忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/11 13:07 |
”弟子” その38
NEW WIND社長 風間 新 手記より。



※この手記は基本的にリプレイですが、風間 新 社長視点で書かれており、創作要素を多分に含んでいます。
 ここでの各登場人物の設定は公式なものでなく、管理人N独自のものです。
 それをご了承の上、つづきへとお進みくださいませ。
「ええっ!!本当ですかあ?!やったあ!!」
 
 道場に似つかわしくない永沢舞の超音波声が大音量で響きわたる。

 あまりのパワーに道場にいた皆は耳を押さえている。
一人だけ平然としているのは伊達だ。

(さすがに5月から永沢の専属コーチをしているだけあるな・・・)
と私が耳を押さえながら関心していたら、伊達は耳へ手を持っていく。 

 スポン!と音がして伊達の手には耳栓が収まっていた。

「み、耳栓?」
「・・・うるさいから。」
なるほど、慣れたわけじゃなかったのね。

 WWCAから連絡があり8月のタイトル戦挑戦者を指名してきたのだ。
タッグにはサイレントヴォイスを、Jrには永沢を指名してきている。
 本来ならタッグは今一番乗りに乗っているνジェネをあてたいのだが、彼女たちはAACへタッグの防衛戦に行っているので不在。
 代役というわけでもないが、サイレントヴォイスが指名されている。

 で、さっきの永沢の反応は、”Jr王座挑戦決定”を聞いたからなんだ。
 だけどWWCAも抜け目ないよな・・・
そろそろJrを卒業させようかなという永沢を指名してくるとは。
 
 もっとも現在のウチの所属でJr王座に挑戦できるのは永沢と吉田しかいないのだけど。
 
「相手のカトリーヌ・チャンは結構強いぞ。」
「大丈夫です!勝ちます、勝ちます!」
 お気楽だなあ・・・こいつは。
「師匠に教わっている技もあるし、それで決めます。」
「まだ・・・ダメ。完成して・・・ないから、危ないもの」
「えーーーっ!!」
「ダメ。」
「けちっ!」
「ダメったらダメ・・なの。」
「ぶうー。」
「練習・・・足らない・・・」
この言葉に永沢は目を輝かせ、「じゃあ練習すればいいですか?」と尋ねる、
「今月は無理。」
「ちぇ、ケチ。」
 ま、いつもこんな調子なんだよね。
 それでも前よりも伊達がしゃべるようになったし、永沢も伸びてきてる。
 よしよし・・・

「目論見通りって顔ね、社長。」
 南が意味ありげに微笑む。
「またヒール社長な顔してたわよ。」
 図星。
「あっはは・・・別にそんな事は。」
「どうだかね。ところで、舞は来月にはJr枠を外れそうなんでしょう?」
「ああ。ほぼ間違いないよ。実力者そろいだから目立たないけど永沢の実力はもうJrレベルじゃなくなると思う。まだデビュー1年ちょっとだから本来ならばJr枠なんだけろうけど、もはや同じくらいのキャリアの子なんて相手にならないと思うよ。」
「そう。それをわかっていての指名なら向こうも策士ね。」


◇WWCAJr選手権◇

「行っきまーす!」

 永沢がフィニッシュに選んだのはブリザードスープレックス。
フォールが取れる技を覚えたいという永沢に対して、伊達が教えた最初の技。
 これより上の本当のフィニュッシュホールドは今練習中らしいが、Jrレベルならブリザードで十分だろう。

”王者”×カトリーヌ・チャン(7分30秒 ブリザードスープレックスホールド)永沢舞○”挑戦者”

 正直圧勝だった。
強豪WWCAのJr王者にしてはチャンは弱すぎる。
 いや・・・永沢がJrでは強すぎるのかもしれない。

 勝った永沢は一応、喜んではいたようだが・・・

「うーん、嬉しいけど嬉しくないっていうか・・・不思議ですう。」
「それはね・・・多分物足りなかった・・・から。」
 納得がいかない様子の永沢に伊達が声をかける。
「物足りない?」
「そう。もう舞はJrの枠では・・・強すぎるの。」
 伊達は例によってボソボソとしぇべっているのだが、力強さは込められている。
「じゃあ・・・もうヘビーに転向した方がいいのかな?」
「そうね。うちにはJrいらなくない?」
 前半の言葉は永沢に、後半は私に向けての言葉のようだ。

「確かに、Jr王者はいらないのかもな。」
「私返上します。ベルトは嬉しかったけど、私の欲しいベルトはJrじゃないですう。こっちです。」
 吉沢は伊達の腰を指差す。
もちろんベルトは巻いていないのだが・・・意味はわかるよね。
  

 なおWWCAタッグ王座はサイレントヴォイスが抜群の連携を見せる。
クロスボンバー4連発から最後はクロスフェイス・カンナで勝利。
 あっさりとWWCAタッグを獲得。

 そのサイレントヴォイス対決となったEWA認定世界ヘビーは王者伊達がカンナを50分を超える熱戦の末防衛に成功。
 4度目の防衛に成功し、長期政権化しつつある。
 
 伊達の時代はまだ続く。


 こちらから管理人に拍手及びメッセージを送ることができます。





PR

2006/10/27 02:21 | Comments(0) | NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<夢のリングへ 第2話 あとに続く者の苦悩 | HOME | ”プライド” その37>>
忍者ブログ[PR]