忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/18 07:35 |
新咲 柊士さんの投稿作品『ライバル』
 この作品は、『新咲 柊士』さんの投稿作品になります。
創作の為の43のお題より、お題ナンバー7「ライバル」です。

 続きからどうぞ。

新咲 柊士さん、ご投稿ありがとうございます。



【ライバル】


某県某所
桜も散り、春も終わりを告げようかという季節
ある少女の話

少女『お姉ちゃんは、どうして一人なの?』
少女は問いかける
少女『わたし大きくなったら、お姉さんみたいに強くなりたいな』
少女は笑顔で話しかける

少女は何故、私に声をかけたのだろうか??
私が強い?笑わせる
たった1個のメダルために、仲間もコーチも全てを捨てた私が?

少女『お姉ちゃんは、**は好き?』
少女は問いかける、好きでやってるんじゃないの?と

続けて
少女『私は好きだよ!だって、あの四角の中じゃ、自分の力でなんだって叶えることができるもの』
と満面の笑顔で話す

ハッと気がつく、自分はどうしてこの道に入ったんだろう?
好きだったからじゃないのか?
目的と手段が入れ替わってないのか?
今の自分は、少女の憧れに値する人間なのか?

君は、どうして、私に声をかけてくれたの?
もっと強くて格好いい人もいたでしょ?
つい、気になってたことを口に出してしまった。

少女『格好いい人はいたけど、強いのはお姉ちゃんだけだった』
私だけ?
少女『そう、一人で戦ってたのはお姉ちゃんだけ』
そっか、一人か…、周りに誰もいない只一人、馬鹿だな私は…
ふと顔が緩んでいる自分に気づく
少女『?』

君にお願いがあるんだけど?このあと、私を応援してくんないかな?
少女『いいの?』
少女は、困惑気味に問い返す
ああ、やっぱり、一人じゃここらが限界みたいなんだ、だから応援があれば勝てる気がするんだ
少女『うん!!応援する!!』
今度は、笑顔で答えてくれる

次は決勝戦、メダルに手が届くところにいる
でも、最早そんなことはどうでもよくなっていた。
少女の声援に応えられさえすれば…


君の名前は?
少女『***』


桜が咲き、そして散る
幾度かの季節が過ぎ、少女は天高く舞い上がる
夢を見る側から、夢を見せる側へと…


某県某所

世界ヘビー級タイトルマッチ試合会場

現王者 マイティ祐希子
vs
挑戦者 前王者 ビューティ市ヶ谷




市ヶ谷『おーーーほっほっほっほっほ!!!全国6000億人のファンの皆様!今宵は、このビューティ市ヶ谷の戴冠式にようこそおいでくださいました!!』
祐希子『馬~鹿!!そんな人数どこにいんのよ?連れてきてみなさいよ!第一、また返り討ちでベルトは私のものなの』
市ヶ谷『全く、これだから田舎の貧相な小娘は困りますわ、まあ、そんな相手ですから、今宵は一人の声援でも十分!!貴女をリングに沈めて見せますわ!!』
祐希子『なに言ってんだか?一人しかファンがいないって正直に言いなさいよ』
市ヶ谷『そんなに早く負けたいのかしら?』
祐希子『さっさと埼玉へ帰らしてあげるわ!』

両者コーナーから飛び出し、リング中央でガッチリと組み合う!!

カーーーン!!
実況『ここで、試合開始のゴングだ!!』







 原文をそのまま掲載しております。


PR

2008/04/09 18:00 | Comments(0) | 参加企画

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今週も感想文いきます。 | HOME | Nと彩菜のSSアカデミー 第4回「試合について」>>
忍者ブログ[PR]