忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/23 23:56 |
LAST GONG レッスルエンジェルス団体経営日記(GEAR JAPAN編最終回)  
 GEAR JAPAN10年11月シリーズ ”エンジェルス・インパクト” 最終戦 東京ドーム大会。

 これが今年最後のドーム大会の予定。

 目玉カードは 第9代王者 市ヶ谷麗華に、新鋭のパンサー理沙子が挑む、GEAR認定世界ヘビー級選手権試合。

 パンサー相手に連敗し、怒り心頭の市ヶ谷麗華に対し、パンサー理沙子は初戴冠を狙う。

 前売りの段階で満員を出せるくらいまでチケットは売れており、当日の伸びでは、札止めもある状況。
 
  


 セミファイナルで武藤めぐみが、ジーニアス武藤にフォール負け。
武藤めぐみ&市ヶ谷麗華の2枚看板の時代は終焉なのか?

 そんな雰囲気の中、メインイベントが開始された。

 序盤は探りあい。
互角の戦いだったが、パワーに勝る市ヶ谷麗華が徐々に試合を支配していく。

 パンサー理沙子も強くなったが、パワー勝負ではまだ市ヶ谷の相手ではない。

 パンサー理沙子もそれを理解したらしく、手数で反撃。

 じっくりとした、それでいて熱い攻防に時間はドンドンすぎて行く。

45分過ぎ、市ヶ谷麗華の得意のパターンに入る。

 まず、これでもか! というほど説得力・美麗さを兼ね備えた、得意のビューティボムが決まる。

 パンサー理沙子は2.5で返す。
さらにビューティドライバー!!
 この独特のボム系のコンボは市ヶ谷の必勝パターン。

 ビューティドライバーを2.8で返すパンサー理沙子。
アイコン 市ヶ谷「とどめをさしてあげますわ!」
 市ヶ谷麗華はビューティスプラッシュを狙い、担ぎあげるが、パンサー理沙子が蘇生。
 担がれた状態から、市ヶ谷の頭部に肘をいれると、市ヶ谷の背後へ降りる。
 アイコン パンサー「ここで決める!」

 ”必殺”のパンサースープレックスが炸裂!
カウント2.5でクリアしてみせた市ヶ谷だったが、攻勢にでていた所での反撃だったので、相当効いたらしい。
 余裕が完全に消えている。

アイコン 市ヶ谷「このお!!」

 今度こそビューティスプラッシュ!!
 「これは終わりか?」

いや、カウント2.9でクリア。

 クリアしただけではなく、再びパンサースープレックス。
 なんとか2.8でクリアした市ヶ谷は隠し技ともいえる、ハイキック。

今度こそ 決まったか?!!

 と思われたが、ロープが近かった!
なんとかロープエスケープで3カウントを回避したところで、残り試合時間3分の声。

 パンサー理沙子が何度か技を決めてカバーにいくが、2.8でクリアされてしまう。
 市ヶ谷麗華も有効打を決めれず・・・そしてゴングが鳴り響く。

 60分時間切れドロー
 
アイコン 市ヶ谷「決着は2月のド-ムですわ。 次はあっさり沈めて差し上げます。」

 アイコン パンサー「そっくりそのままお返しします。」


◇10年12月

 藤原和美、結城千種引退。

ラストマッチは藤原VS市ヶ谷麗華、結城千種VS武藤めぐみ。

 これで一期生は全員リングを去ったことになる。

 
◇10年1月

 バカンスへ出かける。
新咲が主役だった。


◇10年2月 

 この月の興業は東京ドームのみ。
そしてこれがGEAR JAPAN 最後の興業となる。

GEAR JAPAN ドリームドームファイナル ”LAST GONG” 

 ”GEAR JAPAN解散”
一期生が全て引退したことで、GEARの10年の歴史に”区切り”をつける。

 N社長率いるGEAR JAPANの最後の興業。
 もちろん超満員札止め。

 それぞれが熱戦を繰り広げ、ついに最後の試合。

 最後は、GEARの後半のメインストーリーを作ってくれたGEAR認定世界ヘビー級選手権試合。

 11月のドームで時間切れドローに終わった両者の再戦。

 だが今度は序盤から王者、市ヶ谷麗華が圧倒的におしまくる。

ビューティボム→ビューティドライバー→ビューティスプラッシュ お得意のボムコンボで、あっさりとパンサー理沙子をマットに沈めた。


 終了後、全選手がリングに上がり、ファンに解散を報告。

 そして・・・全選手がそれぞれの挨拶をしてリングを降り、リング上にはN社長と、市ヶ谷麗華だけが残った。

 N社長「これより、市ヶ谷麗華選手の引退式を行います。」


 えええーーー!!!

