忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 00:25 |
包囲されない包囲網 
 里見を攻め滅ぼし、北条を勧告で下した竜我軍。

 次なる目標は徳川および、上杉の残党と真田。
なんて思っていたら真田家から同盟を求める使者が。
 
 竜我ライ「同盟か。 受けない事はないがな・・・」

 使者「まことでござりまするか?!(内心喜ぶ)」

 竜我ライ「ただし、真田家の次男・・・真田幸村殿を人質に差し出してもらう」

 使者「なんですと! 幸村さまを?!!」

 竜我ライ「聴くところによれば、幸村殿は天下に並ぶものがないほどの戦上手とか。 ぜひ我が軍のひ弱な武将たちの手本になってもらいたいのだ」

 使者「しかし・・・」

 竜我ライ「まあ、出せぬというのなら・・・」

 使者「分かり申した。 真田家のため、その条件のみましょうぞ」

 ということで幸村を人質にとり、真田家の翼をもぎ取った上で同盟。
逆に同盟の切れた最上は勧告し、支配下に収める。

 信州を真田が押さえているので、竜我軍の侵攻ルートは2つ。
北陸道と東海道になる。

 北陸道からは、伊達政宗・最上義光・津軽為信を中心とした東北選抜。
東海道からは竜我雷率いる本隊が侵攻する。

 北陸方面軍が、越中まで進出、上杉を美濃・飛騨まで押し込み、いよいよ佐々家(旧柴田家)と織田家と国境を接することになる。
 で、予想通りここで包囲網が発動。
 四国まで攻め込んできている島津を除く、明智・羽柴・織田・徳川・佐々・上杉が一気に攻めかかってくる。 が、ここまで勢力が大きくなっている以上問題にならない。
 前回織田でプレイした時は主力武将が東奔西走したものだが、後顧の憂いがない以上は余裕を持って対処できる。
 上杉を岐阜へ追い込み、大砲攻撃+騎馬鉄砲で殲滅。
徳川も竜我雷率いる15万の兵力で攻められ、三楽斎の勧告で終了。
 佐々も一撃で粉砕し、勧告(正宗)
海から5万で攻めてきた羽柴家も港を守る15万の鉄砲隊&大砲2門、なおかつ迎撃にでた安宅船で簡単に撃退。
 包囲網開始から2年経過次点で清洲・岐阜・敦賀港・北の荘まで
進出。
 この段階で残る大名は、明智・織田・羽柴・島津のみ。

 さらに戦力を集め、近江と伊勢志摩へ同時進行。
この戦いで織田家の棟梁 織田信正を捕らえる事に成功。
 当然斬首(苦笑)
ついに織田家は 織田信衝に変わるが、いかに優れていても もはや勢いに差がありすぎた。
 神楽坂さくら&織田信衝はさすがの抵抗をみせ、攻め寄せる大部隊をいくつか壊滅させるが、結局勧告に応じる事に。
 織田滅亡の前に明智も勧告でくだし、残るはわずか2城4万の羽柴と、全国の3分の1を占める島津の37万。
 対する竜我軍は前線だけで60万を超える兵を用意しており、もはや統一は目前である。

 時に1597年11月。
日本の北半分を支配した竜我雷は日本統一することを改めて宣言、全軍に対し”南征”を告げるのであった。

 竜我「これが最後の戦だ! 島津を叩き潰すぞ!!」

 

 ★竜我家編~了★


blogランキング
PR

2006/03/02 12:46 | Comments(0) | TrackBack(0) | 革新プレイ日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<竜我家 編 回顧 | HOME | その4 後顧の憂いがないと・・・>>
忍者ブログ[PR]