忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/17 03:39 |
第5話 サバンナの黒豹
 愛ストーリーアプリ5話の感想を続きから先に書きます。
ネタバレを含みますので、読みたくない方はスルー推奨ですヨ。


 
 

 今回の話は好き嫌いが分かれるでしょうね。
(まあ毎回そうでしょうけど。)

 ディアナというキャラは、もともと背景がしっかりしたキャラです。
なので話は非常に作りやすいでしょう。

 弟、妹のため、生活費を稼ぐため、大人に混ざってプロレスで食っていく。
 プロレスラーになりたかったわけでなく、それしか出来なかったからプロレスをやっていた。
 当然大人になる前の体である以上、無茶なことであり、その結果体がぼろぼろになり・・・やがてソニックに拾われて日本へ・・・

 まあストーリーアプリの内容としては、ほとんどディアナのキャラシートどおりなわけですよね~。 

 絡むのがリンドリのキャラではなく、レッスルのキャラだってだけで。


 内容としては重くなるので、これを受け止めるかどうかはプレイヤー次第。
 私はディアナのその背景を知っているからこそ応援したいので、アリだとは思うけどね。
 
 単純に楽しむには重いかなとは思います。 

 六角&さおさおの登場といい、しっかり1話での伏線を活かしてきましたね。
 寿零も登場、この先への伏線でしょうか。
ただ、あまり好かないキャラだなあ・・・
 


☆第5話データ☆
主人公 ディアナ
出 演 ターニャ、六角、さおさお、マスクドミスティ、ミス・マスカレード、カラス(チョイ役)、ソニ&滝&桜崎&RIKKA etc

 お勧め度 ★★★☆☆ 

 無難にまとめてるけど、結構ダークな気分になります。
 試合も勝たなくていいし・・・

楽しめるかは、プレイヤー次第だろうね。

 これをプレイしてダークな気分になったら映画”ナチョ・リブレ”を観る事をお勧めします。
 楽しめますよ ナチョ。


 あ、そうそう、ディアナはいい娘です。
話が重くなるのは設定のせいであって、彼女に罪はありません。



 ↓感想などはこちらからお願いします。

web拍手を送る





PR

2007/05/14 20:00 | Comments(6) | レッスルエンジェルス愛

コメント

ダークになったらナチョですか(笑)

映画館に行きましたよ、ええ。

メキシコ的なプロレスをまんべんなく表現してくれた良作でしたよね。
あの作品もってレッスルのストーリーアプリより反応してしま(^^;)

男にはぴちぴちのタイツとパンツをはきたい時があるんですよねwww
posted by seizannURLat 2007/05/15 00:31 [ コメントを修正する ]
こんにちは、MCです。おひさしぶりでございます。
むむ、新ストーリーアプリは微妙そうですね。愛の脚本家さんは数人いるのでしょうか、どうにも話によって出来の差がありそうですね。んーこれはキャラに思い入れが無い限り迂闊にアプリはできそうにないなぁ
posted by MCat 2007/05/15 06:53 [ コメントを修正する ]
>seizannさん
 ナチョは明るいですよね。
気分が落ちたら明るくなりましょう。
 
 ちなみに感動ストーリではあるのか?ストーリーアプリは。
リンドリの背景を掘り下げたなあという感じでした。 

>MCさん
 多忙だと思っていたら入院されていたそうで。
お大事にしてくださいね。
 
 話自体はよく出来ていますよ。
ただ、4話よりは劣ります。
 急遽チェンジしたことを考慮すればよいのかもしれないけど、それもおかしな話で、ある程度全体像は作っているはずだし、それにディアナはリンドリなわけだし、背景はしっかりしているのでもう少しつくれたかなと。
 
 第5話は及第点ではあるけど、話が重い分だけお勧め度を下げてみました。
 ちなみに4話はお勧めですよ。 
posted by N@管理人 外出先at 2007/05/15 17:35 [ コメントを修正する ]
・・・今回はディアナ側で全勝目指すと難易度高いですね。タイトル通り(?)、六角さんが強すぎて『愛』ストーリーのために『愛』のメインアプリができない状態でした。やられ放題でも大丈夫な(ラビリンススリーパーもなんのその)場外が無いと倒せないじゃないかと思うくらい戦力差ありましたね。密かに素早さだけは六角さんを上回るらしく椅子攻撃が「打」カードよりあたりますね。
 そんなマリオVSスペランカー級な(苦笑)勝負の話は置いといて、今作は毛色が違う話でしたね。マイナーですがマンガ『軍鶏』に出てくるムエタイの人(家族のためお金を稼ぐのはディアナと同じ設定、でも強い。主人公に片目を潰され表の試合に出られなくなり、その後裏の賭場で戦い続けボロボロになり、数年後再開した時にはまともに戦えない状態で犬と小銭を賭けられ連日戦い、仕舞いには噛み殺される。主人公がひっそり火葬したら実は生きてて燃え尽きる自分の体を見ながら焼け死ぬ)を思い出すなぁ・・・まぁそこまでダークじゃないですが(^^; 個人的にはこういう話もアリだと思います、、、、ただ、【プロレス】そして【レッスル】でなければ。「プロレス」はある意味夢を見せるショーですから表だって不幸話をするのはイタい気がするんですよ。1話で「臭わす」程度は良かったんですが本人が語っちゃなぁ・・・なんて。それにレッスルという作品はある意味享楽的な雰囲気を売りにしているからユーザーの方向とは商業的にベクトルが違う気がするし。少年漫画レベルの暗く萌える程度の(?)不幸話は受けが良さそうですが。たぶん今回でてきた寿無さんの話がそうなりそうですね。
 愚痴はともあれ「ナチョ」は以前予告を見たとき面白そうだと思いましたがビデオ(DVD)でてたんですね、今度観てみますね(^^)そういえば昔リブレ見に行った時買ったマスクどこやったかなぁ・・・
 色々思うところがあって長々とすいませんでした。失礼します。
posted by 赤猫at 2007/05/15 20:03 [ コメントを修正する ]
雇う枠が無いのでストーリーは後回しにしてるんが
意外と面白そうだ

しかしこっちがナチョ・リブレでしたか
確かにディアナなら貧乏、家族を救うという設定は通ずるものがあるんですが、シスターという響きでフライ・トルメンタの話はSA-KIが該当するものかと思ってました
posted by PONat 2007/05/15 23:56 [ コメントを修正する ]
>赤猫さん
 うーん、リンドリならありだけど、レッスルには合わないかなと。今回の感じでは寿もだけど。
 ”遥かなるリング”じゃねえだろうと。
リンドリを知ってるから受け入れるけど、純粋レッスルファンはどうなんでしょうね。
 ナチョは面白かったですよ。

>PONさん
 私は枠なくても全話やってます。
ディアナは入れる予定なんですけど、空きがない。
 誰かの引退待ちか、軍団唯一のパチ物(キャロル)が退団するか・・・

 ナチョを見て明るくなろうということが言いたかっただけで、ナチョではナイデスヨ。
posted by Nat 2007/05/16 01:55 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<”王座戦線” その112 | HOME | ”いじめたい そそるあの子に また負けて 今日もまた 仕返しできず 影でなく”>>
忍者ブログ[PR]