忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/01 07:35 |
武藤めぐみ
退団した選手たちの記録です。
■NEW WIND スター選手 烈風伝 その9■
 
 武藤めぐみ(本名:同じ)静岡県出身。

 NEW WINDの3期生として、3年目5月VS結城千種戦でデビュー。
 飛び技のレベルは世界最高峰レベルといわれ、投・極・打・パワー全てが高レベル。
 デビュー当初はNEW WINDのエースになるだろう逸材と言われていた。

 だが、同期の結城千種に新人王を獲られてしまい、以後常に結城の影に隠れてしまう事に。
 その結城とのコンビ“νジェネ”ではタッグ戦線を席巻。
幾多の栄光に輝き、NEW WIND史上最高のタッグとの評価もされている。 
シングルでも王者になっているが、結城の絶対王者ぶりに隠れてしまった感はやはり否めない。
 
得意技は ダブルスピンムーンサルト、ローリングソバット、フライングニールキック、シャイニングウイザード、へな~らサンセット

  最高評価=1540 退団時評価=1210


”獲得タイトル” 
シングル=EWA認定世界ヘビー級(2度戴冠 防衛3回)
タッグ =AAC認定世界タッグ(パートナーは結城千種、同タッグで戴冠3回防衛は3回)、EWA認定世界タッグ(パートナーは結城千種)


“結成タッグチーム”
νジェネ(パートナーは結城千種。AACタッグ、EWAタッグ獲得)
“受賞歴”
ベストバウト=1回 10年 
ベストタッグ=5回(5年連続)6~10年


“風間の寸評”
 ここまで結城と差がつくとは思わなかった。
 入団時の評価では武藤の方が上だと思ったのだけどね。
 天才によくありがちなのだけど、“見えすぎてしまって諦めてしまう”という部分があったのかもしれない。
 もし武藤に結城と同じだけの粘り強さがあれば、武藤がナンバー1だったと思う。


“プレイヤーNより”
 イメージのギャップがあり、ストーリーには使いやすいが感情移入しずらいキャラに。
 平等なチャンスは与えたつもりだけど、この評価差でのこの実績の差。
 これは根性の差なのかな・・・



↓感想などはこちらからお願いします。

web拍手を送る





PR

2007/03/07 00:00 | Comments(0) | NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<愛・対戦履歴(VSα任務部隊、月女、プラム女子) | HOME | 50000HITありがとうございます。>>
忍者ブログ[PR]