忍者ブログ
”とある夜のお話” 

NEW WIND ”トニー館のにっき” より

※このお話はレッスルエンジェルスサバイバーのプレイ結果から管理人Nが創作したものです。
 
 このお話は”トニー館視点”で書かれています。
いつもの風間社長視点ではないのでご注意ください。
 この辺りを了承の上”つづき”をご覧になってくださいね。
 ふー今日もきつかったわね。

全試合終了後私は シャワーを浴び今日一日の汗を落とした。

 このNEW WINDにレフェリーとして参加して早いものでもう11年になる。

 NEW WINDにはレフェリーは私と、ダンディ須永さんしかいない。
私ももう30代半ばを過ぎ、体力もやや落ちてきている。

 そろそろもう一人 レフェリーを用意した方がよいと思うのだけど。

 風間社長もそれは考えているようだけど、適任者がなかなかいない。

 内田が一番向いていたような気もするのだけど、彼女は別会社のトップになっているからそれは難しいのよね。

 トゥルルルル・・・トゥルルルル

 あら電話だわ。

「はい、館です。」
「あ、トニーさん?風間です。」
「あら社長、どうしました?」
 社長が電話をしてくるなんて珍しいわね。

「ええ、新しいレフェリー候補が入団しますのでご連絡をと思いまして。」
「へえそれは驚いたわね・・・で、その子はなんていう子なの?」
「杉浦美月です。」
 杉浦美月・・・
たしかインディで活躍していた若手だったと思ったけど。
「たしかレスラーじゃなかったかしら?」
「はい。所属していた団体が潰れてしまったそうで、うちに入団したいという事だったのですが、うちも枠が一杯だったので・・・」
 と風間社長。
「それでレフェリーとして入団させるのね?」
「はい、本人もレスラーは続けたいけど、”分析ではNEW WINDで王者になれる確率は低い”と。」
「でもプロレスに関わる仕事はしたい?」
「はい。なぎさと同じ年ですから、本当ならリングに上げてあげたいのですが・・・」
 私は自分の事を思い出していた。
そう、私はレスラー生活に2年で見切りをつけ、レフェリーの道へと入ったのだから。

「彼女がレフェリーになってよかったと思えるように立派に育ててみせます。」
「お願いします。トニーさんのような輝くレフェリーに育ててください。」
「ちょっと、社長。レフェリーはあくまで主役じゃないわ。」
「ですね。失言でした・・・」

 杉浦美月・・・新しいレフェリー候補か。

 ちょっと楽しみかも。

「さ、明日から仕事も増えるし、一杯だけ飲んで寝るとするかな。」

 今日は第1試合から盛り上がっていたわよねえ。

 私のお酒のつまみは、その日の試合のVTR。
レフェリングのチェックもそうだし、あの子たちの成長を確認するためでもある。

 そういえば今日の反省点は、藤島の技に魅入ってしまったこと。
カウントがワンテンポ遅れてしまった。

 私としては失態だし、あれでフォールを返されていたら藤島に申し訳なかったわね。

 でも、藤島のあの西陣織のコスチュームと飛び技のフォームの可憐さはついつい見とれてしまう。

 私にもあんな頃があったなあ・・・


 なんてね。 
  

 ちょっと酔ったかしら。


 杉浦美月・・・どんな子かしらね。




 


↓ご感想などはこちらからどうぞ。





    
 

    
PR

2007/03/26 23:59 | Comments(4) | NEW WIND編

コメント

 相羽とノエル(なぎさ)がいるのに、杉浦がいない。
 このトリオを出してあげたいけれど、基本的に縛りがある。

 そこでこの登場です。
レスラーとしての彼女を希望されていた方には申し訳ないのですが、これもハッピープロジェクトの一つです。

 なぜトニー館視点かといえば、書くのに制約がないから(オリジナルだけに)です。


 
posted by Nat 2007/03/27 03:02 [ コメントを修正する ]
コーヒーブレイクトリオ登場~♪
なるほど、レフリーも向いてそうですねw
*うちも相羽とノエルと・・・ギムレットが揃いましたねえ~(何年越しかで・苦笑)

あのままコンピューターで終わるのかと思いましたw
posted by オーサカURLat 2007/03/27 23:15 [ コメントを修正する ]
どんな子に言うと、実に大人しい眼鏡っ子です。 頭脳力さえ持った選手には杉浦しかいないだろう・・・・。
posted by 樋蔵(TOY's=SWORD)at 2007/03/28 08:58 [ コメントを修正する ]
>オーサカさん
 それはずいぶん離れたCBTですね。

 現状のNEW WINDを考えると、トニーだけではレフェリー厳しいと思うのですよ。

 何しろ、所属16人(ハッピー枠含む)に3・4団体分の外人が半数近く来るので、シリーズによって違いますが18~30人くらいで興行打ちますから・・・一人じゃきついと思うのです。
 杉浦レフェリーコンバートは面白そうだなと。
賛否あるでしょうが、基本高資質(藤島のみ別)なので。
 
>桶蔵さん
 冷静に突っ込むめがねさんですね。

「レフェリーカウント遅い!」
とかいわれても・・
「いえ、そんなことはありません。1・2のタイミング、3のため具合すべていつもどおり正確です。むしろ今の技の決まり具合がスピード不足だと思いますが」
 といいそうですねえ。

 きっとその選手に殴られるでしょうが(笑)  
posted by Nat 2007/03/28 18:02 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<お礼参り! | HOME | ”幸子と瞳のばちばち生活? 4ヶ月目” その105>>
忍者ブログ[PR]