血を流している。
「なんと朝比奈が流血だ~~。榎本の嵐のようなエルボースタンプの連打に朝比奈翻弄されています。これは効いたか!効いたか~~っ!」
 実況に熱がこもる。
「どうやら榎本の秘めたポテンシャルが解放されたようですな。」
「気迫・技の凄さ…いつもの榎本以上だな。このエルボースタンプの連打は、すさまじい。」
「名付けるとすればストームエルボーというところでしょうな。」
 榎本は連打をやめる気配がない。
「ゆるさないんだから~~っ!」
「調子に乗るなああ!」
 朝比奈は片手で榎本の足を掴み、もう片方の手で榎本の頭を引っ掴んだ。
「きゃあああああああああっ!」
「なめんな!このクソチビがあああああああっ!!」
 朝比奈怒りのアルゼンチンバックブリーカーで榎本の背骨をへし折りにいく。
「おらあああああっ!」
 朝比奈はさらに揺さぶりをかけ、榎本を絞りあげる。
「頑張れ榎本~~~!!」
「榎本~~~~~~!!!」
 窮地に追い込まれた榎本へ観客の声援が集中する。
「うるせええええ!これで終わりだっ!うっ…」
 朝比奈の足もとがふらつく。
「どうやら先ほどのエルボーが効いたようですな。」
「えいっ!!!」
 クラッチが緩んだところで、榎本は両肘と両膝を同時に朝比奈の頭部へと打ち込んだ。
「ぐあああああああっ!」
「あれは!」
「閉門クラッシュ!!」
 閉門クラッシュとくれば次に出す技はあれしかないだろう。
朝比奈の背後に着地した榎本は、ガシッと朝比奈の腰にしがみついた。
「いけええええええ!」
「決めろっ!!」
「うん!」
 観客の声援に大きく頷いた榎本は、大きく息を吸い込んだ。
「悪い子は許さないもん!!!」
 榎本は自分よりもはるかに大柄な朝比奈を綺麗なバックドロップで投げ切った。
「フォール!!」
「OK!」
 「ワンッ!……トゥ!……」
ミスターDENSOUはマスクの鼻の部分を直すと、右手を振りおろした。
 バンッ!
「スリー!!!!」

「ただいまの試合はバックドロップからの体固めにより、勝者榎本綾!!これによりまして、次回大会から朝比奈選手はヒラヒラのコスチュームでの登場になります!」


 こうしてオーガ朝比奈としての最後の試合の幕が閉じたのであった。

「こ、これを着るのか~~~~っ!」
「約束だからねっ!」
 

PR

2008/12/08 18:00 | Comments(3) | 青空に虹が輝く

コメント

やたー(笑)。綾ちゃんお疲れ様でしたー♪
ヒールな綾ちゃんも見てみたかったけど、やっぱ朝比奈の女装の誘惑には勝てませんでした。ヒラヒラコスでの初試合、さぞや会場から爆笑が起こったことでしょう……。
posted by 水瀬URLat 2008/12/08 20:15 [ コメントを修正する ]
ああ~~!あの技は、戦争男との血のマラソンマッチで王子をKO寸前に追いつめたストームエルボーですよ!?

更に開門クラッシュからのバックドロップは・・・(以下略)

おもしろかったですw
見ごたえありました~
あと、水瀬さん・・・女装ってw

posted by オーサカURLat 2008/12/08 21:14 [ コメントを修正する ]
>水瀬さん
 女装って…
朝比奈には悪いけど、こっちの方が楽しい結果になりそうだったので。
 そもそも榎本にストームエルボーなどを使わせたかったのもありますけど。
フィニッシュだけは最初からきまってました。

>オーサカさん
 知らなくてもたのしめて、知っていれば2度楽しいというお話です。
楽しんでいただければ幸いです。
posted by Nat 2008/12/09 00:06 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新たなる風の物語 第24話「レフェリー」 | HOME | 悪い子は許さないもん! 2~青空に虹が輝く外伝~>>
忍者ブログ[PR]