忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/20 02:06 |
NEW WINDを刻み込め!パート2
 ◇無差別タッグリーグ編◇

 開幕戦で勝利した伊達&岩城組は、はやくも当初の目標である1勝をクリアしていた。
「無差別だっていっても、たいしたことないっすね。」
 無差別の怖さを知らない岩城は笑いとばしていたが、パートナーの伊達はそうではなかった。
「・・・これからが本番。」
「そうかなあ・・」

 ここまでは余裕だと思っていた岩城だったが・・・
しかし続く第2戦で、”無差別級”の恐ろしさを痛感することになるのだった。


 

「す、隙がま、まったくない。ここまでレベルが・・・違っ・・うわあっ!」

 なんとか得意とする投げをうつことはできたものの、よかったのはそこまで。
 その後はまさに手も足も出ない状況で、伊達にタッチすることすら許されなかったのである。

「ああいうチームが上に行くんだ。だが、あのチームでも二次リーグを勝ちあがれるかはわからんぞ。」

 過去の体験からわかっているのだが、正直一次リーグを突破するだけならわりと簡単にできる。
 だが、二次リーグは、一次を簡単に突破した連中が集まってくるわけだからそう簡単にはいかないのだ。
 ましてや今回は無差別タッグリーグだ。
強さに制限がない限り、鍛え上げたチームの方が基本的に強い。

「くっそおおおっ!」
「グハッ!」
「キャッ!」


 第3戦はあと一歩まで追い詰めたが敗戦、第4戦・第5戦は伊達が一人で奮闘したものの力及ばず。

「これが・・・無差別の強さ・・・」
「・・・そう。私たち(下の階級の選手)では立ち入れない領域・・・」
 
 1勝4敗で迎えた第6戦は・・・大型掲示板交流スレの参加メンバーの軍団さん。
 あえて名前は出しませんが・・・
 評価値は両名ともにピッタリ同じ2100ちょい。

「無差別クラスの相手・・・」
 確かに2100という数値どおりに能力は高いが・・・
「でも・・・勝機・・・見える・・・」
 伊達は強気だった。
 “受ける”タイプの軍団さんのようで、防御の数値はこのクラスにしては低め。
 これならば、十二分に伊達の攻撃が決まる。

 ヒザ!ヒザ!ヒザ!ヒザ!
 
 伊達のヒザが六角たちの体力を奪い取っていく。
 もちろん相手の攻撃も受けるのだが、伊達はほぼ一人で相手を蹴散らしていく。
 ヒザだけではなく、限界を超えたパワーを身につけた伊達は力でも押してゆく。

「岩城さん!」
 一通りの攻撃を終えると伊達は岩城と交代。
「いっくぞおおお!」
 岩城が元気よく飛び出していった。

 
「ぐはっ!」

 2階級下の伊達は通用したが、岩城は3階級・・・むしろ4階級近く下の評価値だ。なかなか攻撃を決めさせてもらえず体力を失っていく。
「ちっくしょー!」
 岩城のフロントスープレックスが決まる。
「い、いける?」
 岩城はここからなんと投げを3連発し、伊達と交代。
「・・・勝機・・・」
 伊達は岩城が頑張っている間に体力をかなり回復させていたようだ。
 再びヒザとパワーで相手を追い詰めていく。
 カウント2.5、カウント2.8・・・と追い詰めるが、詰めが甘い。
 とどめを狙ったところでカウンターを貰ってしまい、相手にタッチされてしまう。
 この展開を3度繰り返したのち、伊達は必殺のシャニングフェニックスを放った。
「勝機・・・見逃すわけにはいかない!」
 伊達は相手の起き上がりにコンビネーションキックを叩きこむと、片エビで固める。
「フォール!!」
「くっ!」
「させるかあっ!」
 岩城がカットを阻止、そのまま3カウントが入った。

 伊達遙(1593)&レインボー岩城(1282)組(計2875)、合計4200を超える無差別クラスの相手から勝利!

