忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/28 23:03 |
大覚屋師真
 大覚屋師真(以下師真と表記)は、銀河戦国群雄伝ライにおいて、主人公であるライと双璧をなす重要人物です。
 五丈国の南方に位置する星、南京楼。
南蛮との取引で栄えてきた感のあるこの都市のトップクラスの豪商の長男として生を受けた師真は、タダの放蕩息子で、金に物を言わせて遊び放題をしていました。
 しかし、師真は天下に並ぶもののない”知”の持ち主であり、それを発揮する場を求めていたのだと思われます。
 南京楼に太守として赴任してくる事になる、竜我雷との出会いが、その後の人生を大きく変える事になります。
 南京楼軍の軍師として向かえられた師真ですが、鐘士元ら武官からは白い目で見られていました。
 「商人風情になにができる!」
というものですね。

 これは歴史上においてもそうですが、武将というものはどうしても内政官を軽視しがちですし、嫌悪もします。
 (徳川でいえば、本多正信・正純親子、豊臣でいえば石田三成といったところは軍閥との軋轢がありましたね。)

 師真は、ド派手な演出をする事でそれを打開することに成功します。
それは宇宙に浮かぶ要塞を火攻めにすることでした。

 これは効果的で、それまで師真の才を疑っていた者たちは、以後師真の命令を素直に受け入れることになります。
 
 という事ができる人なので、新武将として作成する際の習得戦法は”火牛”にしました。
 これしかないでしょう?
 軍師であるのが条件なので、自ら兵を率いる事はほぼないので、統率は低め(50程度) 武勇 なし(10程度) 知謀はほぼ天下一 政治力も高めに設定してみました。

 竜我家プレイでは師真の差す将棋の相手は 直江兼続・神楽坂さくらといったあたりが勤めることになりましたが・・・少々不足だったようです。

 ちなみに竜我雷の親愛武将はこの師真に設定してあります。
(師真以下の武将は全てライを親愛武将に設定)
 結局師真自ら兵を率いて出陣する事はなく、ほとんどライの部隊に組み込んで使う形になりました。
  


blogランキング
PR

2006/03/06 11:31 | Comments(0) | TrackBack(0) | 革新プレイ日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<林則嘉 | HOME | 竜我家 編 回顧>>
忍者ブログ[PR]