忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/17 03:30 |
愛・対戦履歴(VSα任務部隊、月女、プラム女子)
 皆さん愛やってますか?
 私はま、ボチボチですかね。

 各地でダークサイドもしくはネガティブサイド落ちを見かけます。
正直 技と技絵の話でもわかると思いますが、完璧なゲームとは程遠いですからねえ。

以下ご意見書(実際に送ったもの。カットはしてありますが)


 
 試合についてですが、これほどドラマの少ないプロレスなど誰も見ませんよ・・・というのがプロレスファン的な感想かなあ。

 体力残っていてもフォール負け、関節クリティカル連発・・・
K1やプライドじゃないんだから・・・プロレスしてくれ~と。

 もちろん試合時間の長さ=よい試合ではないです。
 携帯だから短くしたいのもわかります。

 ですが、”4コマがない分もともと試合展開は速い”と思います。
”時間短縮”を目標に無理やり終わらせるような事をして何が面白いのかなあ?と。

 参考までにGAEA JAPAN(※解散)であった試合方式ハイスパート600(10分1本勝負)は短い時間で濃密な試合を見せてくれました。

 長さ=いい試合ではないですが、短くてもいい試合は創れるはずです。
もっと魅せる展開にしないと観客(愛の場合プレイヤー)が離れていきますよ。

 そう、今の現実の女子プロレスのように。

 ”プロレスらしい試合をできるアプリにして欲しい。”ですね。
   





 というわけで前置きが長くなりましたが、最近の軍団成績です。

VSα任務部隊

 3勝0敗で勝利。

どこかで雷電さんのコメントをみましたが、”ジムカスタム”という表現がわかる気がする配分です。

 77777のように綺麗に配分されてます。
そうだなあ・・・穴はないけど、怖さもないです。
 現時点ではなんでもできるけど、何もできない・・・悪くいえば”器用貧乏”ですかね。
 ただ、こちらの穴だらけの機体に比べると安定してます。

 ただし、これがAAAAAとかになってくると怖いですね。
どのカードを引いても油断できないという(笑)
 低レベルのうちはジムカスタム、ネモ、ジェガンかもしれませんが、いずれνガンダムになる育成法かもしれません。
 ・・・先が怖いかも・・・

 成長後あたったら逆に全敗するかも・・・


VS月の王国女子

 例によって先鋒キャロルが勝って、タッグが負け。
大将が勝利で2-1です。

 なおタッグではうちの藤島が”月女ボスの嫁”藤島に負けました。

これが・・・愛の差かっ!!
 
 ショートショート 藤島と藤島

月・藤「年季の差とアイコンの差ちゃいます?」
N・藤「まだうちのが若いもん。ピッチピチの15歳やし。」
蛍 野「や、というかカード運?」
W・藤「それいっちゃあ、おしまいどす。」
蛍 野「ステレオで同じ声幸せ・・・」
風 間「ま、11期は本編ではまだデビュー前だし」

 
 (終)


 タッグは59分50秒というロングマッチ。
(お互いにカットがバシバシ決まってなかなか終わらず)
 NEW WIND初の引き分けまであと少しでした。

 大将は正直負けたと思いましたが、(残り体力80%VS10%まで削られました・・・)
 必テキーラ→STO→テキーラ→テキーラと驚異の引きで大逆転勝利。
思わず”奇跡の逆転ファイター”誕生か?と思いましたよ。

 
VSプラム女子プロレス

 対戦お礼に一戦。
 評価値は5830くらいだから、ほぼ互角。


先鋒 
 極S氷室 強い。
うちの”隠れエース”キャロルをギブアップに追い込むとは・・・

タッグ

 新人ベースコンビ同士の対戦。
やや能力で上回る相羽&藤島組が優勢。
 最後は遥をつかまえ、ラッシュで叩き潰し相羽の勝利。

大将

 あの・・・このなぎささん、新人ベースだよね?
永沢より全然強いっす。
 完敗で最後はジャーマンを潰されての前方回転エビ固めで敗北。
永沢・・・何故投げが1枚しかこない・・・(しかもつぶされた)
 パワーSなぎさとパワー勝負したら負けるでしょうに・・・

