忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 00:35 |
”SAYONARAの理由(わけ)パート4” その94
 試合でサプライズを魅せたマッキーは静かにセレモニーを終え、リングを去った。
 
「ちょっと待ったあ!」

 花道の途中まで歩き始めていたマッキーに声が飛ぶ。
マッキーは足をとめる。

「なんだ告白タイムかっ?」
 という声がした。

 古いぞっ!! 
あ、いやわかる私も古いか・・・

「なんだ、武藤じゃねえか!」
 
 振り返ったマッキーが大声を張り上げる。

 そう声の主は武藤だった。

いつの間にかリングの上にいる、それもコスチュームを着用して。

 まだ帰ってくる予定ではなかったはずなのに。

「10分1本でお願いします!
 と武藤。

 武藤の願いにマッキーは笑顔を見せたマッキーは大きく頷く。

「上等だ!潰してやるぜっ!!」

 花道をダッシュしてリングインしたマッキーは挨拶代わりのマッキーボンバー!を叩きこむ。

 私の目にはあえて受けたように見えた。

「マッキー上戸ファイナルスペシャルマッチ、10分1本勝負です!レフェリー、結城千種!!」
 仲間リングアナの声が響く。
いつの間にかリフェリーの格好をした結城がリングに上がっている。
 
 やるな(笑) 
 
「可愛いことしてくれんじゃねえか!」
「潰したかっただけです!」
 と二人は張り手を打ち合いながらいう。
なんだか愛が溢れているねえ(苦笑)
 
 マッキーと武藤の最後の意地の張り合いには10分は短すぎた。
あっという間に時間は過ぎ、試合は引き分けに終わる。
  
☆マッキー上戸ファイナルスペシャルマッチ 10分1本勝負☆
 △マッキー(時間切れ引き分け)武藤△

 後輩との絆を確かめあい、マッキー上戸は引退していった。
 
 ありがとうマッキー、武藤と結城もありがとう。

「あのバカ可愛いとこあるじゃねえか。」

 まったくだ。



 

 そして翌9月、残る最後の一期生伊達が9期生ジーニアス武藤にフォール負けを喫し、引退を表明することになる。


「・・・もう無理っぽい・・・」

 エースと呼ばれた自分が若手に負ける。
さすがに限界を感じたということのようだ。
 これが伊達のSAYONARAの理由(わけ)。

 5月にカンナで、8月がマッキー、そして来月は伊達か・・・

 これも運命であり、神のお導きという奴なんだろうな。

 サヨウナラの理由はそれぞれだけど、NEW WINDを支えてくれたメンバーが次々に去って行く。

「あれから10年か・・・」

 私は旗揚げした頃を思い返す。

 今ほど立派な団体ではなかったから、安い会場を借りて500人、1000人の会場で一生懸命に戦ってくれた5人の旗揚げメンバーたち。
 
 今のNEW WINDがあるのは彼女達の頑張りがあってこそだ。

 そしてエースとして支えてくれた伊達が団体を去る。
すでにライバルだった南とカンナは引退し、最後の好敵手だった結城と武藤にも衰えが見えるはじめた。
 
 弟子だった永沢だってもう21歳、ベテラン選手になった。

 本当にNEW WINDの一つの時代が終わったんだなと実感せざるを得ない。

 感謝の気持ちを込めて、エース伊達遥を盛大に送りだしてあげないとね。


「なんだ、お前も寂しいのか?」
 私は道場に置いてあるリングを撫でる。

 このスカイブルーのリングがちょっと寂しそうな顔をしているような気がしたんだ。 



↓ご感想などはこちらからどうぞ。





PR

2007/01/31 20:33 | Comments(4) | NEW WIND編

コメント

なんだかんだで通常にプレイすると伊達は団体の成長のシンボルになって、一番活躍し、一番長く付き合うキャラですよね。サバイバーでは色々な個性のキャラが出ますが、一番幸せになってほしい性格してますし・・・。私はプレイ十年で1プレイを終えて再プレイしている感じです。しかしNEW WINDを継ぐ後輩達には、引退した伊達を初めとした引退した先輩達に負けない輝きを放ってほしいです。
posted by 赤猫at 2007/01/31 23:31 [ コメントを修正する ]
 >赤猫さん

 ですね。長寿ってのが大きいですよね。
私もGEARの時は10年目で終わりましたが、NEW WINDはまだですね。
後輩達がどう成長し、どう偉大なる先輩達を超えていくかは私も楽しみにしているのです。
 
posted by Nat 2007/01/31 23:49 [ コメントを修正する ]
伊達さんついに引退ですか・・・
現在こちらの世界(SPZ)では8年目8月をオート観戦中ですが、伊達さんのニーリフトはもっとも印象に残る技です。
しかし選手の能力減衰は胸が痛くなりますね。
○小川ひかる(26:15、ローリングソバットからの体固め)南利美×
さっき8年目7月のドーム大会第3試合でこの試合この結末を見たときは涙ぐんでしまいました。
こちらの南さんももう覚悟しといた方がいい状況になってきました。これから一期生大量採用組の抜けた穴をどうプレイされるか、期待しております。
posted by konnoURLat 2007/02/01 01:22 [ コメントを修正する ]
>konno さん

 8年目8月まできてると、いつ引退してもおかしくない状況だと思います。
(GEAR版では8-4、NEW版では8-2)でしたから。
 うちの場合、もう3期まで衰えをみせてます。
(結城は衰えても強いですが・・・)
 戦力の低下は否めないので、上手く乗り越えないといけませんね。
 
posted by N 携帯より。at 2007/02/01 11:18 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<カンナ神威 | HOME | ミニマム>>
忍者ブログ[PR]