忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/29 04:01 |
神と女神について補足
 管理人Nです。60回まで来ました。
 まだ6年目12月って進み遅いです。
今回はその59と60の補足です。
 
 まず、その59ですが、”リングの神”もしくは”プロレスの神”への話が発端でカンナの素性が明かされます。

 正直ファンタジーなら通用する設定ですが、現実的にはどうかと思ってます。
 ま、プロレスはファンタジーな部分ありますし、これはこれでいいかな?と思ってますけど。
 カンナって素質も高いし、うちでも主力なんですが・・・
リプレイでの主人公にはなれないんですよね。
 どうしても上手く書けないんです。
(他のも上手く書けてるかは謎ですが)

 イベントが少ないので、よくわからないのが本音。
ライラとは必ず接点があるはずなんですが・・・それも謎。
 今回ファンタジーな設定ですが、結構気にいってます。
二人に力を授けた神の名前は元がわかる人はわかるだろうという事であえて書きません。

 謎が多いキャラだと設定を考える楽しみはありますが、性格がつかめないので、ちょっと悪な感じで書いてます。
 実はうちの団体唯一のEVILなんですよカンナ。
なんでEVILになったのかはわからないんですけど、知らないうちに・・・EVILになってました。
 カンナはこんな娘じゃない!
という異論反論あると思いますけど、ここは私のオリジナルなので広い心でみてやってください。

 
 その60の”イシュタル”ですが、メソポタミア神話の女神です。
細かい事は省きますが、アテナ+アフロディーテのような神です。

 ちょっとマイナーですけど、いい味を出してると思うんですよ。
これも自己満足にすぎませんけどね。
 
 こんな世界でよければまた見にきてくださいね。

  ☆管理人 N☆ 


↓こちらから管理人にメッセージを送ることができます。




PR

2006/11/28 23:35 | Comments(0) | NEW WIND編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<”公式リーグ戦” その61 | HOME | ”戦の女神” その60>>
忍者ブログ[PR]