忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/21 00:39 |
NEW WINDの物語 第5話「華麗なるチョチョ来る。」
 編集部より。

 これは連載126回にて終了した、『NEW WIND社長風間新手記』を加筆・修正した改訂版です。

 無駄な部分をそぎ落とし、表現にも手を入れてあります。

 印象が変わるかもしれませんが、NEW WINDの歴史を再度振り返っていただければと思います。


 ◇2年目8月◇

 先月末にAACより、AAC王者『チョチョカラス』が8月シリーズに参戦すると連絡があった。
『AAC認定世界ヘビー級王者』チョチョカラス。
実力はAAC『No1』であり、世界的に見てもトップ10には入る存在だ。
 そんな選手がついにうちのリングに上がってくれる。とてもありがたい話だし、旗揚げした頃には考えられないことだった。
 うちも誠意を見せよう。今出来る最上級のおもてなしをしなければね。

 私はマスコミに次期シリーズの概要についてFAXを送った。
「これなら、文句はないだろう。」

☆サマーチャンピオンズカップ・トルネード(8人参加シングルリーグ)☆
参加予定選手 『AAC世界ヘビー級王者』チョチョカラス、『AACタッグ王者』ジョーカー・レディ&デスピナ・リブレ、『AACJr王者』伊達遥、南利美、マッキー上戸、ラッキー内田、氷室紫月

 このリーグ戦の観客動員はチョチョ効果のおかげで絶好調で、3000人会場が面白いように埋まり満員御礼を連発。
 これは経営者としては素直に嬉しいのだが、肝心なのは中身だ。
やはり折角きていただいたお客様に「次回も観戦したい。」と思わせる試合をお見せできないようでは困る。
 うちの選手たちもデビュー当初に比べればかなり逞しくなり、魅せるプロレスは出来てきている。だけど、まだまだチョチョカラスの存在感には敵わない。
 客席が一番沸くのが、チョチョカラスの試合というのは、正直悔しいね。伊達や南の試合が一番沸くようにならないといけないな。
 なおリーグ戦は、チョチョカラスが圧倒的な格の違いを見せつけ全勝優勝。
 伊達と南の二枚看板はデスピナを撃破する事は出来たが、王者チョチョカラスどころか、ナンバー2のジョーカーレディにすら勝つことは出来なかった。

優勝 チョチョカラス(全勝)
2位 ジョーカー・レディ   
3位 伊達 遥&南 利美

リーグ戦で南が現Jr王者伊達を撃破。
この結果、次回のシリーズで伊達VS南のジュニア王者戦の開催が決定。
 南の悔しさが力になるか、それとも伊達がエースの意地を見せるか。楽しみな一戦になりそうだ。
 さてこのリーグ戦では勝ち星こそ伸びなかったものの、マッキー上戸が『AAC王者』チョチョをかなりの所まで追い詰めてみせた。
 得意の投げ&力技を駆使してカウント2.9まで王者を追い込む大健闘。
 AAC側はこの戦いぶりを評価し、マッキーは次期シリーズでのチョチョの防衛戦の相手に指名された。
・・・半分かませ犬のつもりかもしれないが、あの試合を見る限りは、マッキーにもチャンスはある!
「マジかよ!これはチャンスだぜ!」
 さすがにこの決定には一同びっくりしていた。
「くっ・・・」
伊達とのジュニア王座戦が決まっている南だったが、この決定は不満そうだ。
ジュニアを飛び越してのヘビー王座への挑戦。
伊達&南に比べ遅れていた感のあるマッキーの大チャンス。
 このチャンス、逃すなよ、マッキー。 

◇2年目9月◇

 第7戦高知大会、ここは南の地元。
地元でのタイトル挑戦とあって、超満員札止めの観衆を集めることができた。
 
 この試合最大の山場は23分過ぎ。
南の必殺ネオ・サザンクロスロック(変形STF)がリング中央でがっちりと決まった。
 この瞬間、地鳴りのような大歓声が場内に響きわたる!
「南~~絞れ~~!!!」「離すな~~!!」「落とせ~~!!」
 観客からの声援は南に集中。
ベビーフェイスの伊達なのに、これでは完全にヒール扱いだな(苦笑)
それにしてもSTFで「落とせ」はないよなぁ・・・フェイスロックだぞ。
 必死にロープに逃げようとする伊達。
 絞る南! あと少し!
ロープに手が届きそうになった伊達を、リング中央まで引き戻す!
伊達はかなり苦しそうだ。
「遥~~!!」
 わずかにいるらしい伊達ファンから必死の声援が飛ぶ。
それに応えるかのようにロープににじりよる伊達。
ついに伊達がロープをつかむと、客席から溜息が漏れる。 
(ここだ!)
私はここが勝負どころだと思った。
 この技が解けた瞬間が勝負の分かれ目だと。
技を解き立ち上がろうとした南が、一瞬気を抜いたのが分かった。
(あっ・・・)
 その瞬間だった。
伊達の『必殺』シャイニングフェニックスが南にクリティカルヒット。
 南にとっては痛恨の一撃だったか・・・
バン!
バンッ!
トニー館レフェリーが首を左右に振ってからマットを叩く。
バンッ!
カウント3が入り、伊達の逆転勝利。
南が気を抜いた瞬間を狙い済ましたような一撃だった。
「・・・ありがとう。」
右手を差し出す伊達。
「あそこまで完璧だったのに・・・」
南は伊達の握手を拒否し、マットを殴りつけるとさっさとリングを降りてしまった。
「南はまだまだ強くなれそうだね。」とダンディさん。
「ええ。伊達の存在は彼女にとっていい励みになりますよ。」

