忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 17:33 |
”小悪魔が ニヤリと笑う 熊の背で”
”レッスル川柳イラスト化作品 SS化チャレンジ” 
 N版 第18弾です。
気楽にお願いします。

 ※このSSは公式内の川柳のイラスト化作品を元に管理人Nが勝手に構築したものです。
 設定はほぼ管理人の創作です。

 かなり性格づけを脚色してありますので、覚悟の上続きへとお進みください。

※ジャンル:「つかさのときめき☆メモリアルS・H・U版」
 正義戦隊ジャスティス5 第13話「悪夢の記憶」



「きゃはっ。ダラシナイなあ。」
 サキュバス真鍋がリング上でダウンしているレイと美加を見下ろしている。
「手応えないねえ。正規軍ってこんなものかい?」
 とグリズリー山本。

 ジャラララ、ジャッジャ~ン!
 と例によってちゃちなヒーロものの効果音が流れる。

出たな、ジャスティス5!
 内心バカらしいと思うグリズリーだが、これは仕事である。
 公私は分ける主義であるので、ちゃんと役目はこなしているのだ。

「世の為、人の為、悪の野望を打ち砕く、ジャスティス5!この正義の光を恐れぬならかかってこ~い。」
 との前口上で登場したのはジャスティス越後率いる正義軍だ。
 まあ、率いるというよりは、藤原と橘に強引に担がれたというのが真相だが。
 花道に颯爽と登場したジャスティス5。
これからお馴染みの口上を述べるシーンなのだが・・・


「かかってやるよっ!」
 それを背後から横から、チェーンを手にした村上姉妹と、パイプ椅子を装備したライラが急襲する。朝比奈もフォークを装備して参加。
 さらには復帰したばかりの八島もメリケンサックを片手に参加している。

「ひ、卑怯よ!」
 と橘が声をあげるが・・・
「卑怯?それは、“ほめ言葉”だぜっ!」
 と千秋。
 武器・・・もとい凶器を装備した相手に不意を突かれてしまっては、さすがのジャスティス5もどうにもならない。
 リーダーのジャスティス越後は、チェーンで場外フェンスに縛り上げられ、バーニング真田は場外フェンスに叩きつけられた上に、さらに椅子の山に埋められてしまった。
 ペガサス藤原もパイプ椅子で頭を割られ、流血。そして越後と同じくチェーンで場外フェンスに縛り付けられてしまう。
 秋山にいたっては、朝比奈のフォークで額を割られた上に、ライラの“デスバレーオンザデスク”で意識を失っており、橘ひとりだけが必死に抵抗していた。
 だが・・・多勢に無勢である。どうにもならない。
 やがて八島のメリケンナックルがボディに決まり、橘は動けなくなってしまった。

「ちゃんと捕まえておいてよ。今日はすっごい屈辱を与えてあげるんだから。」
 と真鍋。
 いつのまにか2階東側バルコニーにいる。

「グリさん、お願いします。」
「おう。おら、橘いくぞ~~。」
 押さえつけられた橘に声をかけ、グリズリーが意外なものを取り出した。

「タ、タライ?」
「くすくす。正義の味方が“タライでごっつ~ん”なんて絵にならないよね~。」
 と真鍋はグリズリーの背中の上でせせら笑う。
「や、やめてよ~。」
「やめないよ~だ。グリさんお願いしま~す。」
「だとよ!くらえ橘!!」
 2Fからのタライが身動きできない橘を襲う。

 ガンッツ!!

「あ~っいい音。」
 場内から笑い声。
「きゃははっ。」
「おら、もう一丁。」

 ひゅうう・・・ゴンッツ!

 正義の味方、ジャスティスウイング橘、悪のタライ2連発でダウン。

「きゃははっつ」
「ぐははははつ。」
「だ~ははっは」」
「けけっ」
 笑うSHU。
「どうした雑魚だけ5の皆さんよ?これでおしまいか?」
 とグリズリー。 

「どうやらもう抵抗できないラシイヨ。じゃあ仕上げいこっか。フレイアー様~。」
 真鍋が呼ぶと南側スタンド階段からフレイア鏡が登場する。
 ここで女幹部フレイアのテーマが流れる。 
妖艶な笑みを浮かべ、色気たっぷりに階段を下りていくフレイア。

