忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 18:55 |
遥と舞の終戦
 ※このお話は、第2回アジアタッグリーグの結果から創作したものです。

 daiya-kさんの書かれたSSのツリー式SSでもありますので、先にこちらのお話をお読みになっていただけると、お話がわかりやすくなっています。

 

「・・・終わっちゃった・・・」
「・・・ご、ごめんなさい・・・」


 軍団NEW WINDの道場は重苦しい空気に包まれていた。

 NEW WINDには看板タッグチームがある。
それは伊達遥&永沢舞の師弟タッグだ。
 このタッグは、第1回アジアタッグリーグで決勝に進出し、優勝チームに土をつけた実績を持っている。

 第2回アジアタッグリーグは、優勝チームへの再挑戦の場と考えていたし、予選である一次リーグは全勝で突破している。

 その戦いぶりからは、2次リーグも余裕で突破できるだろうと思っていたし、軍団の誰しもが、決勝リーグへ進出できると思っていた。

 しかし、二人は2次リーグでまさかの2敗を喫し、決勝リーグへ進出することはできなかったのである。

 二人は頑張っていたし、前回よりもレベルアップもしていた。

ならば、なぜ敗戦を喫したか!

 それはボスの油断・慢心にある。

 長いことリーグ戦を戦っていると、選手の動きである程度相手の能力を見切ることができる。

 「この程度なら・・・勝てる!」
今だから明かすが、ほぼ全ての試合でそう思っていた。
 唯一「手強いかも」と思ったのは、狐一隊のみだった。

 それも「多少手強いけど、勝てる。」という判断。
今思えばこれが甘かった。
 相手は、決してトップレベルの選手ではないが、抜群のコンビネーションを誇っていた。
 同期の絆・・・これを甘く見てしまったのが全ての誤りだったといえるだろう。
 
「個々の実力ならうちが優勢」
この判断はシングルマッチであれば間違いではない。

 だが、これはタッグマッチ。
1+1が5にも、10にもなるタッグマッチだった。

 気づけば、いつしか劣勢になり、そして負けていた。

「・・・打撃を出せなかった・・・」
 伊達はそういって肩を落とした。
「舞が・・・足を引っ張りました・・・」
 永沢もそういってがっくりと項垂れた。
「すまない、私が相手を甘く見積もった・・・」
 私はそうつぶやくのがやっとだった。

 HOMEでの敗戦をAWAYである程度取り戻したものの、最後によもやの事態が待っていたのだ。

「まさか・・・」
試合終了のゴングが鳴ったとき、私は思わず呟いた。

「45分26秒、45分26秒!ノーザンライトスープレックスホールドにより、勝者!辻香澄!!」
 
 投げが得意の永沢が、投げ技で負けるとは・・・
それよりもなによりも、HOME戦で10分弱程度で片付けた『らぶりぃぱーてぃ』の綾霞組にまさかの敗戦を喫したのだ。

 個々の実力では圧倒的に上回っていたし、相手の霞・・こと辻香澄の戦闘力は伊達が完全に封じ込めるはずだった。

 しかし、試合は負けた。

 はっきり言うが、相手の綾霞組は、背も、資質も、根性もない。
ついでに二人とも果実ではあるが、『果実』がない。
 まあアンダー83があちらの軍団の入隊条件であるし、それはプロレスには関係ねえ!
 ・・・失礼。

 向こうにあってこちらになかったもの・・・それは魂だったのかもしれない。
 2次突破を賭けて魂を燃やし、全力で挑んできた綾霞の方が、「自分たちは決勝にいける」と思っていた伊達&永沢を上回ったのだろう。

 なにしろ伊達の必殺『閃光鳳凰弾』を2発もクリアしたのだから、その気迫は十分すぎるほどわかるだろう。 

 個々の実力では負けないが、タッグチームとしての意識の差に負けた・・・そんな気がしている。


「だから、魂を込める事が大切だと教えただろう?」
 ダンディさんが苦笑する。
「・・・ご、ごめんなさい。」
「・・・ぐすん・・・」
「今日の相手は、体は小さかったが、気迫がこもっていた。技の一つ一つに魂を込めてきていたんだ。 いつも言っているが、チョップ一つだって魂を込めれば、必殺技になりえるんだ。今日はそれを相手にやられたな。」
 ダンディさんはそういって伊達と永沢の頭にポンと手を置いた。
「いい勉強になったじゃないか。これを次に活かせよ。」
「はい。絶対ゼッタイ活かします!」
「・・・次は・・・絶対に勝機を逃さない!」


 伊達遥&永沢舞 NEW WIND師弟タッグ
第2回アジアタッグリーグ、2次リーグにて敗退。
 優勝の夢を、打倒EROを狐一隊&らぶりぃぱーてぃ・・・そしてラディカルズに託します。


「舞・・・次の戦いへ。」
「はい遥さん、特訓トックンです!」   
   
 師弟タッグの挑戦は続く。


PR

2007/10/01 18:15 | Comments(3) | レッスルエンジェルス愛

コメント

>daiya-kさん
 なるほど、うちのHOME戦の後に成長されていたのですね。
 決勝リーグ頑張ってくださいね。
SS楽しませていただきました。

>ALL

 しばらくの間、伊達&永沢の師弟タッグをタッグ枠に置いて置きます。
 アジアで優勝を狙うなら、うちには勝てないとダメですよ(笑) ぜひ力試しをしてみてくださいね。
 ちなみにプレイヤー操作では1700クラスまでは倒せる能力を秘めています。
 
posted by Nat 2007/10/02 00:44 [ コメントを修正する ]
1700クラスを倒せるという、噂の師弟タッグにいつか開催されるであろう
U1700のタッグ戦を見据えて昨日、評価値ギリギリまで上げた
斉藤・みことコンビをぶつけてみました…
いやぁ、うちの2人伊達との相性悪い悪い(苦笑
能力の上げ方を明らかに間違えたって事を思い知らされました
伊達の格上キラーぶりをまざまざと見せられましたよ…
うちの2人はもう後戻りできないんで、多分大会が開催されても1次突破できるかどうかが関の山でしょう
posted by 雷電at 2007/10/02 02:44 [ コメントを修正する ]
 対戦ありがとうございます。
打撃系の選手なら、封じることができますので、能力の上げ方では上位選手でも苦しいかなど。

 1700タッグが開催されるようなら、師弟タッグをクラスチェンジしてもいいかなと思っています。
 ただ、成長度合いが楽しい1500が気に入っているので、第3回にもそのまま送り込もうかなと思ってはいます。
posted by Nat 2007/10/02 17:48 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<必殺技 ~NEW WIND編より~ | HOME | NEW WINDの物語 第12話「予想外の展開」>>
忍者ブログ[PR]