忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/17 14:46 |
新たなる風の物語 第74話「反攻」

NEW WIND社長 風間新 手記「新たなる夢のはじまり」より 

 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2のリプレイとなります。
 旧作版のNEW WINDとはお話上のつながりはありませんが、登場人物などは一部同じものを使用しています。

◇3年目9月

 この日行われた高知大会のメインWINDは小鳥遊&メガライト&十六夜組とカオス&キャシー&アニー組による6人タッグだった。
 小鳥遊たちはアニー→キャシーの順に的を絞って戦闘不能に追い込み、カオスを孤立させることに成功する。いくらカオスが強くてもこの3人を相手に一人で勝つのは不可能だ。
十六夜をダークスターハンマーでKOしたカオスだったが、さすがにメガライト&小鳥遊の団体エースコンビ相手では分が悪かった。
「フンっ!」
 カオスのパワーボムが決まるが、それをメガライトがカット。
「だっしゃああっ!」
 小鳥遊はガルムズボンバーを決めるとあとをメガライトに託す。
「オワリダ!」
 さすがのカオスもガルムズボンバーを受けた直後にベリー・トゥ・バックをもらってしまっては3カウントを聞くしかなかった。

「フッフッフ…これは負けには入らん。」
 カオスは不敵な笑みを浮かべ退場していった。
「あいつの場合は…強がりじゃねえからな…」
 この小鳥遊の言葉は次の大会であっさりと裏付けられてしまう。
「くそおおおっ…」
 愛弟子朝比奈とのコンビでカオス&キャシーと対戦した小鳥遊だったが、カオスのダークスターハンマーで3カウントを奪われてしまった。
「ぜってえ、勝ってやる!」
 小鳥遊はそう誓ってリングを後にした。


☆9月シリーズ“秋風”第4戦香川大会

 セミWINDに組まれたのは朝比奈とコーディのシングルマッチだった。
「ギブアップ?」
「の、ノーだ!」
 アルゼンチンバックブリーカーで担ぎあげられた朝比奈がギブアップを拒否。
「ナラバ!」
 さらにゆさゆさとゆさぶり朝比奈の背骨を傷めつける。
「ぐうううっ…」
「どうだ!」
「ノー!」
 朝比奈はギブアップをしない。
「チッ…」
 コーディは舌打ちをするとドサッと朝比奈を投げ落す。
「タテ!」
 コーディは起き上がりに合わせて体当たりを仕掛けるが、これを朝比奈はオーガクラッシャーで切り返した。
「グッ…」
「しゃああああっ!」
 朝比奈はケンカキックを挟むと、もう一度オーガクラッシャー!
「フォール!」
「OK!」
 レインボー岩城レフェリーがカウントを取る。
「ワンッ!…トゥ!……スリー!!!」

 カン!カン!カン!
試合終了を告げるゴングが鳴らされると朝比奈は座わりこんだまま両腕を突き上げた。
「やったぜっ!みっつとってやったぜ!!」
「あっさひな!あっさひな!」
 場内は朝比奈コールの大合唱だ。
「これは驚きましたな。WWCAナンバー2のコーディをシングルで破るとは。」
「この間の桜崎の勝利の効果ですかねえ。」

 そしてこの朝比奈の勝利は正の連鎖を生むことになる。
「よっしゃ!押さえとけっ!」
 カオスを裏拳でダウンさせた小鳥遊は器用にコーナーポストに上った。
「オウ!」
「うふふ…任せたわ。」
 メガライトと十六夜がリリイとキャシーをリング下に叩き落とし、試合をすべて小鳥遊に預けた。
「カオス!これで砕け散れえええっ!」
 小鳥遊はコーナーポストから高々と舞った。
「うわああああああああっ!」
「げえええええええっ!」
 様々な声が飛びかう中、小鳥遊は100キロの体重を乗せたダイビングフットスタンプをカオスの無防備な鳩尾に突き刺した。
「グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ~~!」
 このカオスの叫びがその威力を物語っている。
「OK、フォール!」
 トニー館レフェリーがカウントを数える。
「ワンッ!……トゥ!………」
 トニー館レフェリーは首を横にふってから3度目のマットを叩いた。
「スリー!!!!」
 スリーの大合唱の後、一拍置いてから「どわああああああああっ!」というどよめきが広がった。
「ヘッヘ…飢餓地獄へ落ちたな。おい、カオス。次の地獄で待ってんぜ!」
 カオスはダメージが大きくまともに動けずコーディたちの手で運ばれていった。
「ついにやりましたな。」
「ですね。あれは嫌な技ですね。観ている私もなんだか腹が痛くなってきました。」
「フットスタンプは地味ですが、痛みがわかりやすいですからな。…正直私もあの技はもらいたくはないですな。」
 カオスからタッグとはいえ勝利できた意味は大きい。いつかはシングルでも勝てる日が来るだろう。私はそれを待ち望んでいる。

第75話へ
PR

2009/01/29 18:00 | Comments(2) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

うわー、シングルでコーディから穫りましたか。相手が一番衰退してる時だとはいえ、頑張ったなぁ……。
この調子でいつかメガライトや大将の足元を脅かして欲しいものです。(カオスとは言わない辺りがセコい(^^;))
ふぁいとー♪>朝比奈
posted by 水瀬URLat 2009/01/29 19:23 [ コメントを修正する ]
 朝比奈はがんばっていますよ。
資質では後輩に勝てませんが、彼女にはキャリアと、NEW WINDのエースである大将との絡みという二つの武器があるので、出番は多いと思います。
 今後も要チェックです。
posted by Nat 2009/01/29 23:28 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新たなる風の物語 第75話「TWWA」 | HOME | 新たなる風の物語 第73話「トーナメントを制するのは…」>>
忍者ブログ[PR]