忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/11 09:25 |
節目の年に・・・ レッスルエンジェルス団体経営日記4 
アイコン ドルフィン「まもなく5年目に入ろうとしているGEAR JAPAN。 これまでの無風の3年半とは違う流れが生まれようとしていました。」

 
 X4年11月。
これまで順調に来ていたGEARに衝撃が走った。

 GEAR ロイヤル北条、電撃退団。WWCAへ!

 実はこういってはなんだが、渡りに船であったのだが・・・
すでに能力も伸びなくなっていたし、ポジションとしても中堅以下。
 団体として退団されても問題はなかったのだ。

 N社長「しかし、国内ではなくWWCAか。 大きなチャンスを得たなあ・・・」

アイコン 南「せっかくのチャンスですから、応援してあげたいと思います。」

 いくら戦力的に落ちるといっても大事な旗揚げメンバーだ。
GEAR 所属選手・スタッフ全員出席で壮行会を行い、心よく送りだしてあげることになった。

 しかし経営者はシビアである。
その裏で新人テストを敢行し、杉浦美月(写真)アイコン 杉浦が入団することになった。

 またこの11月には再び菊池以下2名の新女選手が乱入してきたが、南が8戦全てで撃退に成功する。

 ※なお初期の頃は1月4~5興業だったが現在は8興業必ず組んでいる。

 しかし翌年春GEARの歴史が動くことになる。
  
 4年目1月。
 衝撃な事件は最終戦で起こった。

 ”GEAR ハッピーニューイヤー”シリーズ(全8戦)最終戦:後楽園プラザ 2000人超(超満員札止め)の観客を集めて行われていた。

  メインイベント
この日も南 利美はメインに出場し、最近成長の著しい近藤真琴とシングル戦を行っていた。

 15分すぎ、南必殺のアキレス腱固めを必死にロープブレイクした近藤は、痛む足を押さえながらも先に立ち上がり、必殺心をこめたシャイング・ウイザードを叩きこむ。

 崩れる南をすばやく押さえこむ近藤。

「1・・・2・・・」
 そして・・・
「スリー!!!」

 観客がいっせいに立ち上がり、歓声を飛ばす。

近藤「え・・・スリー??」

 勝った本人が不思議そうな顔をしてレフェリーに右手で3本指を立てて確認する。

 ダメージの大きい南だが、マイクを要求すると・・・アイコン 南「強くなったわね・・・真琴。 今日は負けたけど、次は負けないわよ」
  
 といってリングを去っていった。

リング・アナ「只今の試合は、16分47秒 真琴式シャイニング・ウイザードからの体固め で勝者 近藤真琴!!」

 南の無敗伝説が破れた。
ここが節目となり、近藤真琴が次第にエースとなっていく。

 
 5年目4月 吉田龍子(サンダー龍子の2Pカラー)を新人スカウトに成功。 次代のエース候補生だ。

 5年目5月 ミシェール滝の能力が下がり始める。22歳・・・潮時なのだろうか。

 5年目9月 ミシェール滝が引退を表明。 GEAR JAPAN初の引退試合・および引退式が行われる。

 ◇GEAR 不死鳥ファイナル(全8戦)最終戦 東京:後楽園プラザ

 メインイベント”不死鳥ファイナル ミシェール滝引退試合6人タッグマッチ”

 ミシェール滝・近藤真琴・南利美組VSドルフィン早瀬・藤原和美・中江里奈組

 旗揚げ初期メンバーによる6人タッグマッチ。
これはミシェール滝の希望である。

 結果はミシェールがドルフィンからフォールを奪い、自らの花道を勝利で飾る事に成功。

 アイコン タキ「不死鳥も羽を休める時がきたようだ 今まで応援ありがとう!」

 女性ファンの黄色い歓声(悲鳴)の中、惜別のテンカウントゴング。

引退式後の滝のコメント「ずっとやってきた仲間に囲まれての引退試合。
 嬉しかったよ。 今までありがとう。 なんか寂しい気もするが、この5年間本当に充実してた。 今後の行く末を見守っていきたいね。」


 ロイヤル北条の退団、ミシェール滝の引退、南の無敗伝説の終焉。
4年目終わりから5年目はとにかく色々あった。

 アイコン ドルフィン「でもまだまだあるんです。 でもね今回はここまで。続きは次回! まったね~」



  なおこのサイトで使っているアイコン、バナーなどは
 (C)2005 松永直己 / SUCCESS
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。
 のでよろしくお願い致します。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援の1クリックを願いします。→blogランキング



 
PR

2006/08/30 10:39 | Comments(0) | GEAR JAPAN編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新旧交代へ。 レッスルエンジェルス団体経営日記5 | HOME | ”総アイドル化計画” レッスルエンジェルス団体経営日記(リプレイ)3>>
忍者ブログ[PR]