忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/29 20:19 |
俺達マッスルブラザーズ 第2話「グレート」

「グレート!グレート!」
 観客はここぞとばかりにグレートコールを送る。


「こいっ!」
 声援を浴びて調子に乗ったのか、グレートは意気揚揚と力比べを挑む。
「ふっふっふ…」
 カオスは余裕を崩さず力比べに応じた。
「せいっ!」
「ふっ!」
 リング中央で女子プロレス界でも屈指のパワーを持つ二人がぶつかりあう。
「ぐぎぎぎぎぎぎっ…」
「ふっふっふ…」
 パワー自慢のグレートだったが、カオスの圧倒的なパワーの前になすすべなく押し込まれる。
「グレートっ!」
 パートナーからの声援を受け、グレートはもう一度力を込め直した。
「グレート!グレート!」
 ファンの後押しを受けて、グレートはカオスを押し戻す。
「うおおおおおおおおっ!」
 グレートは押し返した勢いを利してそのままカオスの巨体を持ち上げると、素早くクラッチを切り替え変形のフェイスバスターでリングへと叩きつけた。
「フゴッ!」
 カオスは思わず呻き声を上げた。
「グレート!グレート!」
 場内からはグレートコールが巻き起こる。
「よっしゃあああ!」
 グレートは高々と右腕をつき上げると、そのままジャンプしてヒジを落とす。
「うおおおおおっ!」
 しかしそのジャンピングエルボードロップは決まらなかった。なぜなら、カオスがグレートのヒジをキャッチし片腕でグレートの体を支えていたからである。
「なにいっ!」
 グレートはあまりの出来事に驚きを隠せない。
「ふっふっふ…」
 カオスはもう片方の手でグレートの首を掴むとそのままコーナーポストへと放りなげた。
「ぐあっ…」
 グレートは思わぬ反撃にたじろぐ。
「ふっ!ふっ!」
 カオスはたじろぐグレートに向かって、重い掌打を連打する。
「ぐはっ!ぐはっ!」
 グレートの顔が衝撃に歪む。
「あ…じゃないグレート!肉のカーテンだ!」
 パートナーからどこかで聞いたことのあるようなアドバイスが飛ぶ。
「!」
 グレートは両腕のガードを上げ、カオスの掌打を防ぐ。
「ふっ!ふっ!ふっ!」
 カオスは連打のスピードをあげ、さらに打ち込んだが、グレートは見事にガードし直撃を許さない。
「ふっ!」
 ムキになったカオスは大振りの右掌打を打ち込む。
「待ってたぜっ!」
 その右腕をヘッドスリップで避けたグレートは、すぐさま間合いを詰めるとカオスの喉を引っつかみ強烈な喉輪落しを決めた。
「どおだあああっ!」
 グレートはそのまま片エビに決めフォールに行く。
「カウントだよ。そーれ、ワンっ!…トゥ!…」
 カオスはカウント2で肩を上げた。
「くそっ!」
 グレートはムキになってストンピングを乱打する。そう、連打ではなく乱打。感情任せの攻撃だけに、ポイント・威力などが全てバラバラだ。
「落ち着けグレート!」
 パートナーが声を飛ばすが、冷静さを欠いたグレートのストンピング乱打は止まらない。
「はあっ…はあっ…」
 攻め疲れをおこし、息切れするグレート。
「ふっふっふっ」
 不思議な事に攻撃されていたカオスはピンピンしている。
「ふっ!」
 カオスはグレートの首根っこを掴むと、ショートレンジのダークネス・ハンマー!その威力はすさまじくグレートの大柄な体が2回転してリングへと叩きつけられた。
「グレート~~~~!!!」
「ゲホッ…ショートレンジでこの威力…化け物かっつーの!」
 足がガクガクとしているグレートだったが、どうにか立ち上がることに成功した。

PR

2008/09/03 18:00 | Comments(2) | マッスルブラザーズ

コメント

おお、思ったよりちゃんとやり合ってるし(笑)。
エルボードロップが軽々と持ち上げられちゃった辺りにカオス様の化け物っぷりを感じました。さすが真のラスボス。負けるなー、がんばー♪>グレート
posted by 水瀬URLat 2008/09/03 19:05 [ コメントを修正する ]
 パワー自慢ばかりなので、特徴を出すのに苦戦していますが(笑)カオスは新しい末次版カオスをイメージして書いてみました。 あのラスボスっぷりならこれくらいできそうだなと。
 
posted by Nat 2008/09/05 00:48 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<大空みぎりVSフォクシー真帆 | HOME | NEW WINDの物語 第42話「一期生」>>
忍者ブログ[PR]