 
 1-2で負け越し。


 


軍団名:NEW WIND(戦闘力6000前後) 
(全角ですが間の”スペース”だけは半角です。)
 
大 将 永沢舞(4期/戦闘力約1690)
構成員 相羽和希(9期/戦闘力約1350)・キャロル白石(10期?/約1590)・藤島瞳(11期/約1350)

控 え 氷室紫月(1期/約1470)


 現状軍団戦 27勝6敗 


 



↓感想などはこちらへどうぞ。

web拍手を送る
 



PR

2007/03/08 00:00 | Comments(5) | レッスルエンジェルス愛

コメント

>雷電さん
 拍手ありがとうございます。
実は対戦したのはしばらく前だったので、さっそくリターンマッチをしてみました。
 オールAの石川に永沢が完敗を喫し、タッグもうちの量産型(バランス重視)の相羽&藤島組も手数で圧倒され完敗。
 1-2で負け越しました。
Sが2つでオール9とかあるような化け物でもない限り相当強いと思います。
 防御も穴ないし。
 すでに大将どのは・・・エース機なきがしますよ・・・うちの永沢の投げ数発以外はことごとくそちらの攻撃でしたから(泣)
posted by N at 2007/03/08 10:19 [ コメントを修正する ]
対戦結果で3-0で勝利…と書いてあるので、うちのストレート負けかと思ったら…
実際はこっちが勝ったんですか?
てっきり負けたと思ってたんで、やっぱり平坦にしすぎるのも問題ありかな…と考え直す切っ掛けになったんですけど
平均に育てる事について、自分自信が感じていた事がそのまま書かれていたので、むしろ共感を覚えたぐらいでした
今は控えに回ってる斉藤・山本の2人は打撃とパワーが最初から一点特化したキャラでした
メインに据えていた頃、いろんな軍団に対戦を申し込んで解った事
それは対戦先での斉藤の戦いぶり…打撃Eが宝の持ち腐れと化し、ろくに技も出せず敗れ去る様は他の技レベルの底上げをせざるを得ない状況を生みました
打撃が来なくてもまともに戦えるようにと…
一点特化の弱さを思い知ったからこその決断だったわけですが…結局はどっちもどっち…
posted by 雷電at 2007/03/09 01:19 [ コメントを修正する ]
>雷電さん

 合計3度対戦してまして、記事にUPしたのが5・6日前の対戦結果です。
これはストレートで勝ったのですが、昨日対戦した(コメント欄のほうです)のは1-2で負け越しです。
 平均タイプは7・8くらいまでは得意カテゴリが成長しているキャラには押されてしまいます。
 ですがオールAまでくると穴もなければ全部高レベルになるので強いですよ。
 得意カテゴリカードがこないと歯が立ちませんでした。
 特化型例)S7777とかだと確かに弱いですね。このあたりは悩ましいところですが、雷電さんのバランス型はA以上でかなり生きてくると思います。
 レベルが低いうちはバランスのよさが穴で、高レベルになるとバランスのよさが売りになると思います。
 私は我慢できない(APを保持できない)ので、素直に凄いと思います。 
posted by Nat 2007/03/09 01:34 [ コメントを修正する ]
こんばんは、MCです。
対戦ありがとうございました~。
んー、COMになると強さが2割り増しくらいになるのでしょうか。同レベルだとかなり厳しくなりますね。
また次回こちらから対戦させていただきます。
posted by MCat 2007/03/10 21:48 [ コメントを修正する ]
 うーんそうですね、カードが廻らないとやたら強くなったり、カードの引きではド楽勝だったりしますね。

 すっごい不公平なカード配分多いですよね・・・
posted by Nat 2007/03/10 22:12 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<星明りの少女 第8話「3年目のはじまり」 | HOME | 武藤めぐみ>>
忍者ブログ[PR]