忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 02:17 |
月明かりの少女 その3「電話」

月明かりの少女~憧れを☆に隠して~より 


 ※こちらはレッスルエンジェルスサバイバー2リプレイNEW WIND編のサイドストーリーとなります。


「うーん…見れば見るほどクール&エレガントだわ。」
 那月が見ているのは南&北条の試合のみを集めたDVDである。数日前に発売になった新作のDVDに那月は熱中していたのだ。
 LULULU…LULULU…
 不意に携帯電話が鳴り響き、那月はビクンと体を震わせてしまった。
(ふふっ…私もまだまだエレガントじゃないわね…)
 那月はそんなことを思いながら携帯電話を右手で拾い上げ、発信者をチェックした。
「あら…珍しいわね。」
 那月は携帯に表示された珍しい名前に驚きを隠せなかったが、すぐにボタンを押した。
「もしもし…」
「あっ!もしもし、ナツ姉?」
 携帯からでかい声がする。
「…そうよ。志保は相変わらず声が大きいわね。エレガントじゃないわよ。」
「てへへ…ごめん、ごめん!」
 電話の相手は小早川志保。福島に住んでいる那月の従妹である。
 子供のころから小食で家の中で遊ぶのが好きで服装もエレガント志向だった那月に対し、志保は食欲旺盛で表を駆け回り服装もジーンズにトレーナーという対局の存在だった。
 だがなぜかウマが合い大分と福島という遠く離れた場所に住んでいながらも実の姉妹のように仲がよかったのである。
「で、どうしたのよ?志保が電話してくるなんて珍しいじゃない。いつもはメールなのに。」
「てへへ…ちょっと頼みがあってさ。」
「なによ?言っておくけど大食いなんかしないわよ。」
 那月は志保の性格を踏まえて予防戦を張った。
「なんだよ、それ。そんなことナツ姉に頼むわけないだろ!」
「ま、それはそうよね。」
「そうだよ!」
「で、頼みって何よ?」
「うん。来月さ一緒に大阪行かない?」
 唐突に志保が言う。
「はあ?なによ、それ?」
「いやさ~、どうしてもプロレスを見に行きたいんだけど一人じゃダメって言われてさ。ナツ姉と一緒ならたぶんOKだと思うんだよな。」
「プ・プロレス?」
「そ。あ~忘れてた。ナツ姉ってああいうの嫌いだったっけ…」
 エレガントではないという理由で格闘技を見ないことを思い出し、志保のテンションがガクンと下がる。
「一応聞いてあげるけど、どこの団体を見に行くのかしら?」
「えっ?」
 志保は驚きの声を上げる。
「なによ?」
「いや…意外な言葉が出てきたからびっくりしてさ。ナツ姉の口から“どこの団体”なんて言葉が出てくるとは思わなかったから。」
「うるさいわね!…コホン…で…もう一度聞くけど。」
「ああ、NEW WINDだよ。」
 志保の言葉に那月はやっぱりという気持ちになっていた。
「NEW WIND…」
「そ。知っているかは知らないけど今人気のある女子プロレス団体なんだよな。」
「大阪…MAX WIND?」
 那月は南の顔を思い浮かべていた。
「おっとなんだよ、知ってるんじゃん。」
「まあね。有名だから。」
「だよね。で、どう?」
「いいわね。大阪にはおばあちゃんの家があるし、問題ないんじゃないの。」
「よっし、決まりだね!」
 こうして那月と志保はNEW WIND大阪大会観戦を決めたのだった。
「で、志保はなんでNEW WINDを見に行くの?」
「これは秘密なんだけど、NEW WINDの入団試験を受けることになっているんだ。それで一度ビッグマッチを見学しておこうと思ってさ。」

「入団テスト!?」
「そうだよ。」
「あそこはレベルが高いって聞いたけど…」
「まあね。普通なら”私みたいなチビじゃ…”って思うところなんだけど、知り合いに頼んでテストを受けてもいいよって許可貰ったんだよ。」
「へえ…そうなんだ。ところで知り合いって?」
「うん?知っているかは知らないけど、『ミスターDENSOU』っていう変なオッサン…ていうか緑色のマスクのレフェリーなんだけどね。」
 那月は何度かスカイブルーのリングに登場した緑色の覆面をしたレフェリーを思い出していた。
「ああ、あの人…」
「うん。入団が決まったとかじゃないけど、特別にテストしてくれるんだってさ。」
「そう。あなたがプロレスをねえ…」
 入団テストという単語を聞き那月の心にある思いが芽生え始めていた。


第2部飛翔編-19へ
PR

2009/03/12 18:00 | Comments(2) | サバイバー2リプレイ NEW WIND編

コメント

やっぱり小早川でしたか
緑のマスクのイカしたアイツが登場した時点でそんな気はしたんですけどね(笑)
しかし、今回はホント予想が出来ないですねぇ
残りの一人は、アミダででも決めようかな(爆)
posted by 豆腐屋の哲URLat 2009/03/12 22:32 [ コメントを修正する ]
>哲さん

 わかりやすいヒントでしたからね。少々サービスしすぎましたかね。
ちなみに予想しづらだろうなと思ったのでクイズにしたんですよね(笑)
posted by Nat 2009/03/15 01:22 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<5期生正解発表と6期生下馬評 | HOME | 新たなる風の物語 第2部飛翔編ー18「先輩から受け継ぐもの」>>
忍者ブログ[PR]