忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/23 23:56 |
”ビッグマッチ”  レッスルエンジェルス団体経営日記11
 アイコン 市ヶ谷「これで終わりですわ!」

 9年5月 GEAR初の日本武道館大会は超満員札止め。

メインイベントはGEAR認定世界ヘビー級選手権試合。

 第6代王者 武藤めぐみ の初防衛戦は、前王者 市ヶ谷麗華とのリターンマッチ。

 前回は麗華”様”曰く「入団祝い!」 との事で、本気のはずの今回は負けられない一戦の”ハズ”

 (なにしろ麗華”様”はキマグレだからねえ)

14分過ぎ、早くも麗華”様”のビューティボムが炸裂。
 
 
アイコン  むとめ「こんな技で終わるかあ!!」

 と叫びカウント2.5でクリアする武藤めぐみ。

前回同様、ここで得意の飛び技へとつなげ、麗華”様”の攻勢を断つ。
だがしかし、麗華様も即反撃に出る。
アイコン 市ヶ谷「美しさの前にひれ伏しなさい!」

 思わずビューティ”フル”ドライバー! といいたくなるほど、完璧な形でビューティドライバーが決まった。

 並みの選手相手ならここで決まるところだが、相手はあの武藤めぐみだ。

 カウント2.9でかろうじてクリア。

アイコン 市ヶ谷「・・・・!!」

 かろうじて立ち上がった武藤めぐみを、麗華”様”は究極の技、ビューティスプラッシュの体勢に担ぎあげる。

 武藤ファンの悲鳴の中、武藤めぐみの体は、マットに強烈に叩きつけられた。

 「1・・2・・・・・3」

リングアナ「17分7秒 ビューティスプラッシュからのエビ固めで勝者市ヶ谷麗華”様”」

 第6代王者武藤めぐみが初防衛に失敗。
 市ヶ谷麗華が第7代王者に。 

◇9年6月

 新人ブレード上原が入団、パンサー理沙子にファンクラブ結成。
橘みずきは映画出演。

 まこんなのはとるに足らない出来事で、メインはこっち↓

 
 ◇GEAR JAPANが緊急記者会見◇ (取材 須山田)


N社長「え~本日は、お忙しいなか多数のマスコミ関係者にお集まりいただきありがとうございます。」

 会見には代表のN社長の他、市ヶ谷麗華”様”、武藤めぐみ、オアンサー理沙子、橘みずき、葛城早苗といったメンバーが出席していた。

 (ふーん、何か企んでるな?)

N社長「さっそくですが、私どもGEAR JAPANは来月7月に東京ドームでのビッグマッチを予定しております。」

 集まったマスコミはさすがに意表をつかれたらしい。反応がイマイチなのだ。
 そらそうだろう。
現在のプロレスを考えてみても東京ドームで大会を開催できる団体なんて2つくらいしかない。

 ましてや女子では初の試み。 昔新女が大対抗戦をやった事があったが・・・単独団体で興業を打つのは前代未聞だ。

N社長「・・・私の旗揚げ前からの目標は東京ドームを満員にする事でした。 その為に東京に本拠を置き、常にイベントを開催して団体を知ってもらってきたのです。」

N社長「もちろん、単独で開催は難しいでしょう。 そこでGAERの歴史にはない試みを導入しました。」

 記者「それはなんですか?」
(外敵だろう・・・それしかあるまい。 しかもドームを埋めるとすると、新女あたりでは役不足か。 やはり海外それも・・・大物だろうな)

N社長「独立してやってきたGEARですが、ここで初めていわゆる”外敵”を迎撃に出ます。 この9年の成果が今回の大会で分かるはずです。」

 記者「海外団体との提携ですか? AAC? GWA? TWWF?」

N社長「海外団体との提携です。 相手は・・・IWWFです。」

 ”おー”という声が一斉にもれる。

 IWWFといえば女子プロレス世界1の団体だ。

N社長「今回はIWWF世界王者クリス・モーガン選手の来日も決定しています。」

 いきなり初提携団体相手にクリスが来る。
これは大事件といえるだろう。

N社長「GEAR ドリームドーム1 ドリームシングルトーナメント と題し、7月に興業を打ちます。」 
  
  
 ベタなタイトルだが、ま、らしいといえばらしいか。
どれくらい観客が入るか楽しみだ。


◇9年7月

 GEAR 初の東京ドーム大会 ドリームドーム1 ドリームシングルトーナメント。

 出場選手は

 市ヶ谷麗華、武藤めぐみ、パンサー理沙子、吉田龍子、クリス・モーガン、ルミー・ダダーン、USAマスク、葛城早苗

 ☆一回戦☆

○ 市ヶ谷麗華 VS 吉田龍子   ●
○ ルミー   VS パンサー理沙子●
○ クリス   VS 葛城早苗   ●
○ 武藤めぐみ VS USAマスク ●

 一回戦は順当。
2回戦はGEARとしては屈辱の結果になる。

 エースの麗華”様”がルミーに屈し、武藤めぐみはポセイドンボンバーに沈む。

 結局優勝はクリス・モーガン。

 観客動員は超満員で、興業としては成功だったが・・・
 
アイコン 市ヶ谷「美しくない・・・」

アイコン  むとめ「くっ・・・」

 アイコン ドルフィン「これが世界の壁・・・あの二人がこんなにあっさり負けちゃうなんて・・・これからどうなっちゃうの??」



 最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援の1クリックを願いします。→blogランキング



PR

2006/09/06 14:38 | Comments(0) | GEAR JAPAN編

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<タイトル戦線 レッスルエンジェルス団体経営日記12 | HOME | ”好敵手” レッスルエンジェルス団体経営日記10 >>
忍者ブログ[PR]