忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/20 01:58 |
一休み。
 管理人 N です。
いつもご来訪いただきありがとうございます。

 現在 NEW WIND編(本編)および星明りの少女(スターライト相羽編)を連載(?)中です。

 続きをお待ちになっている方もいらしゃるとは思いますが、一旦解説を入れておきます。

 まず本編であるNEW WIND編ですが、最近出番の増えつつある”フェニックス遥”の性格付けはゲーム内のそれとは大分変えてあります。
 
 本編内で登場してくるフェニは、TYPEAの伊達遥とは別人という設定です。
 伊達遥に似ていると言われて比較され続けた結果、伊達遥に嫉妬心を燃やす”片倉遥”という設定になっています。
ν遥は伊達じゃないを参考に。)

 人見知りで喋るのが苦手な伊達とは違い、片倉(フェニ)はよくしゃべります。
 ようは人見知りではない伊達ということなんですけどね。
 ただ、ちょっと性格がヒールターン気味になっているのは個性を出す為です。

 まあこの辺りは高資質縛りをしている為、TYPEAとTYPEBが同居することが多いNEW WIND編ならではの苦戦部分です。
 他のリプレイを見ていてもあまりこういう被りは存在しないのですが、素質高いキャラを選抜していくとこうなってしまうんですよね。
 (一応NEW WINDは S/A中心、Bまでという縛りです。)
※結果 南とハイブリット南(姉妹)、伊達とフェニ(遠戚)、みこととスイレン(本家と分家)、カンナとシャイ(マスクに導かれた者)、武藤とジーニアス(無関係)という設定が飛び交うハメに。 

 そろそろ別団体もしくはフリーで活動していたB以上の選手達が転生を始めるはずなので、今後は同キャラ被りは減るはずです。
(例 グリズリー、沢崎、秋山、優香など) 

 この高資質縛りは思った以上に取るのに悩みます。
年度によって資質にばらつきがあるので・・・


 さて、スターライト相羽編での、相羽のライバル”ジーニアス武藤”は武藤めぐみ以上にひねくれてます(苦笑)。

 相羽のライバルとしてツンケンした部分を特化させてもらってます。
 だから、3期の武藤めぐみの方が可愛げがあります(笑)
3期の武藤は先輩にも意見したり厭味を言ったりしますが、愛はあるのです。
(マッキーとの関係はケンカ友達イメージ)
ですが、ジーニアスはまったく可愛げがないという感じです。

 こうなった理由は、AとBの差を出す為と、私のイメージする武藤の性格付けと、このサバイバーでの武藤の性格のギャップが激しいから。
 
 スーパーレッスルでは毎回エースにしていたのですが・・・どうもサバイバーの武藤は主人公らしくないような。ということで、ファンの方には悪いのですが、ライバル役で。

 だってねえ、あのしゃべり方じゃライバルの方が適役だと思うんですよ。
 ”才能溢れる生意気娘”と”才能足らないけどスポ根娘”じゃ主人公としてはスポ根娘の方が相応しいし。
 
 サバイバーが発売される前は”いつもどおりエース武藤で”と思っていたんですけど・・・サバイバーで武藤みて、こんな子だったかな?と。
 ダブルインパクトで、主人公にした時ってこんなツンケンしてなかったような・・・
 
 というわけで”才能のある厭味なタイプ”となっているのがジーニアス武藤です。
 ”俺のめぐみはこうじゃない”と思われる方もいるかと思いますが、今後も徹底してライバル役を務めてもらう予定です。

(別に武藤がキライなわけではありません。才能がないとライバルにはなれないので適役なんです。)

 努力家相羽 VS 天才を名乗る武藤 
この同期は書く楽しみがあるので私はかなりお気にいりです。
 
 とりあえず本編に追いつくところまで相羽編を進めます。
 
 もうすぐ追いつけるはずなんで、少ないSPを消費して、加速と集中をかけておきます。
 追いついたら展開を見ながら交互か、どちらかが先行して追いつく感じですかね。
 本編では書き切れない部分を相羽編で補完していく予定です。

 ある種、どっちも本編ですね(笑)



↓こちらから管理人にメッセージを送ることができます。






PR

2007/01/19 22:37 | Comments(0) | NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<星明りの少女 第5話「特訓の日々」 | HOME | 星明りの少女 第4話「ライバルとの出会い」  >>
忍者ブログ[PR]