忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/27 07:27 |
お礼と9話感想
 『創作のための30のお題』への早速の参加ありがとうございます。
 思った以上に早い反応に驚いております。

 うちのお題以外にも各所で、参加型企画が進んでいるようですので、みなさんそれぞれの企画を楽しみましょうね。

 私も出来るかぎり参加していきたいと思っています。

 さて、本来ならばこの流れならば『お題SS』を発表すべきなのですが、まだ進んでいませんので、ストーリーアプリ9話の感想を続きから書いておきます。
 例によって、ネタバレ要素多数ですので、覚悟の上お進みください。
   
  8・9話を通してプレイして思ったのは、このストーリーのテーマを背負っているのは実は脇キャラである千歌(せんか)、寿零(本名澪)の姉(本当は従姉妹)であるということです。

8話=寿零、9話=メロディ小鳩 が主人公とされてはいますが、本当の意味でのテーマを背負っているのは千歌。
 すべては彼女の市ヶ谷に対する嫉妬からはじまったことであり、結局その暴走の話にすぎません。
 最終的には自分がコモノであることを気づくも、そのままコモノ路線を邁進するという、救われないキャラでもあります。
 が、そのコモノぶりがいいですね。キャラが立っていて。

 実は一番スカウトしたいと思ったのは、千歌でした。 
小鳩はあまりとりたくはないですねえ。
 「いひ」って笑い方が気に入らない(苦笑)
「旭化成か!」と突っ込もうと思いましたが、すでにともさんが、使ってますね。

 小鳩はボケキャラであり、ストーリーの主人公には向きません。
ボケキャラでありながら、実は凄腕の刺客・・・ありきたりですね。
 そういうこともあり、採用にはいたらず。

零はずいぶん人間らしくなってくれたので、とってもいいかなとは思いましたが、取りたさではレインボー岩城&寿千歌にはかないませんでした。
 千歌が採用できるようになったら、考えます。

 ストーリー内では外国人選手がボコボコにされる展開が続くのですが・・・ちょっと外国人選手の扱いが酷いですね。
 レジェンドや国内選手よりもやっつけやすいとはいえ・・・うーん。
それでも各所でも言われていますが、ジーナのやわらかさ(ほぼALL1)には癒されましたがね。
 ルーチェ・リトルバードという新外国人選手はどういう立ち位置なんでしょうか。
2期生として登場するのか、サバ2に出てくるのか。
 アルコ・イリス(だったかな?)という選手とともに謎ですね。

 愛だけでなく、サバ2もありますから、誰がどう出てくるか楽しみではあります。

 まとめとしては、千歌のスカウト希望ということで(笑)
ナチュラルヒールも好きなんですよね。
 ただ、彼女のしでかした事は簡単に許されることではありませんけれど。

PR

2007/09/20 20:30 | Comments(0) | レッスルエンジェルス愛

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<組み合わせ速報:第2回アジアタッグ 一次リーグ | HOME | ”柔らかな 笑顔で絞めます 頚動脈”>>
忍者ブログ[PR]