伊達遥 初防衛に成功!!

☆AAC認定世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負 ☆

 ありがたい事にシリーズ最終戦の鳥取大会は超満員札止めだ。
マッキーの凱旋興行であり、その凱旋興行がタイトルマッチ、しかも団体初のヘビー級のシングル王座挑戦。これで盛り上がらないわけがない。試合開始前から熱気ムンムンだ。

「しかしマッキーが挑戦権を手に入れるとはね~」
「普通は伊達だろ?」
「なんか前回のシリーズでの内容がよかったからさ、王者直々の指名らしいよ。」
「ふーん、かませ犬じゃなければいいいけどさ。」
 こういったファンの反応はある程度予想済みだ。
私がファンの立場だったらそう思うだろうしね。
同期より遅れていたマッキーにとってココは大チャンスだ。勝てば、逆にリードできる場面なのだから。
 青コーナーから入場してきたマッキーは気合がみなぎっている。
行け、マッキー。

 そして試合が始まった。
先月のリーグ戦同様、キャリアおよび総合能力で上回るチョチョの手数が多い。格下のマキー相手でも慢心せず、常に先手・先手をとってくる。
成長したとはいえマッキーは得意技に偏りがある。そのせいか試合運びがまだまだ荒い。
 パワーはあるから、一撃一撃は重いので、技さえ決まれば流れを引き戻すことは出来る。
このあたりは伊達・南にはないマッキーの特徴だ。

 17分過ぎ、ここまで互角の流れだったが、ここでチョチョが一気にスパート。
 ボディスラムでマッキーをリングに叩きつけると、高速でポストに駆け上がり、『必殺』のムーンサルトプレス!
「ぐうっ!!」
マッキーの呻き声が聞こえる。
これはまずいかもしれない、どこか痛めたのかも・・・
 マッキーはなんとかこの一撃を2.9でクリア。
右手で左の肋骨を押さえてフラフラと立ち上がる。
 そこへチョチョのラリアットが炸裂し、マッキーの体がマットへ沈む。
「マッキー~!」
 場内から悲鳴のような声援が巻き起こる。
 技は完璧に決まっていたし、3カウントが入る可能性が高い。
「まだだ!」
カウント3寸前でサードロープへ足をかけるマッキー。
「OK.ロープ!」 
なんとかロープエスケープで3カウントを回避したマッキーは、ここ一番でしか出さない大技に行く。
「バ・カ・ヤ・ロ~~!」
 マッキー渾身の『マッキータイガー(ダブルアーム式ジャンピングパイルドライバー)』が火を噴く。
 マッキーならではの豪快な一撃。 
だがしかし・・・この一撃を2.5でクリアしてみせるチョチョカラス。
(これが世界レベルか・・・)
今までの外国人選手だったらこれで決まっていたはずだ。
「嘘だろ? マジかよ。」
 マッキーは呆然としつつも、起き上がってきたチョチョカラスへ『マッキーボンバー』を叩きこみに行く。
 だが、その勢いをボディスラムで切り返えされてしまう。
 そして素早くコーナーを駆け上がったチョチョカラスは、再度、ムーンサルトで華麗に舞った。
2度目のムーンサルトプレスを返す力はマッキーには残っていなかった。

「21分47秒、ムーンサルトプレスからの体固めで、勝者チョチョカラス!」
敗れはしたものの、この試合でマッキーの評価は一気にアップ。
伊達・南との差はないと、評価は一気に高まったのだが・・・
 残念な事にこの試合でマッキーは肋骨を痛め、次期シリーズを欠場する事になる。
 
 






PR

2007/07/28 18:45 | Comments(0) | NEW WIND 改訂版

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<NEW WIND外伝 第6話「決着」 | HOME | 今度は滝か。>>
忍者ブログ[PR]