忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/27 12:30 |
レッスルキャラの「グーパンチ」

 思いつきはいつも突然に起こるものです。
短編を書こうかなとテキストを立ち上げたNの脳裏にふとひらめいたキーワード…それは『グーパンチ』でした。
 これでSSを書こうとしたのですが、いつの間にか違うものに。中身は続きからどうぞ。


「なにがグーパンチだ。パンチはグーに決まっているじゃないか。」
 との名言がありますが、レッスルキャラがグーパンチを使ったシーンとその理由を考察してみましょう。

 マイティ祐希子の場合

「さいたまあああっ!」
 ということで、自分勝手な行動を繰り返す市ヶ谷を制裁する時に使うでしょう。
なんとなくですが、試合終了後とか会見中にやりそう。
 まあ、リングの上だったら、ドロップキックかなあとも思いますが。


 ビューティ市ヶ谷の場合

「このおおおっ!」
 ボディへのパンチを放ち、ビューティボムへのつなぎに使いそう。
もちろん、祐希子に対しては打ち込んでもおかしくないですね。

 サンダー龍子の場合

 相手をコーナーへ追い詰めての、逆水平チョップ、喉笛チョップとのコンビネーションでしょうか。
って、それはモデルレスラーですね。
 でも龍子のイメージでは普通に使いそうです。

 村上姉妹の場合

「たあああっ!」
「いてええええっ!」
 相手を羽交い絞めにして、思いっきり拳を振るい誤爆しそうです。なんとなくですが、そんな感じです。

 八島静香の場合

「綾の恨みだっ!」
 ということで、榎本綾を泣かせた人に制裁の拳です。きっちり試合でオトシマエをつけるイメージですね。

 越後しのぶの場合

「ばかものっ!」
 当然殴られるのは3バカこと永原・金井・富沢でしょうね。
グーパンチというよりも、ゲンコツな感じです。


 ジャスティス越後の場合

「食らえ!正義のパンチだ!」
 もちろん反則です。
 ですが、5カウント以内なら反則ではありません。これはルール内の正義の行いです。
 ほら、戦隊ヒーローだってちゃんと5カウント以内で殴っていますよ。
正義戦隊ジャスティス5のメンバー(ペガサス藤原、バーニング真田、橘みずき、秋山美姫)は全員正義の行いです。


 バーニング真田の場合
「うららああっ!」
 トマホークチョップが飛び出しそうですが、きっと手が燃えている感じですね。
正義戦隊のなかでは一番拳が似合う気がします。


 近藤真琴の場合
「この拳で天下をとる!」
 表拳から裏拳へのコンビネーションが浮かびます。
うん?グーパンチじゃないような…

 斉藤さんの場合やっぱり正拳突きでしょうか。

 プロレス的にはロープに振って戻ってくる相手にWの正拳なんですけど(クラッシュギャルズおよびクラッシュ2000の基本ムーブ)

 ライラ神威の場合

「だあああありゃあああっ!」
 勿論ライラが単なるパンチを出すなんてありえない。
メリケンサックをはめていたり、チェーンを巻いていたり、こぶしの中に鉛を握りこんだり…必ず何かプラスしそうですね。



 榎本綾の場合
「ふええええん。」
 殴った手が痛くて泣き出し、レフェリーストップ???

 

 以上急に思いついた記事でした。
他の選手についてはまた考えようかなと思っていますが、他の方が便乗する可能性もありますからねえ(笑)

PR

2008/07/02 18:00 | Comments(2) | レッスル関連

コメント

いつか祐希子VS市ヶ谷で「パンチ」をやろうと思っていたもので、
先を越されてしまいました。
やっぱり、本気で嫌いな人間と戦うなら、
まず最初に殴りかかるだろうということで、
この2人の勝負はグーパンチから始まると思ってます。

あと…鏡なんかは流血させた相手の額に打ち込んだりしそうですね。
posted by ライトオURLat 2008/07/02 23:45 [ コメントを修正する ]
 いやいや書いてくださいよ、グーパンチ。
楽しみにしています。私は材料を提供しただけなのです。こうやって考えると面白いなと思ったので。
 鏡さんは残虐超人?ですか(笑)やりそうだけど。
posted by Nat 2008/07/05 01:16 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<レッスルキャラの「ハイキック」 | HOME | DQ5 創作SS「はじめての出会い」>>
忍者ブログ[PR]