忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 22:45 |
Nと彩菜のSSアカデミー 第2回「リプレイを書いてみよう2」
 この番組(記事は)管理人Nがメイン司会、アシスタントに彩菜ことレインボー岩城を配して展開されるSSの勉強会です。
 管理人N自身のレベルアップと、創作の際のヒントになればいいなと思ってはじめたものです。

 本人もまだまだ勉強中です。
皆さんも一緒にSSを書いてみませんか?

 なおこのコーナーでは皆さんからのシチュエーションの提示、質問・疑問などを受け付けております。
 第3回以降に反映を予定しておりますので、どんどん送ってくださいね。 
 


Nと彩菜のSSアカデミー第2回「リプレイを書く視点を変えてみる」

 さて、今回は2回目となるわけだけど。
「前回の反響はどうだったんでしょう?」
 さあねえ、この原稿自体は第一回をUPする前に書いてあるものだから。
「はあ、そういうものなんですか。」
 そういうものなんだよ。『サイト運営というものは常に先を見据えて動くものだ。』
「はあ。」
 今回は「リプレイを書いてみよう!」の続きをやってみようか。
 設定は1年目5月のお話だ。
「サバイバーではまだまだ団体の陣容を整えている時期っすね。」
 そうだね、だから今回も選手獲得の話にしようと思う。
「なるほど。で、今回はどのような設定なのですか?」

 設定は1年目5月 オーガ朝比奈をフリー選手として獲得したとする。
 現状では4月の真田・氷室に続く3人目の選手だ。

「GGJの後輩にあたる朝比奈をフリーで獲得ですか。なんか微妙にピンポイント狙いの設定ですね。」
 まあね。2団体リプレイを書けないからね。かわりに喜んでもらおうと思って。
「はあ。まあいいっすけど。」

 カキカキ…


“岩城が書いたリプレイ”

 陣容が薄いと判断した私たちは、すでに実績を持っている選手をスカウトすることにした。
 獲得したのは、ついこの間崩壊した団体GGJの所属レスラーだったオーガ朝比奈だ。
その名の通りの悪役レスラーだが、本人はいたってイイ奴で、面倒見がいいことは業界でも有名な話だ。
「朝比奈だ。よろしく。」



「どうですかっ?」
 前回のよりもいいんじゃないかな。
「えへへっ。事実を事実として伝えつつ、独自性を出してみました。」
 それでいいと思うよ。じゃ、私が書いてみようかな。
「お願いしまっす。」



「ああっ?誰だ、お前。」
 いきなり知らないオッサンに声をかけられた俺は、警戒しながらオッサンを睨みつける。
「オーガ朝比奈さんですよね?」
 おっ、俺をプロレスラーオーガ朝比奈と知って声をかけてきたのか。
 つまりこいつはプロレスファンなのかもしれない。サインでも書いてくれってことか?
「おう、俺がオーガ朝比奈だ。オッサン、あんたは?」
「オッサンって…まだ若いつもりなんですけどね、あはは…」
 いや、どうみても俺にはオッサンにしか見えないけどな。
「私は、とあるプロレス団体の社長をしている者なんですけど…」
 なっ…このオッサン!プロレス団体の社長かよっ!
やべえな、オッサンとか言ってたけど、このオッサン…いや社長が本当にプロレス団体の社長だったとしたら…
「プロレス?…社長?俺、プ、プロレスラーなんだけどっ!」
 しまった、思わず…
「ええ、知っています。元GGJの所属レスラー、オーガ朝比奈さんですよね。」
「お、おう。」
「あなたをスカウトしに来ました。うちの団体で暴れてくれませんか?」
 きたよ!きたよ!きた!きた!きた~っ!
 プロレス団体の社長って聞いた時からそうじゃないかと思ったけどよ、本当にスカウトしにきたんだ!すげーぞ、オイ。
「きゅ、急に言われてもなあ…」
「ですよね、名刺渡しておきますんで、考えてみてください。」
 あ、おい俺もう心は決まっているんだけどね、もったいぶっただけだっつーの。
「いや、入るよ。俺の力が必要なんだろ?」
「ええ、まあ。」
「じゃあこの朝比奈さんが力になってやるよ!よろしく、社長!」




「あれ、視点が変わっていますね。」
 うん、ここは朝比奈の心の動きを書きたかった。
「なるほど。確かにサバイバーでスカウトする時の朝比奈さんは特徴的ですよね。」
 そうなんだよ。社長視点でもかけるけど、ここは朝比奈の心の動きを押し出したかったからね。
「なるほど。」
 今回はNEW WIND編みたいに風間社長視点とは決まってないからね。
 もし社長視点で書くと決めているなら、選手視点の話は挿入話としてUPしてもいいと思うよ。
「なるほど。」
 参考までに、社長視点の場合…



「朝比奈さんはどうでしたか、社長。」
 自慢の美人秘書が尋ねてきた。
「もちろんバッチリだよ。オーガ朝比奈はうちに入団してくれるそうだ。」
「本当ですか!」
「もちろん。それにあの子はいい子だよ。見た目はゴツイけど、内面がとっても優しいと思う。きっと真田たちのいい先輩になってくれるだろ。」
「それは素晴らしいですね。」


 
「あれ、もう終わりですか?」
 うん、参考までに書いただけだからね。
「もっとみたかったような。それに本人は出てきませんよ。」
 出てこないのもありだと思うんだよね。
あくまでもコーチや社長などの視点から話を構築するというのもありだから。
「はあ。」
 ただし、面白くしたいなら工夫は必要だと思うよ。
 では今回はこのあたりで、また次回!

 Nと彩菜のSSアカデミー。
提供はNEW WINDでお送りしました。

     



 ネタ提供お待ちしております。


PR

2008/03/24 19:00 | Comments(2) | SSアカデミー

コメント

NPGMさん

ありがとうございます。
ただ漠然としすぎていてどうとればいいのかわからないので、もう少し指定を細かくしてくださると助かります。
posted by N@外at 2008/03/26 16:36 [ コメントを修正する ]
Nさん、こんばんわ。
いきなりですが私もこの度ブログを始めさせて頂きました。
動機は、Nさんをはじめ、多数ブロガー様のSSに憧れ自分でもリプレイSSを書いてみたく思い、始めさせて頂きました。
文章力、表現力の乏しい自分にとってこちらは非常に勉強になります。
これからもアカデミーを楽しみにしております。

posted by シローURLat 2008/03/30 23:51 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<先週の読書感想文  | HOME | NEW WINDの物語 第26話「師弟誕生」>>
忍者ブログ[PR]