 奇跡は起きた・・・
 いや、これは奇跡などではなく、伊達と岩城が秘めたる力の片鱗を見せ付けたということだろう。

「か・・・勝った!」
「ナイス遙!」
 抱き合う二人。
「おめでとう、二人ともよくやったぞ。」
ぶいっ!ボス、やったよ。ほら、遙も・・・一緒に」
ぶ・・・ぶいっ!・・・ポッ」
 恥ずかしくて真っ赤になる伊達。
 その様子を他のメンバーもみていて、笑いだした。
「あははっ・・」
「遙さんらしいです。」


「さ、次も頑張ろうな。オーバー2000のチームに勝てるんだ。もっと勝てるかもしれないしな。」
「はい。」
「よ~し、気合入れていきますかっ!」


 しかし、まつりんさん率いる桜花プロレスのラッキー内田&マッキー上戸のジューシーペアにあっさりと敗れ、続く出島女子プロレスの『ヴァルちぐジニめぐ』にも連敗し、NEW WIND代表タッグは2勝6負(※)で終了したのだった。
(※9軍団リーグ。なので5AP損した)

 敗退は確定だろうが、(でないと困る)無差別級のチームからの勝利は誇りたいと想っている。
 NEW WINDの歴史にまた新たなる1ページが書き加えられたのだった。

格上を食うのがNEW WIND

 これは多少なりとも実行できたかなあ・・・



 
 そんなこんなの一次リーグでした。

 たたかった感じでは7番のチームが一番強いと思ってます。
(ちなみにHOME8戦全勝ですね。)
あとは4チームくらいが横一線と言う感じがしてます。
 その中には桜花プロレスさんと出島さんが含まれています、知っているこの両チームの2次進出を応援しております。



 熱戦譜
 VS桜花プロレス
×伊達&岩城(18:14 ジャーマンスープレックスホールド)内田&上戸○

 VS出島女子プロレス
×伊達&岩城(16:52 体固め※SSD)○ヴァルキリー千種&ジーニアス武藤
     
 
 
PR

2007/11/16 18:30 | Comments(5) | レッスルエンジェルス愛

コメント

Nさん初めまして。団体ファイティングアリスのボス、アイと申します。
無差別タッグ一次リーグではお手合わせ頂き、有難うございました。早速岩城を投入してきましたね。
今回は双方限界突破のゴールデンペアで挑んだので勝ちを拾えましたが、そこは“愛”。
次回はどうなるかも分かりません。
またいつか大会や試合で合間見えることもあるでしょうが、その時はよろしくお願いしますね。
posted by アイat 2007/11/16 22:52 [ コメントを修正する ]
Nさんこんばんわ。
エールありがとうございます(涙目)
強敵多いけどがんばります。

さすがは看板選手の伊達さん達だ。
合計4200の相手を倒されるとは。

今週のレッスル川柳。
大勝おめでとうございます!
トランプとかけるとはお見事!これはうまい。
速攻で保存させていただきました(笑)
posted by まつりんURLat 2007/11/16 23:07 [ コメントを修正する ]
>アイさん
 はじめまして。
jumpさんのところでお名前拝見してます。
 いやー強かったですよ。
うちの最強コンビである、νジェネもしくは、綾瞳でも勝てないと思いました。
 またあたるときはよろしくです。

>まつりんさん

 強敵多いですが、意外と横一線だと思います。
伊達の強さを再認識しました(笑)

 コメントありがとうございます。
トランプにかけたのですが、イラスト化はできすぎですよ。
 私も保存しよう(笑)

 
posted by Nat 2007/11/17 01:49 [ コメントを修正する ]
私も一次予選終わらせました。
予定通り全敗でした。二人とも評価値1000未満なので当然ですが、
本気メンバーでも予選落ちだったと思います。
限界突破した武藤&結城×2
あと一息でキャップカンスト武藤&結城×2
キャップカンスト市ヶ谷&寿零
というメンバーがいましたから。さすが無差別級・・・
予想していましたが武藤&結城のタッグは多いですね。
私も雇っていますがこれだけ多いと破門して他のキャラを
雇ってもいいかなと思ってきます。いやこの二人も好きなんですけどね。
上原を雇って岩城と組ませたり六角さんを雇ってガルさんと
組ますのも面白いかも・・・
成績はともかく色々と考えることが多かった大会でした。
posted by こげぱんだat 2007/11/18 10:49 [ コメントを修正する ]
>こげぱんださん

 リーグ戦お疲れ様です。
無事にヤングで会えるといいですね。
 タッグチームとしてはめぐちぐは理想的ですから、増えるのは仕方ないと思います。
 うちも無差別・アンダー2000要員としてめぐちぐは使ってますし。
 上を目指すと、キャップが高い選手を使うようになるので、ある程度は仕方ないかなと思っています。
 それも個性だと思います。
posted by Nat 2007/11/19 00:57 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<こんなことがあるのか・・・ | HOME | 更新が遅いので・・・>>
忍者ブログ[PR]