忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/01 03:33 |
コメント欄での発言に一言もの申す!

「ふむ。そういうことですか、困りましたな。」
 ダンディ須永の顔が曇る。
「ですが、そればかりは本人の問題ですからな。それに対してどうこう言うのはどうかとも思いますが。」
「…いや、文章主体のサイトを持っているものとして、これは一言もの申さねばなるまい。ましてや、よそ様の神聖なるコメント欄を汚すわけにはいかないからね。」
 声の主は姿は見えないが、その声はかなり憤っているようだ。
「ふむ、それならば お止めはしません。くれぐれも過激な発言だけは気をつけてくださいませ。」
「ああ、わかっているよ、ダンディ。だが、わかっていても…どうなるかはわからん。それほどこの件に対して憤りを感じているのだから。」
「わかりました。くれぐれも発言にはご注意を。」

 ※続きから毒吐きます。※
毒吐きですけど、出来れば皆さんに読んでいただきたい内容です。

 以前からそうなのですが、自分ではサイトを持っていないことをいいことに、人様のサイトのコメント欄で、ネガティブ発言をする方が目立ちますよね。
自分のサイトがないからこそ、そういう発言をするのでしょうけど…正直なところ常連ROMの一人である自分としては許せないんですよね。
 だからといって、よそ様のコメント欄で挑発とも思える行為をする気はないのです。
私は幸いなことにサイト持ちですから、自分のサイトを使ってその件に触れさせて頂きます。

 特定のキャラクターのファンが多いのはレッスルの特徴です。
どんなに公式ではひどい扱いを受けていても、それぞれのキャラを愛しているというのはわかります。
 できることであれば、そのキャラにはいい思いをして欲しいと思う気持ちもわかります。
だからといって、別の人が書いたその愛するキャラクターの扱いが気に入らないからと、まったく関係のない場所で発言するのはどうなのかと。
 そういうことは自分の中にしまっておくべきであって、あえてそれを書くなら「自分のところで書け!」と言いたいわけです。
 自分のところで書くぶんには、その人のページでありサイトなわけですから、訪問する側はそれを受け入れることができます。
 ですが!
 よそ様で書くということは、そのサイトのファンに不快な気持ちにさせるものです。
 私は、その人の書く文章を読みに行っているし、にぎわうコメント欄を楽しんでもいます。ですが…そのサイトの主でもない人物が、不快なコメントを書くことは許せないのです。

 とくに私は物書きサイトの管理人ですし、さまざまなシチュエーションで試合ものから日常のものまで、数多くのキャラクターを書いてきています。
 嫌なとり方をすれば、自分への遠まわしな批判とすら、とれる発言なわけです。

 自分が好きなキャラが負けているシーンをみたくないなら、見なければいい。だけど、本当にそのキャラが好きなのであれば、負けるシーンも受け入れられるはずです。

 プロレスを題材としている以上、勝ち負けは必然的に存在するわけですし、それに常勝するプロレスラーなどありえないわけですよ。
キャラクターへの愛が狭いなとすら感じます。

 例えば祐希子がボロ負けする描写があったとしますよね?
そのキャラクターが負ける描写をみたくない人は、そこでその話をみなくなるでしょうね。
 だけど、負けた祐希子がリベンジを誓って特訓し、凄い試合をして勝つ話がその後にあったとしたら? もったいない話ですけど、その人は、その素晴らしいお話を絶対にみることはないでしょうね。
 なぜならば、「負けるのが怖い、いやだからもうそこの話は見ない」と決めているから。
 受け入れる勇気がない、怖いという狭いキャラクターへの愛情で、可能性を狭めてしまっている。
 せっかく大好きなキャラクターであり、大好きなレッスルエンジェルスなのであれば、そういうのも楽しめる心を持ってもらいたいものです。
 書き手によって十人十色…いろいろと面白い作品があります。それを楽しめないなんて、もったいないと思いませんか???

 私はもったいないと思います。大きな愛を持って、それを楽しめばいいと思います。
 好きなキャラクターがかませ犬なんて許せない?私から言わせれば傲慢ですよ、そんなの。
 言葉の裏に…もっと資質の低い、例えば村上姉妹ならかませ犬でいいという気持ちが透けて見えます。
 この場合…村上姉妹のファンからすれば、「舐めるなよ!」ですよ。
それぞれのレッスルがあるわけで、いつだって公式の理沙子・祐希子・めぐちぐが強ければいいというものではないのです。
 好きなキャラクターが活躍する話を書いてなにがわるいのかと!

