忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/30 00:47 |
新旧交代へ。 レッスルエンジェルス団体経営日記5
アイコン ドルフィン「今日のお話は5年目10月からです。」


 ミシェール滝の引退に伴い、GEAR社長Nは新人選手のスカウトに走る。
 そして東京にて次代のエースとなる選手を発掘する事に成功する。

彼女の名は”市ヶ谷 麗華”。

 体格・顔立ち・性格。
どれをとってもJWIのエースだったビューティ市ヶ谷にそっくりである。 
N社長「市ヶ谷2世か。これで5年はいけるな。。」
アイコン 市ヶ谷「おーほっほっほ。 当然ですわ。 でも社長さん、5年は短すぎましてよ。」

 ※現実の女子プロレスでは40歳を越えてもまだ現役。
30歳は当たり前という雰囲気になっている。

 が、このレッスルエンジェルスの世界では昔の25歳定年制に近い感じになっているんだよね。

 15,6歳でデビューして22~24歳で引退。
短いからこそ輝けるのかもしれないね。

 
◇5年目11月

 再び事件が起こる。

GEAR プレミアムリーグ IN 東北 (全8戦)

 シングルのリーグ戦(参加8選手)を東北限定で行うという興業で、各地で超満員を連発していた。
 参加選手は・・・

南、藤原、近藤、中江、橘、葛城、吉田龍子、小川ひかる

 優勝候補にあげられていたのは、エースの南、そして南を破ったことのある近藤だった。

 南は安定した取り口でギブアップ勝利を連発。
そして近藤も得意の打撃攻撃で勝利を積み重ねていく。

 この二人の対戦は最終戦で組まれているので、そこが優勝決定戦になるだろうというのが事前の関係者・ファンの予想だった。

 しかし、予想・予報というものは外れるように出来ているものだ。
 
  


 7日目 仙台

 この日の公式戦の注目カードは・・・

 近 藤 VS 葛 城
  南  VS 橘

セミの近藤VS葛城は近藤が競り勝って全勝で最終戦へ。

 だが・・・メインは・・・

 「1・2・・・スリー!!」
 
 誰が予想したのであろうか。
後輩”橘みずき”が・・・南からピンをとったのだ。

 「只今の試合は・・・18分44秒 シューティングスタープレスからの体固めによりまして 勝者 橘みずき!!」

 橘「勝っちゃった・・・まさか・・・」

アイコン 南「・・・・くっ」

 南はマットを殴りつける。

 しかし・・・そんなことをしても結果は覆らない。

試合後の南のコメント「(前回負けた)近藤は同期だったから・・・でも今回は後輩。負けたのは正直悔しい。。。 出直します」

 そしてこの敗戦のショックを引きずったのか、最終戦でも近藤に破れ、リーグ戦優勝は近藤に譲ってしまった。

 GEARの歴史において、この大会が”南時代の終焉”と言われている。

◇5年12月

 リーグ戦で最下位に終わった吉田龍子が海外へ電撃移籍。
この月から会場設備が強化されたので6000人クラスまでは興業が打てるようになる。

◇5年 2月

 GEAR JAPAN認定世界ヘビー級のベルトを新設する。

◇5年 3月

 GEAR チャンピンズロード シリーズ最終戦

 神奈川・横浜文化体育館(実名になおしてあります。)

 超満員札止めの観客を集め、GEAR初のタイトルマッチが行われた。

 GEARヘビー級選手権試合 初代王者決定戦 60分1本勝負

赤コーナー 南 利美 VS 近藤真琴 青コーナー  

 ここ2戦シングルで負けているとはいえ、戦前の予想では南。

 だが、南は決定打を与えることができず、近藤の重い打撃の前にスタミナを消耗していく。
 
 ドラゴンスクリュー→アキレス腱固めへのコンビネーションで脚を攻めるも、打撃の重さが響き・・・最後は”真琴式シャイニング”。

 「29分15秒 真琴式シャイニングウイザードからの体固めによりまして、勝者 近藤真琴。 

この結果によりまして、初代王者は 近藤 真琴選手に決定いたしました!」
 
 南時代は終わりを告げ、この後GEARは戦国時代へと突入していく。

 ”GEAR トップ4”
 
 南、近藤、橘、葛城  

ほぼ実力は横並びで、誰が誰に勝ってもおかしくない。

 が、このトップ4の他の3人の挑戦を”初代王者近藤真琴”はそれぞれ1回づつ防衛したが、6年7月の大会で4度目の防衛に失敗。

 葛城が新王者に。

◇6年8月◇

 フリーの結城千種が入団。

 この月の興業ではやくもトップ4に異変が。

昨年入団した”市ヶ谷 麗華”が早くもシングルで橘を撃破したのだ。

アイコン 市ヶ谷「おーほっほっほ。 当然ですわ。 これからは私(わたくし)の時代ですもの。 おーっほっほっほ」

アイコン ドルフィン「本文には出てこないドルフィンです。 ちゃんと現役ですからね~。 いっつも第一試合だけど・・・この後のGEARはどうなっちゃうんでしょうか。 誰がトップに?? もしかして私かもね~♪」

アイコン 市ヶ谷「ちょっとそこのイルカ娘! 私の時代だっていってるでしょう?」

 N社長「先輩に対するセリフじゃないよなあ・・・」
 
 最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援の1クリックを願いします。→blogランキング



 
PR

2006/08/31 11:43 | Comments(2) | GEAR JAPAN編

コメント

コメントありがとうございます『週刊レッスル天』の螢野光です
GEAR JAPANのN社長の日記楽しく読ませてもらってますよ
うちもこう書ければ良いんですけど、今はとにかくプレイ優先の殴り書きです
団体に麗華様が降臨して、今後どうなっていくんでしょうね
楽しみにしてますので頑張ってください
posted by 螢野光URLat 2006/09/01 00:05 [ コメントを修正する ]
 わざわざありがとうございます。

プレイは優先してるんですけど、団体経営日記も手抜きできないんですよね(笑)

 おかげで進行が遅いです。
土日は基本的に更新できませんが、少しづつ書いていきます。

 麗華様はこれからが本領発揮ですよ(笑)
 
posted by Nat 2006/09/01 00:18 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<GEAR戦国群雄伝 レッスルエンジェルス団体経営日記6   | HOME | 節目の年に・・・ レッスルエンジェルス団体経営日記4 >>
忍者ブログ[PR]