忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/17 03:40 |
林則嘉
 副軍師の林ちゃんです。
 彼は食い逃げで捕まり、太守竜我雷の婚儀のおり恩赦で解放されますが、行く当てもなく行き倒れ寸前になっているところを、太守の奥方の付人である、蘭々に拾われ城で働くようになります。
 とある事件をきっかけに軍師大覚屋師真に才を見出さされ、副軍師としてライの偽帝討伐戦に参戦します。
 金州海の合戦ではライの師、狼刃元帥の一騎打ちの挑発に乗ろうとしていたライを体を張って押しとどめます。
 あのうだつのあがらない風采からは想像できない行動ですが(笑)

 結構危険な事をする人なんですよねえ。 実は。
師真とともに書庫を押さえるために 戦闘中に戦場におりたり、夏侯才の突撃を受けたり・・・
 
 猪突猛進型の項武の副官として西羌軍の迎撃戦に出陣したり、後の南征では五丈・西羌の連合部隊の副官(実質的には指令官だが)として若き将、秦公旦を補佐する。

 最終的には丞相にまでなり、さらに太子”竜貴”の教育係まで申し付けられるようになる。
 一兵卒から皇帝まで駆け上がったライは別格として、囚人から丞相まで出世したわけだから大出世だろうなあ。
 そんな林則嘉をゲームで再現しようとする。

 統率20 武勇 7 知略99 政治95 こんなもんかな。 
野望は0にしたいところだ。
 武器は扱えないので戦法は特になし。
 計略は 治療・鼓舞・篭絡あたりか。

 うーん戦場では役に立たないな(笑) まさしく軍師の鑑。
リプレイでも触れたけど、項武の副官として日本を駆け回ってもらう事になる。
 津軽・南部討伐以降、関東戦線・北陸戦線・東海戦線と転戦。
常に前線で項武を補佐していくことになる。
 師真には及ばないものの、竜我家への貢献度はかなりのものです。
いい官位をあげなきゃね。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援がてらクリックお願いします→blogランキング 
 
PR

2006/03/16 14:11 | Comments(0) | TrackBack(0) | 革新プレイ日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<革新・隠しシナリオへの道 | HOME | 大覚屋師真>>
忍者ブログ[PR]