「フレイアさま~~!!」
 男性ファンから声が飛ぶ。
 フレイア鏡はSHUの一員でありながら、あまりブーイングを受ける選手ではない。人気のある女幹部なのである。
 よく見るとフレイアは手に包みを持っている。

「お持ちしましたわよ。うふふ、もうこの子たちの悲鳴が聞こえますわ。」

 包みをひらくと中身は白い“パイ”である。
よくTVのコントで顔にぶつけるアレが大量に入っている。

「お下がりください!大変危険です。よけないと・・・ぶへっつ」
 リングアナの顔面が真っ白にそまる。
「こうなりますわよ?」
 とフレイア様が妖艶ボイスでサービス。
 盛り上がる場内。リングサイド席は巻き込まれては大変とばかりに、皆カバンを抱えて走りだす。

「まずは越後!お前だ!」
 オーガ朝比奈が力任せにパイを叩きつける。
「よ、よせっ!うばああ」
 チェーンでしばり上げられ、身動きできない以上避けようがない。」
「おら、祭りだ。」
 次々にパイまみれになる正義軍。
「おらよ。」
 最後の橘はタライに敷き詰められたパイの中に、真鍋のフェイスクラッシャーで叩きつけられた。

「きゃははっ。カッコわる~い。」
 熊の背中にぴょんと飛び乗り、”仕掛け人”真鍋がニヤリと笑った。

 肉体ダメージよりも精神ダメージを与える策であり、正義軍には結構効いたようだった。

「真鍋~・・・ふざけんなあ!」
 と叫ぶペガサス藤原。
「ふふ~ん。まだ元気じゃん? 千春・千秋アレやるから後ろ向きにして。」
「命令すんなっ!」
「ふざけんな!」
 と文句をいいつつも藤原を後ろ向きに縛りなおす村上姉妹。

 うーん、根はいい奴なのかもしれない。

「藤原、覚悟!てえいっ!!」
 真鍋は両手を合わせ合掌のポーズをとると、しゃがみこんでからそれを天空に突き上げる。
 ・・・いや突き上げたのは天空ではなくて、藤原のヒップの中心部であったが。
「ぎゃやあああ・・・」
 悲鳴を上げる藤原。 

 真鍋はニヤリと笑うと、拳銃の先の煙を吹き消すまねをしてから・・・
「ちゃんと洗ってる?」と一言。
 場内爆笑。

 これに気をよくした真鍋は、「きゃはっ、じゃあさ。最後にリーダーいじめちゃおうか。」と。
 これを合図にパイまみれになった越後の顔をグリズリーはゴシゴシとふく。

「いたたっ、なにをする気だ!」
 フェンスに縛られているが、口調は強気のままだ。
「あら、これだけやられてまだ戦意があるようですわ。真鍋さん、アレをやりましょうか。」
 といってフレイアは越後に近づいていく。

「くすっ。強気な女は好みですわよ。」
 とフレイアは言うと、越後の首筋に舌を這わせる。
「な・・や、やめろおっ!」
 このシーンには観客ドキドキ。
 突然のフレイアの行為に越後は悲鳴を上げる。
「うふふ。いい声ですわね。」
「よ・・・よせ・・うっ・・・」
「あらあら、どうなさったのかしら?」
 フレイアはここで、すっと越後から離れる。
 ほっとした越後だったが、それは甘かった。

「えいっ!」
越後の眼前には真鍋のドアップ。
「なっ・・・」
ぶっちゅううううう!!

 真鍋が油断した越後の唇を奪ったのである。
越後は抗議の声を上げようとするが、声にならない。

「ぷはあああっつ。」
 一息つく真鍋。

「“鋼のディフェンス”っていうけど、唇はやわらかかったよ~」
 と真鍋はわざわざマイクでアピール。 

 越後は動揺と、怒りと恥ずかしさで真っ赤だ。


 なおこの乱闘の模様は

「小悪魔つかさちゃんの、ときめきメモリアル・・・通称ときメモ炸裂!鋼のディフェンス崩れる。」

「越後、聖地で、悪夢のメモリアル・・・・」
 とプロレス雑誌のトップ記事を飾った。 


「きゃははっ、今度は誰にしようかな。」
 グリズリーの背中に乗って退場する真鍋はまたも策略を巡らせていた。



(終)




