忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/11 09:28 |
応仁大転封 プレイ日記
 さて3回目となる信長の野望。
 今回は隠しシナリオ”応仁大転封”をプレイしてみようと思う。

 このシナリオは、応仁の乱のときに、大名の配置換えを行った設定になっており、それぞれの大名家がありえない場所に存在している。

 例えば九州の大名 大友が東北。
東海一の弓取り今川が越後。
 甲斐武田が関西、尾張織田→土佐、越後長尾→中国地方。
というように全然戦略が変わってきてしまうのだ。

 で、せっかく四国にいるから織田でプレイする(笑)

 


 さて織田信長でプレイする。 今回は中級でのプレイ。
実は初級以外でプレイするのは信長の野望シリーズで初めてだったりする。
 しかし・・・多分秀吉などの在野・浪人武将はこのシナリオでは手に入らないだろうなあ。

 大名家は移動になっても、浪人は同じ場所にいるだろうし。

さて土佐大名織田信長でプレイを始めるのだが、周りをみてみると・・・

 東隣の讃岐・阿波に尼子(笑)
あらら・・・山陰じゃないんだね(苦笑)
 北伊予は河野・南伊予は一条。

 3度目のプレイスタート、と同時に・・・評定。 

信長「一条を攻める。 さくら、権六、我に続け~!」

さくら「はっ! お供いたしまする」

柴田”権六”勝家「御意のままに」

信長「信勝(信行)、そちに留守は任せる。 街づくりをして待っておれ」

織田信勝「かしこまりました。 兄上、ご武運を」

 土佐岡豊城はこのとき兵力10000強。
信長はさくら&勝家の二人を組込んで、7000人で一条家中村御所を攻める。
 プレイ開始2ヶ月目には開戦。
得意の鉄砲攻撃・同士討ちの計略で一条家を削る。
 まあ一条にはろくなのがいないので、楽勝なんだが。

 開始してすぐ2カ国を治める事になると、資金繰りが楽になる。
ここから富国強兵策。
 摂津に君臨する武田と同盟を結び、隣国尼子を牽制。
その間に兵力を増強する事にする。


 最後まで読んでいただきありがとうございます。
最後に1クリックを願いします。→blogランキング

PR

2006/03/24 10:57 | Comments(0) | TrackBack(0) | 革新プレイ日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<応仁大転封 その2  | HOME | 革新・隠しシナリオへの道>>
忍者ブログ[PR]