忍者ブログ
NEW WIND オリジナル技辞典(サバイバー2) 
 サバイバー2リプレイ NEW WIND編に出てくるオリジナル技&リネーム技のリストになります。

 ※1年目終了時にリプレイ中に登場分まで収録。

・ガルムズボンバー(ガルム小鳥遊)
 ガルム小鳥遊が使うのど輪落とし。
 投げるまではほとんど通常ののど輪落としと変わりはないが、投げ飛ばしたあとに小鳥遊が体重をかけてプレスするのが特徴。
 公称220パウンド(100kg)を超える小鳥遊ならではの豪快な技。

・ガルムズファング(ガルム小鳥遊)
 ガルム小鳥遊の強烈なニーリフト。鋭い牙で突き刺すイメージから。
食らった相手は腹部に大ダメージを受け、地獄の苦しみを味わうという。


・パーフェクトキック(ロイヤル北条)
 技のフォームと威力が完璧なトラースキック。
北条はこの技を試合序盤からフィニッシュまで幅広く使いこなす。
 この一撃で試合の流れを引き戻すことがよくある。

・フィニッシュバスター(オーガ朝比奈)
 旋回式のスクラップバスター。
 朝比奈の自慢のオリジナルフィニッシュホールドであり、朝比奈のボディビルで鍛えた筋肉あってこそ使いこなせる技といえる。

・ケンカキック(オーガ朝比奈)
 走り込んで右足の裏で相手の顔面を蹴り飛ばす。
ヒールの勉強をと男子の試合をみてマスターしたらしい。
 
・カラミティボム(十六夜美響)
 いわゆるライガーボム。
 十六夜いわく災厄の力が込められているので、カラミティボムだと。なお、フィニッシュを狙うときは災厄の力を多めに込めるとのこと。

・災厄降臨(十六夜美響)
 いわゆるのど輪落としなのだが、カラミティボム同様に災厄の力を集約することで攻撃力をアップしているらしい。
 背もあるしパワーもあるので、災厄込めない場合でも相当の威力があるが、災厄の力の込め方次第では人一人葬るだけの力があるといわれて恐れられている。

・麗華チョップ(ビューティ市ヶ谷)
 市ヶ谷の華麗なるチョップ。

・素敵な麗華様(ビューティ市ヶ谷)
 海外遠征から帰った市ヶ谷が、自らを讃えさせるために名前を変更したのど輪落とし。 
 この技から踏みつけて体固めに行くのが定番ムーブだが、たいてい返される。
 デビュー時から使っている技で名前を変える前の”のど輪落とし”のころはフィニッシュになることが多かったのだが…

・ビューティサンダー(ビューティ市ヶ谷)
 市ヶ谷いわく、「美しき稲妻が走るラリアット。」海外遠征で威力を磨き、帰国後はフィニッシュホールドとして使用している。

・メイデンストレッチ(メイデン桜崎)
 スタンディング式のストレッチプラム。
メイド喫茶のメイドさんが立ったまま接客をしないといけないことからあえてスタンディング式で使用する。

・クロスアームスープレックス(南利美)
 相手の体の前で相手の両腕を交差させた状態から投げるジャーマン。
腕を交差させたり腕をきめたりするのは南の技の基本の型になる。


PR

2005/12/27 11:00 | Comments(0) | NW用語辞典&設定資料

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<信長の野望 革新 プレイ日記 その1 準備と・・・ | HOME | イラスト化川柳 SSチャレンジ!>>
忍者ブログ[PR]