 伊達・南がまけるよりも勝ったほうが私だって嬉しいです。
でもね、負けたとき描写などかららしさを感じるのも私は好きなのです。

 これはあくまでも私の考え方であり、これを押し付ける気はありません。変える気がないのであれば、それはそれでいいと思います。
 自分の好きな話を書いてくれる人のところにだけ行って、楽しみ、そしてそこにコメントを残せばいいのです。
 ただし、ネガティブな発言をしなければです。
それが出来ないのであれば、自分の殻に閉じこもっておき、レッスルブログ界への出没は控えた方がいい。
 
 資質もそうですが、サバイバーのシステムは与えられたものであり、愛もまた然り。
 それすら受け入れられないのは問題外、たんなるわがままに過ぎないのです。
 自分の好きな設定を守るなら、自分のエリアでやって欲しい。それが私の偽らざる感想です。

 そうすればお互いに不快な思いはしないでしょうからな。(~_~;)

 ただ、できれば私は、みんなで楽しめるレッスルブログ界であって欲しいと思っています。
 数多くあるゲームの中で、レッスルに魅入られた人たちにとって、楽しい交流の場であり、共通の楽しみなのですから!!

 最後になりましたが、この文章を読んで不快な思いをされた方には申し訳ない。
 楽しめる文章を書くつもりだったのですが、そんな気分ではなくなってしまったので。

 物書きサイトさんの管理人さんなら、少なからず同じ気持ちではないかなと思っています。

 皆さん、それぞれの愛するレッスルを尊重しながら、レッスルを楽しみましょうね。
 
 NEW WIND管理人N




「少々厳しい発言ですな。あまり褒められた態度とは言えませぬぞ。」
「すまない、ダンディ。君たちが活躍する話を書きたかったのだが、物書きサイトの一員をしてこのことだけは書いておきたかったんだ。」
「ふむ…ま、仕方ありますまい。物書き側からすれば気になるところですからな。」
「…基本的には読みたい人に読んでもらえればいいと思っているよ。できることならば、それが多いほうが書いていて幸せではあるけどね。」


 これからも皆さんに楽しめる文章を書くようにしていきますね。

 レッスルを愛する者として…



PR

2008/06/14 01:00 | Comments(3) | レッスル関連

コメント

N様、お久し振りですm(__)m


今回のご意見は自分も賛成です


やはり読み手にもマナーというのはあると思います


扱ってるのがレッスルだけではないですが自分のサイトも攻撃を受け大変でした(-o-;)


[‥あの時は励ましのメッセージ頂いてありがとうございました_(._.)_]





個々のサイトはその人の個性があり、それを批判するのはやはり間違いだと自分も思います


読み手の人にもしっかりとした読者としての責任を感じて欲しいです
posted by ゼロat 2008/06/14 22:00 [ コメントを修正する ]
レッスルという女子プロレスをテーマにしているだけに、サイトさんごとに各キャラクターの位置付けや、当然勝負事の描写はあるわけですので、そこを踏まえたうえで読むのがルールだと思います。
キャラクターも多いゲームですので各個人のお気に入りなども十人十色だと思いますが、よそ様のサイトで自分の好きなキャラが思うようにえがかれなかったからといって誹謗中傷するのはネチケットに反すると思います。
折角ここまでファン間の交流があるレッスル界において、今回のような事は以後ない事を願いたい物です。
posted by シローURLat 2008/06/15 01:36 [ コメントを修正する ]
他のブログ様でうちのブログ名を直接書かれてしまったので
問題のコメントを書かれた方の名誉の為に、こちらの記事を読んで
誤解をされている方にご説明させていただきます
今回のコメントはとあるSNS内のSSを読んだ方がうちのコメント欄に
ご自分の好きなキャラの扱いにがっかりしてもうリプレイや試合のSSは読みたくないと書き込んだもので
決して、特定のサイトやブログまた作品を名指しで「批判」や「誹謗中傷」したものではありません
何かNさんのお書きになった意図と微妙に違う方に誤解をされてるようなので
大変失礼だとは思いましたが、ご説明させていただきました
最後に、問題の書き込みがあったブログの管理者として改めてお詫び申し上げます
posted by 豆腐屋の哲URLat 2008/06/15 08:40 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<時間が足りません… | HOME | 選手視点挿入話「師匠との一騎打ち」>>
忍者ブログ[PR]