忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 03:39 |
社長室へようこそ~風間新とダンディ須永の「天使の羽ばたき」 VOl.2
「あなたに新たなる風を送ります。こんばんは、風間新です。」
「いつも心にダンディを。こんばんは、ダンディ須永です。」
 社長室へようこそ~風間と須永の「天使の羽ばたき」のタイトルロゴとテーマ曲が流れる。
「いやーどうもお久しぶりです、風間新です」
「2年以上ぶりの番組放送ですな。どうもダンディ須永でございます」

「もう二度と放送はないかと思っていたのですが」
「確かにそうですな」
「もともとオーナーの思いつき企画ですからね。まあしょうがないでしょうけど」
「ですな。それに最近は元ネタの放送もストップしていますからな」
「どうせオーナーもさっきまでこのラジオネタの存在を忘れていたとみる」
「その可能性はありますな。ところで、今回のゲストを紹介しないと……」
「そうでしたね。今回のお客様は、横浜のお嬢様プロレス団体”SPZ”の元社長今野さんです」

「どうもはじめまして、今野です」
「どうも、風間新です」
「ダンディ須永です」
「いや~お二人とお会いできるなんて光栄です」
「こちらこそ。あの老舗団体の元社長今野さんとお会いできるなんて光栄ですよ」
 風間と今野氏はガッチリと握手を交わす。
「今回は今野さんが愛情を注いで育て上げた団体の日誌が1000回の節目を迎えたとのこと、祝福いたしますぞ」
「ありがとうございます。まあ、わたし自身は途中でリタイアしてしまいましたが」
 今野氏苦笑いしながら、頭をかく。
「いやいや、今野さんあってのSPZですから」
「ありがとうございます。そういってもらえると…ウッウッウ」
 涙もろくなったままの今野氏、しばしむせび泣く。
「今野さんの娘さん、フローラ小川の引退試合が記念の1000回となりましたが、どんなお気持でご覧になっていらっしゃいました?」
「涙なしにはみられませんでしたね。リングサイドから見守っていたんですが、涙とまらなくて。ただ、親としては安心した部分もあります。社長をやっていた身でこんなことをいうのもあれですけども、やはり娘が傷つくのはね」
「確かにそうですな。気持ちはわかりますぞ」
 ダンディ須永はウンウンと頷く。
「ダンディさんの息子さん、娘さんもプロレスラーですもんね」
「わかっていただけますよね、ダンディさん」
「わかりますとも」
 共通点がある二人、うんうんと頷く。
「SPZでの一番の思い出はなんですか?」
「うーん、公私混同になってしまうかもしれないんですが、やっぱり”ひかる”と出会えたことですね」
「はっは。そうきましたか」
「ええ。レスラーとしてもしっかりと団体を支えてくれましたし、それ以外でもたくさん助けて頂きましたから」
「いいことですな」
「はい。そして、数多くの所属選手たちに感謝しています。誰か一人がかけても、SPZは成り立たなかった。私にとってみんな大事な家族ですから」
「その気持ちはわかりますよ。私にとってNEW WINDのメンバーはすべて大事な家族ですからね」

「では今野さん、SPZのこれからについて一言頂けますか?」
「はい。私はもう関与することはできませんが、みなさんの力を合わせてSPZらしいプロレスを展開していったもらえればと思います」
「ありがとうございます。では最後にフローラ小川元選手へ一言お願い致しますぞ」

「はい。花子、12年間にわたる現役生活お疲れ様。決して恵まれた体格ではないのに12年間も良く頑張った。これからは、いままでの分もゆっくりと楽しく過ごしてほしい。そして、私の代わりにというわけではないが、ひかるをよろしく頼むよ」


「今野さんどうもありがとうございました。」

「というところでお時間ですな。社長室へようこそ~風間新とダンディ須永の「天使の羽ばたき」お相手は…」
「NEW WIND社長、風間新と!」
「NEW WIND総合コーチ兼、現場監督のダンディ須永がお送りしました」

PR

2010/10/11 01:00 | Comments(0) | 社長室へようこそ

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<8か月。 | HOME | 快挙? それとも偉業?>>
忍者ブログ[PR]