忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/17 22:19 |
支えてきたからこそ知る真実(前編)
 ☆編集部より 前書きをかねて☆

 長い間、NEW WIND社長 風間 新 手記”我が愛するNEW WIND"をご愛読いただきありがとうございます。

 前回のお話で”区切り”となりましたが、今回はNEW WINDファイナルシリーズ完全制覇を記念し、特別編をお送りいたします。

 このお話は風間新社長の視点ではありません。

 

※このお話はレッスルエンジェルスサバイバーのプレイ結果から管理人Nが創作したものです。
 
 このお話は”???視点”で書かれています。
いつもの風間社長視点ではないのでご注意ください。
 
この辺りを了承の上”つづき”をご覧になってくださいね。
 

 ふわあああ・・・
失礼。どうも春は眠くっていけないな。
 
 で、今日の用件はなんだい?

NEW WINDが12年目を迎えるから特別にインタビューがしたい”だって?
 ふーん、変なやつだな。
普通こんなところに来てインタビューなんかしないぜ。
新ちゃんのところにでもいった方がいい記事書けるのでは?

 ふーん、社長は手記で散々話を聞いているからいい?。
そうか・・・まあいいや。

きっかけ” 

 私は風間新の叔父さんによってこの世界へと連れてこられた。
あの人は熱心だったし、きっとあの人が社長だったとしてもいい団体が出来たと思うよ。
 だけど新人たちの受身の音を聞くことなく亡くなってしまったと聞いた。
 その叔父さんがやろうとしていた団体経営を引き継いだのが風間の新ちゃん、今の社長さ。

風間社長はどんな人
 まあ変わったやつだったよ。
面識もないのにたまに私に話しかけてきたりしてさ。
 えっ?どう答えたかって?
馬鹿だなあ、もちろん無視したよ・・・という表現は正しくないな。
 基本的に無口なんでね。表情では表してあげたつもりだ。
もっとも無表情だからわからないかもしれないけどね。

11年振り返って
 うーんそうだな・・私はずっとみていたけど、みんな最初は下手だったよ。
 指導しているようには受身はうまくとれず、泣いていた娘だっていたもの。プロレスの場合ロープも硬いし。最初の頃は痣だらけだったよ、みんな。

 でもそのうちさ、バーンって気持ちいい音だすようになったんだよな。
受けている身としてはさ、やっぱズバーンといい音がした方が気持ちいいよな。

 誰がうまかった?
 そうだなあみんな個性もあったし、テクニックも違ったからなんともいえないよ。
 伊達は”受”に関しては上手だったね。
テクニック的な受けはというか関節技防御はうまくなかったけど、投げ飛ばされたり倒されたりしたときの受けは上手だったよ。
 受けが上手い選手なんかは安心してみていられるし、伊達は攻撃のバランスもよかったしね。
 ほら、必殺のシャイニングフェニックスだっけ?
あのダッシュして相手の膝を踏み台にしてヒザを叩きこむやつ。

 あれを狙う時の伊達の素早さ・・・あれは凄かったよ。
エースって呼ばれるだけの存在感はあったなあ。
 
 その伊達のライバルとなったカンナ。
彼女は総じていい選手だったけど、パワー不足だったよな。
 あれだけのパワーであの強さだ。よっぽど素質が抜けていたんだろうよ。もしカンナにパワーがあったなら、無敵の絶対王者として君臨していたはずだ。
 あいつはそれだけのセンスももっていたし、努力もしていたよ。
夜遅くまで技の研究をしていたし、あいつの不運は“伊達と結城に挟まれた事”に尽きる。

 その結城こと“ちだね”の奴は必殺のバックドロップが注目されるけど、スーパーフリークとランニングスリーっていう豪快なボム技があるからよ。
 いざって時の引き出しは多かったよな。
それに今までみた選手の中でも粘りが一番だったし。
 
 ・・・おっとまだ現役だったな。だけどここだけの話、もう彼女のエネルギーは残り少ない。役目を終える日はそう遠い日じゃないな。
 
 話を戻すが、もしもだけど、カンナがボム系の破壊力ある技を使えていたらな・・とは思う。そしたらエースはカンナだったな、間違いない。

 カンナが引っ張ってきたシャイニングっていう奴は、カンナほどの素養はないけど、それでも1流選手になれると思う。どこまで成長するかは楽しみではあるね。 

 “好きな技、好きだった技”

 うーん、そうだな・・“ちだねのランニングスリーかな“。
 相手を担ぎあげた“ちだね”が、右手で指差しポーズしてからタッタッタと進む音。
 そしてズバ~ン!と決めるときの音。
はじめてあの技を見たときは震えがくるくらいシビレタよ。
あとは“むとめのダブルスピンムーンサルト”。
みんなは歓声でわからないだろうけど、私には聞こえるんだ。

 空気を切り裂く音がしたら、むとめがコーナーから降ってくるんだよ。
シュッシュルル・・・ズドーン!って感じでさ。


 使い方が荒い選手はマッキーな。
あいつは考えなしにドッコンドッコン落とすから性質がわるい。あれなら吉田の方がイイ。力も吉田の方が上だけど、きれいだよ入り方が。
なんていうかな、これがエースクラスと、普通の上位選手の差だろうな。


(後編へと続きます。)




 ☆編集部からのお知らせ☆


 今回の特別編は特別企画です。
特別編だからこそ、風間社長から見たお話ではないのです。

 そしてこの段階では正体は不明となっております。

?「じっちゃんの名に賭けて、この正体をあてて見せる。」
?「一ちゃん、じゃあ犯人は・・・?」
?「間違いないぞ、ミユキ。犯人はNEW WINDの中にいる!」

?「そう・・・このとりっくには苦労させられました。ですが、犯人は重要な手がかりを残しているんです・・・ハイ。」
?「では、古畑さん、犯人は意外な人物ですか?」
?「んふふふふ・・・」


?「真実はいつもひとつ!」
?「私は気づいていました。」
?「まさか・・・コイツ眠りの小五郎・・・」
?「いえ、私は明智小五郎です。」

?「いいかい石岡君。君は表面しかみていないからわからなくなる。」
?「ど、どういうことだよ御手洗?」

?「うぬは物事の表しか見ておらぬ。この信長は裏をみる。」

?「わかったのかい、ホームズ?」
?「もちろんだよ。この程度のとりっくに気づかない私ではないよ。」


 古今東西の名探偵(一部違う人含む)は気づいたのかもしれません。

そこで、”名探偵に挑戦!”

 今回の特別編の視点を当ててください。

 次回後編のあと、解答を出します。
解答編が出るまでの間、コメント欄、WEB拍手などにて受付いたします。

 ただし、非公開コメントができませんので、web拍手推奨です。

?「ヒント は”川柳”だよ」 
 
 正解者がいれば、ご希望にそったSSをプレゼントします。
(アダルトはだめです。)
 
 ※なお人数が多かった場合 先着+抽選とさせていただきます。

※4月11日午後4時にて締め切りました。※
 






PR

2007/04/09 19:00 | Comments(0) | NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<支えてきたからこそ知る真実(後編) | HOME | ”ありがとう” その108>>
忍者ブログ[PR]