忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/29 04:15 |
その3 軍師の力
さて津軽家を滅ぼした竜我軍。
 当主津軽為信を配下に加えることに成功。
 統率も高いし知略も95もあるし、使える武将だ。
師真(100超)、林則嘉(99)、三楽斎(90)、英真(89)とともに戦場での計略担当を・・・
 
 師真「殿、某と林はともかく我が弟英真は確かに頭は切れますが、それは商人としてであり、戦場では・・・」

 そうその通り。 
英真は頭はいいが、計略および戦法は一つも身につけてはいないのだ。

 竜我「ま、そういうな。 項武の手助けくらいはできるだろう」

 項武は竜我家が誇る剛の者であるが、少々頭が足らない。
武勇、統率ともに天下に誇る猛者なのだが・・・

 師真「項武には(原作通り)林を副官としてつけます。 林なら簡単には見劣りますまい」

 津軽家の隣は南部家と安東家。
このうち安藤家とはまだ同盟が残っているので、蝦夷地から送った兵と、津軽で集めた兵で南部に出陣。

 守る兵力は23000。

こちらは 項武+林+英真 の騎馬隊10000と、竜我雷+師真+津軽為信の騎馬隊15000だ。

 南部家も当主自ら迎えうつも、猛将項武の騎馬突撃戦法と、師真らの計略でたちまち壊滅。
  篭城し、奮戦するも、師真の”火牛”&”篭絡”、林の”混乱”などでズタズタに寸断され、指揮系統が乱れたとこへの項武隊の騎馬突撃を貰っては・・・
 
 南部はわずかな兵を率いて港へと逃げ込むしかなく、その港も項武隊に攻めかかられ、わずか3000の兵では守りきれずあっさりと滅亡。

 南部以下の使える武将はそのまま竜我家に取り込むことに成功。

 猛将も強いが、このゲームでは計略の力は強い・・・
軍師の力量が勝敗を大きく左右するのだ。

 この先の大名家の軍師(知将)は・・・最上義光(大名)、伊達政宗&片倉(伊達家)、直江兼続(上杉家)といったところ。

 軍師不在の相馬、佐竹、安藤は問題にならなさそうである。

 
blogランキング
PR

2006/02/24 10:50 | Comments(0) | TrackBack(0) | 革新プレイ日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<本能寺の変 ~信長の野望の終焉~ | HOME | その2 北海の竜>>
忍者ブログ[PR]