「真鍋!覚えとけっ!!」
 怒り心頭の越後と藤原であった。
ファンの間では越後はファーストキスを奪われたという噂が駆け巡っていたという。
(真偽のほどは定かではない。)

 正義軍にとっては悪夢の記憶となる一夜であった。

(終)


“小悪魔がニヤリと笑う 熊の背で”

主演 サキュバス真鍋
出演 ”S・H・U”
グリズリー山本、オーガ朝比奈、村上千春、村上千秋、ライラ神威、八島静香

 フレイア鏡

“ジャスティス5”
ジャスティス越後=越後しのぶ
ジャスティスウイング=橘みずき
ペガサス藤原=藤原和美
ボランティアファイター=秋山美姫
バーニング真田=真田美幸

“見習い”
富沢レイ、金井美加

リングアナ 



☆解説☆
 川柳SSのはずが、なんか別物になった気がするな。

 山咲竜児さんのイラスト化川柳をもとにNアレンジで構成したものです。


“ときめきメモリアル”(通称ときメモ)=キス攻撃は、元GAEAの広田さくらの得意技の一つでした。
 精神的ショックによるものか、それとも口臭によるものかは不明だそうです。
 参照
 ジャガー横田にはおきて破りの逆ときメモでフォール負けをしています。
(その試合は生観戦していました。)

 水瀬さんも書いていましたが、真鍋の凶器攻撃はボ・ラギノール(カンチョウ攻撃)で、必殺技はときメモでしょう。
 まあタライやパイも捨てがたいですけどね。(なぜドリフ・・・)

 


 ↓ご意見・ご感想などはこちらからどうぞ。





PR

2007/05/17 20:00 | Comments(5) | 正義軍VS超悪役軍

コメント

きゃー、楽し過ぎますっ♪ こちらでは越後さんが被害に遭ったんですね>ときメモ きっとこれからも被害者はどんどん増えていくに違いない。
てか、タライとかパイとか、よく考えつきますねぇ(^^;。どちらも、ときメモとは別の意味で精神的ダメージでかそう……。
posted by 水瀬URLat 2007/05/17 20:17 [ コメントを修正する ]
これは、すでに独立した物語だな~w

次回”正義戦隊ジャスティス5”!
 正義の拳が真っ赤に燃える!リベンジに向け、強化合宿に入ったジャスティス5・・・でるか、新合体技!?
・・・好きな食べ物はアンパンだ!(笑)

とか~(笑)
posted by オーサカURLat 2007/05/18 00:46 [ コメントを修正する ]
>水瀬さん

 あえてリーダーに犠牲になってもらいました。
今後連続奪唇事件に発展しそうです。

 タライはですね、広田のネタにあったのですよ。パイは、タライからの連想です。
 今度はどうしようかなあ・・・

>オーサカさん

 うん私もそう思ってます。
この設定だと筆が早いです。楽しいのです。
 
 なぜか美沙風。
これはそのうち、川柳関係なく続編を書きそうですよ。

 シリーズ化構想中です。
ネタ募集中(笑)掲示板までどうぞ。
posted by Nat 2007/05/18 01:48 [ コメントを修正する ]
かつてない惨劇に見舞われたジャスティス5!
熊の威を借るサキュバスの、魔の手というか唇が正義を汚しに襲い来る。正義の心というか乙女心が怒りに燃える!出るか、逆境からの新必殺技!
次回、第14話「悪夢再び」に正義こそジャスティス!(ちゅどーん)

などとテンションが上がるくらいのS・H・Uの大活躍を楽しませて頂きました(笑)
これはジャスティス5ファンのヒートを買いますね~S・H・Uファンと一触即発ですよ!越後が退団しかねないピンチを迎えた、正義の巻き返しに期待しております!
posted by HIGEURLat 2007/05/19 21:06 [ コメントを修正する ]
 目茶苦茶悪い事をしてるわけでもない、むしろ笑えるのですが、インパクトを残すのがS・H・Uなのです。 

 ハサミで髪を切ったり、リングで乾杯したり、タバコをすったりはしません。
 悪は悪でも、愛される悪がS・H・U。

 このあとの14話は構想はあるのです。

ただ、それに関連した句を送る予定だったのですが、越後さんが・・・イラスト化されてしまった・・・
posted by Nat 2007/05/19 21:16 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<H?h? | HOME | ”正比例 ボタンの数と 心拍数”>>
忍者ブログ[PR]