忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/11 09:28 |
サクセスモード ファーストベースマン
 さあいよいよパワメジャですよ。
実況パワフルシリーズといえば、”サクセス”に限ります。

 いや・・・別に限らないんだけど、一番好きなモードなんだよねえ。

 パワフルズ・アメリカンルーキー編からスタート。
まずはゲームに慣れるために、ファーストベースマン(1塁手)を作成してみます。
 まあ毎回ファーストから作るんですけどね。
イベントをチェックしながら、打撃能力のみを上げていく感じです。
 あまったポイントで他の要素もカバーしていくというところですね。
ちなみに最初に作ったファーストは、スタメン→ベンチ→2軍→第2チーム・・・と徐々に落ちていく運命にあります。
 なれてくると最初に作った選手なんかは使う気にならないですからねえ・・・
 さて右投げ右打ちのカインくん。
お約束ですが、サクセススタート後は監督を追っかけます。
 もうホントお約束ですよねえ(笑)

 監督を追っかけていたら、なにやら”ガッツ”なるものが。
どうやら近作では、ガッツを溜めて、練習するとポイントがたくさんもらえるらしいです。
 ガッツ(最大5段階)+他にガッツしてる人と連鎖する事によってより多くのポイントがもらえるそうです。
 連鎖・・・
ぷよぷよ???

 がなんとなく頭によぎります(笑)

さて、試合に出れるようになったカイン君。
 コの段階で6月です。
くらばー、もぎり、ベンチ入り・・・と順調に進んでます。
 で、プレイヤー的にヤバイのが、熱スタの影響で、上手く打てないことです(苦笑)

 どうも熱スタのタイミングが残っているので、イマイチ不調なんですよね。
 おかげで1年目は最下位。。。
こりゃスカウトされないだろうなあ。。。

 ちなみに”サンドストームリーグ”がはじまる前の段階で、ミートE パワーD でした。

 サンドストームリーグではなんと!! 休めないんです。
いやー参ったね。
 4本程持参してたパワリン&前の週を休みにしておいてよかったよ。

 おかげで、レベルの高い練習+ガッツで効率よくポイントを稼げます。

 2年目開幕。
 このころにはミートC パワーB(120)くらいまで上昇。
ようやくヒットが打てるようになってきた。
 が、チームも弱い。。。
 なんとか3位はキープしながら練習に明け暮れる。
アナウンサーのケイトとデート?しながらイベントのチェックをする。
 結局最後まで付き合う事はなかったのだが。。。

 試合ではようやくホームランを打てるようになってきたのだが。。。
勝てない試合も多く(負けてはいない)
 スカウトの評価は上がっていないような気がする。
ちょっとヤバイカナ。。。。
 ファーストプレイはいつもこんなだもんなあ。
弾道を上げるバットを買ったら、デートイベントで弾道上がってしまった! 失敗したなあ。。。 ミート上げるバット買えばよかったよ。。。
 
 結局3位でシーズンを終えたパワフルズ。
とうぜんスカウトには断られてしまった。。。
 となるとトライアウトしかないわけで。。。

 実践打撃形式のトライアウト。
目標結構厳しいなあ。。。
 まだタイミングがとれないので、やや苦戦。
なんとか2本スタンドに叩き込み、ライト前に安打をはなつことにも成功。
 ギリギリ合格点をクリアに成功する。

いやー危ない危ない。。。


 で、出来上がった選手はこんな感じ。

 カイン 右投げ右打ち 1塁手 背番号61

弾道4 ミートB(6) パワーA(153) 走力D(8) 肩G(3) 守備F(5) エラー回避率F(5) 
 パワーヒッター ケガしにくさ チームプレイ○ 

備考1:パワーヒッターはポイント獲得
備考2:ケガしにくさ はサンドストームリーグ完走でゲット。
備考3:チームプレイ○ は チケット売却イベント 全て売却成功でゲット

 なお最終的には 走力+1のスパイク 守備&エラー+1のグラブを装備。


 まあしばらくは代打で活躍してくれそうな能力。
クリーンナップも打てそうだけど、守備が低いのでDH専門かなあ。。。


 最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援の1クリックを願いします。→blogランキング

  
PR

2006/05/12 11:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<サクセスモード セカンドベースマン | HOME | お気にいりの武将たち>>
忍者ブログ[PR]