おいおい 解散よりも反応でかいよ・・・
 
 市ヶ谷麗華選手のテンカウントゴングが鳴らされる。

 再びリングに上がるN社長。

N社長「皆様にご報告いたします。 これにて市ヶ谷麗華選手は引退されました。 ・・・なお今後の市ヶ谷麗華さんについてはご本人より発表があります。」


 アイコン 市ヶ谷「皆さん、応援ありがとう。
 麗華は全世界600億人のファンに愛され、そして惜しまれて引退することができました」

 そんなに世界に人いねーぞー!!

と野次も飛ぶが、麗華様は気になさらない。

  アイコン 市ヶ谷「さて私の引退を持って、第一期GEAR JAPANは歴史に区切りをつけます。」

 N社長「このドーム興業を持って私は区切りをつけ、退団します。」

客席が????に包まれる。


 アイコン 市ヶ谷「4月より、この私が社長に就任し、第2期 GEAR JAPAN がスタートですわ。 おーほっほっほ!!」


 なんだーそりゃーーー!!!!

 だましたな~~!!!

と怒号が飛ぶが。。。


 アイコン 市ヶ谷「プロレスで解散、引退ほどあてにならないものはございませんわ! もちろん第2期では私は社長兼レスラーとして復帰いたします!!」


 ふざけるなーー!!!
いいぞー!!!

 怒号と歓声が渦巻く。


なお、ドルフィン早瀬アイコン ドルフィンはそのまま広報として残留、 南利美アイコン 南がコーチとして団体に復帰。

 現場監督として近藤真琴アイコン 真琴が復帰。

 そしてN社長は、退団はしたものの、GEAR JAPAN㈱の会長に就任。 この辺もプロレスチック。 彼はプチ猪木と呼ばれるように(笑) 

 その後の第2期 GEAR JAPANは賑やかで、楽しい団体だったと伝えられている。

 アイコン 市ヶ谷「当然ですわ!」

 
 アイコン ドルフィン「これでGEAR JAPANのお話はおしまいです。 なお3月はバカンスに行きました。 ファイナルシリーズではジーニアス武藤選手がJrで全勝優勝、タッグは武藤めぐみ&パンサー理沙子組で3位、シングルは市ヶ谷麗華選手兼任新社長が出場し、6位。 9年目だったら、もっと皆強かったのに。 ね~ちーちゃん。」


   
    -了ー



☆あとがき☆

 団体経営日記 GEAR JAPAN編いかがだったでしょうか。
これにてGEAR編は終了となります。

 今回は新人中心の団体で立ち上げたですが、SFCと違って客が入らない入らない(苦笑) おかげで大分苦戦しました。
 APがたまらず、宿舎を増強できずに、武藤めぐみを新人でスカウトできなかったり、、、まいい勉強になったかなあ。

 後半は一気にAPがたまるようになったんですが、結局総合2位で10年を終わりました。

 宿舎を強化するよりも、会場を強化優先すればよかったんですが、APたまると宿舎先にあげてましたからねえ。


 これは響きましたよ。
会場上げれば、あつまるAPが違うのにね。
 新団体では その辺りの反省を生かしたいですね。

 あと、できれば南さんをシングル王者にしたいと思ってます。
前作ではあまり思いいれありませんでしたが、今回は・・・一人でボロ団体を引っ張ってくれましたからね。

 では2度目のプレイもおいおいUPしていきます。

  
 管理人 N 


 
 最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援の1クリックを願いします。→blogランキング




PR

2006/09/11 12:01 | Comments(2) | GEAR JAPAN編

コメント

10年間ご苦労様でした、試行錯誤を繰り返しながらの団体経営、勉強になりながらも高いドラマ性もありましたね
最後はもっとしんみりとなるのかなぁとか思ってましたが、なかなかのハッピーエンド(笑)
お疲れ様でした、楽しんで読ませてもらいましたよ
posted by 螢野光URLat 2006/09/13 02:08 [ コメントを修正する ]
 どうもです。
麗華さまの入団でがらっとかわった感じです。
 これくらいの頃から育成なれもしたのもあったんでしょう。
 最後は、解散で終わるのが、某団体をモデルにしたGEAR JAPANらしいかな?と思ったんですが、折角の麗華さまですから、思いっきり弾けてもらう事にしました。
 コーチで南さん、現場監督で真琴というのはある種願望ですね。
 ただ引退するだけじゃ面白くないというか、なんらかの形で手元にいて欲しいと思いましたんで。 
 2回目も書き始める予定です。
posted by Nat 2006/09/13 11:46 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<”南より新風来る。”  その1 | HOME | 技名変更2 >>
忍者ブログ[PR]